その体の痛み、見逃してはいけない「精神疾患のサイン」かも。

強迫性障害(OCD)と聞いて思い浮かべたのは、手を洗ったり入浴を繰り返すという行為。逆に言うと、それ以上はあまり知らなかったのが正直なところ。

けれど、Julia Guerraさんが「Elite Daily」にまとめたOCDの人たちの特徴を読んでからは、日常生活をよく見ると「自分ももしかしたら…」と気づけることが、たくさんあるのではないかと思った。

「OCDの人は鬱病を発症しやすくなる」と記事には書かれている。症状が出ていたにも関わらず、気づかないで放置してしまったなんてことにならないよう、確認してみよう。

01.
思考のコントロールが難しい

05318ddf7e8dd58164d5994a4aad9be45b19d58e

Center for Addiction and Mental Health(依存症とメンタルヘルスのためのセンター)は、何らかのかたちでOCDに悩んでいた20人を含む40人を対象に、脳内の仕組みを観察しました。

結果、障害があると臨床診断された人には、脳の特定の場所で炎症が起こっている可能性が32%高くなり、その後、強い衝動を抑えようとすると炎症はさらに悪化したそうです。

OCDは、どうしても完全にコントロールできないという面があります。Danielle Forshee医師は、OCDを「常に走る自転車」と表現しています。

彼女は以下のように話しました。

「(OCDに悩む人たちは)考える事をコントロールできず、また、どの程度頻繁に考えるべきかという事をコントロールできない面があります。OCDを患う人は、そんな考えを持ちたくなかったり、不快で怖くて、なぜそうなるのか理解できないのです。そして、その考えやイメージを無視しようとすると、衝動的、あるいは不安などを無くすため行動にでるしかないのだと考えるところがあります」

02.
1つのコトを
何度も繰り返してしまう

国際OCD財団では、よく見られる強迫観念として次のようなことを挙げています。

潔癖、コントロールを失う、暴力的な行為、意思に反する性的な考え、宗教的な心配(神様に対して失礼がないか常に気にしたり善悪への疑問であったり)、そして迷信など。

こういった強迫観念は、恐怖から生まれると言います。これは、アメリカのジャーナリスト、編集者、そしてJournaling Fame: A Memoir Of A Life Unhinged And On The Recordの著者であるAllison Kugel氏が言う、OCDになるそもそものキッカケです。

Kugel氏は次のように言います。

恐怖を感じることは不快であるため、心がそれに対処しその感情を和らげる方法を模索します。そこで、カウンターリアクションやOCDがあるのです。「歩く時は壁を触る」「ドアのカギを5回確認する」「本の同じページを何度も読み直す」「繰り返し手を洗う」などです。行動パターンは人によって異なりますが、理由は同じです。不安(あるいは恐怖)を寄せつけないための方法です。不思議な考えで、こういった習慣を繰り返すことで、安全だと言い聞かせているのです」

03.
仕事中に何度も
余計なことを考える

189690b6ab220984d1f3d359419f3963ea9b6777

OCDと共に生きている人にとって、朝準備をして家を出て、9時までに職場へ到着するというだけで大変なこと。

その上、100%コントロールできない不必要な考えが常に頭の中を行き来している状態です。その中で仕事の環境に馴染み、与えられた仕事に集中しなければいけないと想像してみてください。簡単ではありませんし、仕事にもマイナスの影響を与えてしまうかもしれません。

Ketamine Health Centersに勤める精神カウンセラー、May Nuñez氏によると、OCDを抱える人が会社で持つ悩みの例として以下のように話しています。

「悩みとして、就業開始20分前にデスクを整頓するというものもあります。OCDは、ある言葉や行動を繰り返すという事に限られたものではありません。強迫行動、動揺、過度の警戒、衝動、社会的孤立、強迫観念という症状もあるのです」

04.
身体的な痛みを感じる

OCDによる身体的な影響というのは、「強い衝動」だけではありません。

強い不安から起こる発作というのを経験したことがあるでしょうか。突然、激しい腹痛に襲われたり呼吸が苦しくなるなんてことが。もしあるなら、それは神経が体に影響をもたらしているということです。誰にでも起こりうることですが、OCDに悩んでいる人には特に起こりやすいのです。

「IntrusiveThoughts.org」の創設者であるAaron Harvey氏は、愛する人やあなた自身にOCDが与える影響というのは、理屈がない可能性もあると述べています。例えば、イメージしすぎて存在しない痛みを実際に感じることもあるというのです。それはまるで、剃刀がお腹の中にあるような感覚とも言えるということです。

05.
自分に自信がない

残念なことに、OCDと臨床的に診断された人は、同時に鬱病を発症する恐れが高くなります。

OCDに悩む人は、単純作業を終わらせたり、自分の考えをコントロールするのが困難なため、内面的な苦悩となっていきます。

自身の経験からHarvey氏が語るには、OCDは最終的に自身への信頼にまで影響しはじめたということです。結果、「20年間何もできない状態であることを学び、自分を嫌うという事を覚えました。表面上ではいろいろ達成しているように見えるかもしれませんが、自分は最低で特徴のない、迷える人間なのです」と説明しています。

Very Well」では、もし鬱病と強迫性障害の両方に悩んでいるのなら、専門医に相談することはとても重要だとしています。鬱病の症状が、OCD治療のための心理療法の邪魔をしてしまうからです。

OCDというのは戦いです。そして、1人で立ち向かうべきではない戦いになります。日々悩まされている人を完璧に理解することはできなくても、リサーチをして対処できるよう手助けできるようにするというのは大切なことです。ひとりで暗闇の中を歩く必要のある人なんて、誰もいません。

Licensed material used with permission by Elite Daily
22歳のSonaksha Iyengarさんは、インドのバンガロールを拠点に活動するアーティスト。彼女が描くイラストシリーズ「#AtoZofMentalH...
ここに紹介する一風変わった写真は、鬱病と診断されたあるカメラマンが撮影したセルフポートレイト。この心の病を患うと、物事がどう見えるのか?これらの写真を通し...
これは簡単な図形のテスト。3択の問題を全11問答えていくと、あなたがどのくらい几帳面な人間なのかが分かってしまう、と診断コンテンツメディア「Playbuz...
誰にだって眠れない夜はあるものです。大事なプレゼンの前日、人生の転機、つらいことがあった夜。そんな日は、不安な気持ちがなかなか消えず、モヤモヤしてしまうこ...
芸術家肌かどうかは、遺伝子でわかる?そんな調査結果が科学誌「ネイチャー」に発表されました。特定の遺伝子パターンを持っているかどうかで、アーティストの創造性...
鬱病のサインをまとめた記事。どれも日常的に見逃してしまいやすいものばかり。頭の片隅に入れておくことで、自分や大切な人にもしもの事があった場合、早期発見に繋...
心の病を抱えた家族とともに暮らす、アーティストのJoshua Mielsが描いた肖像画。何層も塗り重ねられたカラフルな油絵の具は、彼が心に秘める感情があら...
これまでメンタルヘルスの記事を書く度に、実は気になっていたことがある。啓発団体やキャンペーンなどが、「何かあればココへ」とサポート団体やコミュニティーに繋...
「心の病」でありながらも、タブー視されがちなメンタルヘルス。メンタルヘルスをもっと世間に知ってもらおうと、自ら鬱や不安症と戦っている有名人たちの経験談を紹...
精神疾患はなかなか理解されにくい部分も多い病気です。ここで紹介するのは、海外のマンガサイトに投稿された作品。鬱や不安に悩むひとりの女の子が主人公で、それぞ...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
「鬱病=黒い犬」心の病を患っている人の精神状態や葛藤を、犬になぞらえて表現した動画があります。たとえるならば、鬱病は「黒い犬に体を乗っ取られたようなもの」...
上の子は「最初に授かった子だから」と溺愛され、末っ子は「可愛い、可愛い」と甘やかされる。そして、何かと忘れられがちなのが真ん中の子…。何をしてもとくに評価...
白と黒だけで表現されたこの一枚の絵、あなたには何に見えるでしょう?絵の中に潜むあるモノを見つけ出してしまった人。ひょっとしたら、アナタには“見えないものが...
ムンク、ゴッホ、ピカソ…誰もが一度は目にしたことがある有名どころの絵。それらをポップなトーンで落書きしているのは、バングラディシュのアーティストDoodl...
「精神的に強い人」と、ただ「強いフリをしているだけの人」とでは、そもそも考え方に決定的な差があると豪語する、作家のAmy Morinさん。彼女の考察が面白...
「自分一人で解決すべき」「常に周りと協調していかねば」これらすべて、○○しなれけば…と考えるタイプは「すべき思考」の人。仕事でストレスが溜まりやすいタイプ...
物理的な暴力とは違って、なかなか分かりにくいのが心理的な虐待。あなたも知らずの内に、被害者になってるかもしれません…。ここで紹介するのは、精神的な攻撃をし...
Mark Divine氏はアメリカの特殊部隊ネイビーシールズに20年間在籍していた元隊員です。格闘技を30年間、ヨガを15年間、それぞれトレーニングを積ん...
虐待と聞くと、つい「肉体的な攻撃」をイメージしてしまうけれど、「I Heart Intelligence」の記事によると、その考え方では不十分らしい。ここ...