毎日アボカドを「ばくばく」食べたいなら、ご注目ください。

今年の5月ごろ、ネットで話題になっていた“アボカド騒動”を知っているだろうか。いったい何のことやら、という人のために簡単に説明すると、ことの発端はオーストラリアの不動産『The Millionaire』のティム・ガーナー氏による、ミレニアル世代が家を購入しないことに対しての発言。

「彼らは、アボカドトーストを食べるのを止めるべきだ。そして、家が買えるようにお金を貯めるべきだ。

私が最初の家を買おうとしていた頃は、アボカドを潰してトーストに塗っただけものに19ドル(2,200円)も払ったり、一杯4ドル(約470円)のコーヒーを一日4杯も買ったりしなかった」。

17bbd7e6273e052c08dda8c0b70c77f8ccabab41
「アボカドトースト」とはその名の通り、トーストの上にアボカドとチーズや野菜、卵などをのせたもの。

海外モデルのインスタに登場していたり、カフェやレストランでの“おしゃれで贅沢な朝食”の代名詞として人気を集めた「アボカドトースト」は、未だ冷めやらぬトレンドフードの地位を手に入れた。日本では、モデルのローラも朝ごはんに愛食していると投稿があり、多くの女性から「いいね!」を集めた。まるでいつぞやのエッグベネディクト。

で、こんな発言をティム氏がしてしまったものだから、「我慢すれば家を買えるって言うの?」「19ドルもしないわよ、食べたこともないくせに」など、アボカドラバーからは非難の声が。他の不動産は<うちで住宅ローンを組んだら、あなたの1ヶ月間分のアボカドトーストを保証します>という、嘘のようなキャンペーンまで実際に始めてしまったのだ。それもまた面白いと、多数のメディアに取り上げられるなど…主に5、6月に盛り上がりを見せていた騒動だ。

さて、随分と前置きが長くなってしまったけれど、いったい何を言いたかったかというと、世界規模で多少お騒がせしてしまうほど、野菜(果実)界の「超人気トップアイドル」ってこと。おわかりいただけただろうか。

トップの座を狙う
新種の登場に、ざわざわ。

このトップアイドルが、10種以上のビタミン・ミネラルを含んでいて、群を抜いて栄養価が高いのは誰もが知っていること。ダイエット食のメンバーに入ることもあるし、クリーミーな口当たりから「森のバター」という別名を持っている。

けれど、ダイエッターにはひとつ懸念点があることを忘れてはいけない。

カロリーは1個でご飯1膳半ほどあり、約20%が脂肪分という事実がそれ。組み合わせや量には気をつけないと、ダイエットのつもりが逆に……なんてことにもなりかねない。中性脂肪やコレステロールを増加させてしまうような油ではなく、不飽和脂肪酸ではあるけれど。

そこでスペインの企業『Eurobanan』が開発したのが、世界初の<低脂肪アボカド>なのだ。

脂肪を30%もカット!
「世界初」のアボカド

Fce3d682162b587bba79c0fb3091412907e25266

従来のものより、30%も脂肪をカットしたというのがこのアボカド。特殊な土と、室温をコントロールすることで育てることに成功したらしい。『Eurobanan』によると、脂肪がカットされているものの、その他の栄養素については変わりがないのだとか。

この画像で見ると、ちょっと白いな……と怪しさを感じてしまったけれど、レシピを見たらこんな感じ。

92c39c8c5b3910a1073d40fc0bfa7ae8c836700b38b65d7a1ca704b7267dd5e9508ce832d538f908

ふつうに美味しそうかも…?

開発チームは、この新種が更なるブームを巻き起こすことを期待しているみたいだ。健康上に悪いものが何も含まれていないのであれば、確かに女性から愛されるだろう。

安全が確認されないうちは、正直食べるのは怖いけれど。10月末からスペインで販売開始で、世の反応が気になるところ。

Licensed material used with permission by Grupo ARC Eurobanan
20代のうちは誕生日があんなに楽しみだったのに、30歳を超えると「筋肉痛が二日遅れで来た」だの「お肌の曲がり角」だの、何かとマイナスなイメージ。だけど、2...
長く生きていると、昔の色んな失敗を思い出してはチクッとすることもいっぱいあります。今回紹介するのは、「Elite Daily」に掲載されていた30代女性ブ...
食べごろのアボカドの見極めは意外と難しいもの。切ってみたら未熟で固すぎた…なんてときには、潔く生で食べることをあきらめること。火を通すアボカド料理を知って...
NYのライフスタイルを中心に情報を発信する「Elite Daily」のライターZara Barrie氏は、30歳を目前にしてさまざまな悪習慣とサヨナラする...
自分の知らない世界を見せてくれそうで、不思議と魅力的に感じてしまう「大人」な男性。…ですが、彼らに恋い焦がれるのと付き合うのは話が別。そこで、今まで年上と...
社会に出て、いろいろなことができるようになる「20代」。でも、手にいれた可能性の大きさに振り回されがちな年代でもあります。「Elite Daily」の女性...
人生に置いて迷いの生じやすい30代をよりよく過ごすためには、自信を持って自分を愛することが大切だとElite DailyのJasmine Vaughn-H...
20代は目を肥やす時間。30代はそこでの学びをもとに自分にあった判断が下せるようになる年代。ライターSuzanne McKenzieのこのメッセージ(「E...
年を重ねるにつれ、変わっていく両親との関係性。若い頃は無鉄砲なことばかりで心配をかけていても、ある日、親の存在のありがたさに気づかされるもの。「Elite...
アメリカ生まれのアボカドの美味しい食べ方をご紹介。火を通すことで、柔らかく、いっそう美味さが増すアボカドを、トロトロの半熟卵にからめて食べる「アボカドエッ...
美容効果も期待できる「アボカド」ですが、そのまま食べるのはもちろん、サラダや炒め物に混ぜたり、フライにしてもおいしいですよね。しかし残念なのが「日持ちしな...
栄養価の高い人気者として、完全に市民権を得た“森のバター”ことアボカド。「FOODMATTERS」には、すでに広く知られているものから「そうだったの!?」...
アボカドの高い栄養価は、もはや誰も疑いようのないところ。だけど、「体にいいから食べる」なんて漠然とした効果を期待しているだけではありませんか?医学博士のF...
健康食材としてのアボカドの認知度は、今や疑いようのないもの。ところが、本当に栄養があるのは、なんと果肉よりも種なんだとか。ライターAlanna Ketle...
人間、40年も生きれば子供の頃とは全く違う存在になっているもの。なかには自分でも認めたくない恥ずかしい事実だってあります。ここで紹介するのは「WorldL...
女性ライターZara Barrieが、赤裸々に綴ったのは、自身の経験を元に書いた結婚観でした。めまぐるしい変化に追われながら30代になった彼女ならではの視...
遊び呆けた20代前半はいつしか過去に。20代後半へ突入したと思ったら、目まぐるしく時間は過ぎ、いつの間にか30歳目前。自身もアラサーであるライター・Jen...
20代から30代へと変わるうちに、親友と楽しむことをまとめました。ダンスパーティへ行ったり、知らない土地へ旅行したり、一緒に本読んだりと、20のチェックリ...
20代って、若さに溢れてキラキラしてるイメージがあるけど、悩み多き世代でもありますよね。いっぱい冒険もするけど痛い目をみたり、怖いものなしに見えていろいろ...
もうすぐ30歳になる私は、20代が終わることに少し不安がある。人生が大きく変わるような出来事ではないとわかっているのだけど、年齢が上がることに少しネガティ...