妻はこの世を去った。それでも、いつものレストランで愛する君と食事を。

アメリカで暮らす93歳のClarence Purvisさんは、4年前の2013年に愛する妻Carolynさんを亡くしています。でも、最愛の人を失ったあとも、優しく微笑む彼女の写真を眺めながら毎日同じレストランで食事をしているそうです。

WTOC」の動画で紹介された、一途に妻を思い続けるClarenceさんの姿が切ないのだけど、「生涯、一人の女性を愛する」という思いが伝わってきます。

63年間の夫婦の愛

Da8b07c8840bc53db1e67cefbcaf55faa93bed137845712c113ee45d955bfde5f0f92f0096d5d1f9

ふたりが初めて出会ったのは、1948年のこと。Clarenceさんが24歳でCarolynさんが16歳の時だったそうです。すぐに恋に落ちたふたりは、次の年に結婚して63年間もの夫婦生活を送ることに。

そのうちの13年間は、リーズビルで当時一番の人気を誇るレストランでデートすることを夫婦の決め事にして、お互いの大切な時間を過ごしてきました。

僕とCarolyn以上に、お互いを思い合っていた夫婦はいないよ。彼女の望みが僕の喜びであり、僕の望みが彼女の喜びだったからね。

上の動画で、こうClarenceさんは語っています。

D4d3d426e8b36b41c968c36aa3fc5a3a9bea4813Fa32570d8554f58b1c571494b8efb91e5ebcd1e4

会いたくなったら、いつもすぐに奥さんが眠る場所に行くため、月に120回以上墓地を訪れているそうです。そして、食事が終わった後に、妻の写真にキス。お墓にもキスを。どれだけ彼が愛していたのか、一つひとつの行動や言葉からひしひしと伝わってきました。

Clarenceさんは、今まで周囲に何度も新しい愛を探すことを勧められたらしいのですが、本人にそんな気はなさそうです。もし、自分が心から望めば、きっとCarolynさんも「あなたが望むのなら」と受け入れてくれると彼は言います。

12b712cc2b39402c616edb9f34945131dbf73f38

最愛の人を亡くしてからも、ずっと一途に愛し続ける姿。少し悲しい気がしますが、それだけ思い続けられる女性と巡り会えて、同じ時間を過ごせたClarenceさんはとても幸せそうにも見えます。

Licensed material used with permission by WTOC
苦楽を共にする、と言葉にすると簡単に見えるかもしれませんが、世界中のどの夫婦にも、二人にしかわからない愛のカタチがあります。長年連れ添う幸せな夫婦は、いっ...
ある薬局の薬剤師、James Moralesさんは店の常連客である老夫婦と顔なじみでした。二人はいつも寄り添い合ってそれぞれの薬を買って帰っていきます。老...
ずっと一緒にいると、忘れがちなパートナーへの想い。心の奥にある「キモチ」に気づくのは、もしかしたら2人の間に大きなトラブルや壁が立ちはだかった時なのかもし...
うつ病に苦しむ妻を献身的に支え続ける夫。ある日、彼女を励まそうと夫はあるサプライズを仕掛けました。愛する夫からの贈り物を得た妻。うつを抱えて生きる彼女の反...
この動画『Blind Devotion』は、米映像制作会社「JubileeProject」が、牧師であるFrancis Chan氏の著書『You and ...
2014年世界保健機関(WHO)が発表した男女別の平均寿命ランキングで、スイスは男性2位、女性3位の結果。欧州でも、少子高齢化が進む国のひとつです。高齢者...
双子を妊娠し、幸せの絶頂にいたAdriannaさん。しかし、残酷なことに双子のうちの1人を亡くしてしまいます。悲しみに暮れる妻の笑顔を取り戻そうと、夫のM...
誰にだって、生きていればどうしようもなく落ち込む瞬間が訪れます。そのなかでも最もつらい経験のひとつが「身内の死」かも知れません。ここで紹介するのは、大学時...
愛する人の死に直面したとき、その事実を受け入れることは本当に難しいものです。亡くなった後でも、大切な人とはどこかで繋がっていたい。その一念が、無意識のうち...
愛は美しい、というイメージがありますが、本当にそうなのでしょうか?得るのは困難なのに、失うのは簡単。人を狂わせ、時には死へ追いやることすらあります。ここで...
生前はもちろん、死後10数年が経過しようとも、ポジティブな影響を与え続けてくれるマザー・テレサ。彼女が残した数々の言葉は、時を超えて私たちの胸に響きます。...
認知症の一種である「アルツハイマー病」は、記憶や思考力が徐々に失われ、最終的には日常生活に必要な作業すら困難になっていく病気。私たちが忘れられない瞬間、忘...
フォトグラファーのKen Griffithsさんは12ヶ月間にわたり、毎月まったく同じ場所で、一組の老夫婦を撮り続けました。その幸せな日常と、最後の1枚で...
マレーシアのクアラルンプールにあるレストラン「Charlie's Cafe」では、食事をする人が5リンギット寄付すると、食事の引換券となり、恵まれない人た...
人は、いよいよ「自分の死」を覚悟したとき、一体どんなことに後悔をするのでしょうか?人生の終わりは、誰にでもやってくること。「becomingminimal...
もし僕が話せたら。君に伝えたいんだ。助けてくれて、ありがとう。愛してくれて、ありがとう。一緒に過ごした日々は全部、覚えているよ。そんなフレーズからはじまる...
ここに記されたのは、彼女というよりも「妻」がいる男性へのメッセージ。どの項目も簡単なものではないかもしれません。が、8つすべてとは言いません。まずは1つだ...
今ロンドンで話題となっているレストラン、テーマは「解放」。なんと裸で食事ができるんです。いまだ完成を見ないため設計のコンセプトから想像するほかありませんが...
嬉しい時も、悲しい時も、いつも側にいてくれる。そんな愛犬のキュートな姿には、多くの人が救われているはずです。でも、犬は決して可愛いだけではありません。Je...
とある少女がスーパーで、おじいさんに声をかけたところから始まる物語。スーパーで知らない人に声をかけても、その場限りの会話になることがほとんどですよね。しか...