「男でもあり女でもある」と公表した歌手サム・スミスが伝えたいこと。

2015年のグラミー賞で4冠を獲得したサム・スミス(Sam Smith)。去る9月、約2年ぶりとなる新曲『Too Good at Goodbyes』をリリースしました。その歌声に、再び心を打たれたファンは少なくないでしょう。

活動再開に合わせ実施された「The Sunday Times」のインタビュー。そこで、サム・スミスが明かした“ジェンダー観”が話題になっています。

取材者からの質問に、ヒールを履くのが好きで、家にたくさん持っていると述べたうえで、サム・スミスはこう続けます。

「みんなはこのことを知らないだろうね。でも、17歳のときは、Boy GeorgeとMarilynにとても興味を持っていたよ。

男性用の服を一着も持っていなかったときもあったほどなんだ。本当だよ。2年半くらい、まつげを付けて、化粧をして学校にだって通った。レギンスにはドクターマーチンを合わせて、大きい毛皮のコートも着ていたね」

「どんな肩書きになるのかは分からない。だけど、自分自身が男であると同時に、女でもあったんじゃないかな

そう、サム・スミスは自分のジェンダー観について告白したのです。ここで、仄めかされたことを、多くのメディアは「ジェンダーフルイド(Gender Fluid)」と報道。

最近、耳目に触れる機会が多くなったこのワード、日本ではあまり馴染みがありませんよね。いったい、どういったものなのでしょう。

”あえて”ジェンダーを決めない

オックスフォード英英辞典から「ジェンダーフルイド」の意味を意訳すると、1つのジェンダーにとらわれないで、それらを決めない人を指します。

その実態について、LGBTQ推進派Liz Powell氏は、「Refinery29」の記事の一部でこう説明しています。

「彼らの意識の中では、ジェンダーが行ったり来たりするのです。または、男性や女性という2つのアイデンティティが混在している状態」

つまり、彼らは特定の期間、男性であることもあれば、女性であることも。だからこそ、あえてジェンダーを決めない。これがサム・スミスのジェンダー観なのではないでしょうか。

しかし、周りと考えが異なることを理由に、多くのイジメを経験したのだとか…。

勝手にレッテルを貼られるという苦悩

6b2905cd8695fc506c57be53ace951cc063b08b4
Photo by Kevin Mazur/WireImage/Getty images

あるときは、道端で知らない人から暴行を受けることも。また、他人からの偏見にも苦しんでいたそうです。

「今でも覚えているのは、デビュー当時に、”ゲイ歌手”と呼ばれていたこと。これは嫌だったね。多くの人がプライベートなことを噂する前に、『歌手』として認めて欲しかった。

だけど、変わったんだ。過去の自分じゃない。どんなレッテルを貼られても気にしない

と、「The Sunday Times」の同インタビューに答えるサム・スミス。このタイミングで、1つのジェンダーにとらわれない自分の“誇り”を公表した理由も、ここにあるんじゃないでしょうか。

さらに、新曲のミュージックビデオでは、同性カップルを映し出すことで、同じ悩みを抱えるマイノリティの人たちに向けて、ある想いを伝えようとしている印象を受けます。

たくさんのイジメから立ち直れた理由を、サム・スミスは、先の取材に「自分のアイデンティティを尊重してくれる仲間たちがいたから」と返答。

このミュージックビデオで、サム・スミスはマイノリティの姿を映し出すことで、自分と似たような状況に苦しんでいる仲間たちに、心の支えになった同じ行為をしているのではないでしょうか。ひとりじゃないよ、と伝えるために──。

Top Photo by Kevin Mazur/WireImage/Getty images
生まれながらの性は女。でもサムは、幼少期から男の子が興味を持つことに自分も興味を持っていた。けれど社会の女の子への見方を押し付けられて、なかなか本当の自分...
アカデミー賞からグラミー賞の獲得まで、幅広い活動の中で成功をおさめているウィル・スミスですが、その影には彼が大切にしている哲学がありました。「ウィル・スミ...
「3人に1人が学校でいじめを受けたことがある。あなたはこの事実、知っていましたか?」ここで紹介するのは、そんな問いかけではじまる、いじめ防止の啓発動画。目...
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
アメリカでは、LGBTQなどの自分のジェンダーを公にする人が多くなっています。ここで紹介する「Cut.com」の動画は、見た目から性的指向を当ててみようと...
アーティストのSarah Rosadoは、世界中で人気のミュージシャンや歌手の似顔絵をコンフレークで作ります。一人ひとりの顔を眺めていると、それぞれの名曲...
何かと厄介なオンナ対オンナ。対立的だったり、繊細だったり、気分の浮き沈みが激しかったり…。もちろん一緒にいて楽しいこともたくさんありますが、女子が群れてひ...
最近仲良くして体の関係もあるけど、なかなか付き合おうと言ってくれない彼……本気なのか遊びなのか不安ですよね。今のままの関係を続けていいの?彼の本心は?こち...
2015年10月6日に発表されたノーベル賞のプレスリリースで、東京大学宇宙線研究所の梶田隆章所長がノーベル物理学賞を受賞したことがわかりました。岐阜県にあ...
2013年の1月21日、アメリカでは大統領就任式が盛大に開かれていた。そこで出演した一人が米国屈指の歌姫、ビヨンセだ。実はビヨンセ、この就任式の後にちょっ...
映画やテレビドラマではかなり誇張されていますが、現実社会にも「魔性の女」はいます。それは決して、見た目だけではわかりません。ちょっとした言動から、男性を虜...
歌い手のヘイリー・ラインハルトは、全米規模で行われているアイドルオーディション番組「アメリカン・アイドル」で話題になった女性。そのスモーキーな甘い声で唄う...
アメリカに住む12歳のエヴァは、妹がいじめにあってると知ったとき、ステキな招待状をいじめっ子に用意しました。その内容を、この姉妹のベビーシッターがTwit...
カナダの小学生Xander Rose君は、同級生から服を剥ぎ取られるなど、酷いいじめを受けていました。お母さんが学校に連絡してなんとか解決策を探ろうとする...
2012年にその年最もバイラルした動画のひとつとしてCBS Newsで取り上げられたこのYouTube動画には、両腕を持たずに生まれたミュージシャン「Ge...
人種、宗教、性別、セクシャリティ。世界では未だに、そういったラベルによって人々が判断されてしまうという現実があります。築かれる壁、深まる断絶、広がる悲しみ...
クラシック音楽に精通していなくても、聴き覚えのあるフレーズはありますよね?たとえば、ベートーヴェンの「ジャジャジャジャーン♪」なんて、文字だけでもどんな楽...
ストリートで起きた若者ふたりのケンカ。野次馬も集まってきて、街は一時騒然。そんな頭に血がのぼった若者を和解まで導いたのは、通りすがりのひとりの男。間に割っ...
「女友達なんかより、男友達のほうが全然ラク!」。そう語るのは、「Elite Daily」のライターAlexa Mellardoさん。「男女の関係」なんて面...
SNSを介せば、セレブリティたちの思想や感情をたやすく共有できる現代。彼らが発信するメッセージには、ときに自分を奮い立たせるポジティブさがある。と、ライタ...