電動歯ブラシから「あるモノ」を除いたら、1,000万円の出資を集める製品に。

電動歯ブラシのメリットといえば、短い時間でカンタンかつ効率的に歯を磨けることだと思います。他の良さは……。だから、「普通のでもよくない?」という意見を聞くこともしばしば。

ちなみに、僕も同じように考える、普通の歯ブラシ派。だけど、「Be.」の製造背景と機能を知ったら、これを機に乗り換えてもイイかもしれない、と考えてしまった。正確に言えば、“電動歯ブラシ”ではないんですけどね。

環境に配慮した設計。しかも、
他の電動歯ブラシに劣らない

0fa5dd73186cc79efae3b0695f22b4e61b8c6a03

まずは、製造背景から。

先の製品を開発した「The Goodwell Company」によれば、年間約150億個のバッテリー(つまり電池)が、世界中で消費されているようです。そして、87%が埋立地の一部となり、12%が焼却されるとのこと。驚くことにリサイクルされるのは、たったの1%なんだとか。

この状況を変えなければいけない、という使命感から、彼らは手巻き充電式の歯ブラシを製作することに。しかも、全体の90%がゴミの再利用で作られ、もし要らなくなったら、リサイクルゴミとして出せるそうです。

39749d033f9e03c65fe5272c763c8e0d0312c5da

使い方は、歯ブラシの下部をひねるだけ。あとは、通常の電動歯ブラシと同じように使用可能。しかも、たった2回の手巻きから、80,000回以上のストロークを生み出すことができるというのだから。

つまり、電池が要らないから、歯を磨きたいときにバッテリー切れで使えない、なんて状況もなくなるということ。旅のお供としてバックパックに1つ入れておくのもアリでしょ?

8354d2e1e08d8f799a40c7f90e6e4f5303b873b9

とは言いつつ、現在の電動歯ブラシのバッテリーは改良されていて、フル充電から1時間以上稼働するモノも。だけど、環境に配慮した製品だからこそ、今の時代のトレンドに合っていて、選ぶ意味があるんじゃないかと思うわけで。

「Kickstarter」のクラウドファンディングでは、すでに1,000万円以上を集めているそうですしね。

Licensed material used with permission by The Goodwell Company
子どもに歯磨きを慣れさせるのって、意外と大変なんですよね。歯の健康維持のためには、きちんと自分で磨けるようになってほしい。でも、それを面倒くさがったりして...
「歯磨きが好きな子になってほしいから、赤ちゃんが好きになれる歯ブラシを作りたい」歯科医師や歯科衛生士のそんな思いがたくさん詰まった「HAMICO」は、赤ち...
クラウドファンディングでニュージランド出身のAndrew Lambieが出資を募るのはビーサン。すでに世に広まっているモノにも関わらず、約50万円を調達し...
10秒で歯磨きができる、しかも完璧に。忙しい朝や、ランチの後にさっと、就寝前にも「口にくわえて、ボタンを押すだけ」でOK。ありそうでなかったマウスピース型...
旅行や職場で使う「携帯用歯ブラシ」は、すでに存在している。とはいえ、普通の歯ブラシにキャップを付けて、小さな歯磨き粉と一緒に細長いケースに入れただけなんだ...
ハミガキ粉や電気のチカラを一切使わずとも、光と水だけで歯垢を落としてくれる、画期的な歯ブラシが登場しました。“電子”を使って歯垢を落とすSOLADEY N...
計200万本売れている大ヒット商品「MISOKA」と〈THE〉がコラボレーションして生まれたのが、「THE TOOTHBRUSH by MISOKA」。持...
大量に廃棄されている衣料品をリサイクルする目的もあり、デニムでつくったサングラスが開発されました。環境問題に関心のあるデザイナー2名が、クラウドファンディ...
小麦や米粉、さらにはコーヒー豆の入った穀物袋をリサイクルしたバッグがあります。異国情緒ただよう、イラストやロゴ入りのバッグは軽く、旅の土産ものとしても人気...
オランダで開発された「Goedzakken」は、捨てられているモノを欲しいと思った人に気軽に拾ってもらうために、中身をあえて見せるようにデザインされたゴミ...
小さな納屋でトマトの空き缶を使ってキャブレターを作ったハーレーダビッドソンの創業しかり、スティーブ・ジョブズの自宅ガレージで検品をおこなっていたと言われる...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
食べ残しなどから堆肥をつくれる「コンポストボックス」の進化版が開発されました。生ゴミや動物の糞から出る「バイオガス」を抽出し、キッチンのガスコンロで利用で...
都心では、スーパーのレジ袋が有料化となる店舗が次第に増えてきています。それでも、ご自慢のエコバッグの中はといえば、食材を抜いた後で結局、ゴミ箱へと向かう包...
彼の名はロブ・グリーンフィールド。持続可能な社会を目指し、環境保護を訴える活動家だ。特注の透明スーツを羽織り、これから30日間で自分が出すゴミをすべて身に...
人口およそ12.5億人のインド。国民の約8割がヒンドゥー教徒(外務省調べ)という信仰心の厚いこの国で、あるゴミの始末をめぐって人々が悩んでいた。日用品のパ...
「これ、欲しい〜!」となるような自転車ではないのだけれど、そのエコっぷりがとっても気になるタウンサイクルがクラウドファウンディング挑戦中だ。どれほど地球に...
街中に突如現れた巨大な動物のアート。独特の質感とインパクトで、見る人の心を掴みます。よくよく見てみると、このダイナミックな動物たち、何かを集めて作られてい...
様々な形でリサイクルされているペットボトルですが、「家づくり」にも使われていることを知っていますか?パナマのボカス・デル・トーロにあるコミュニティでは、す...
毎年800万トンものプラスチックが海に捨てられているーー。この問題を解決するために考案されたプロジェクト「The Ocean Cleanup」は、自然エネ...