日本文化を「パリ流」で楽しむと、おにぎりはこうなった。

私たちがいつも目にしていて、もっとも馴染みのある携行食である「おにぎり」。

好きな具を入れた塩気のある白米を、海苔で包んだあのフォルム。売っている場所と言われてパッと思いつくのは、コンビニやお弁当屋さんでしょう。まさかそこに、<美容薬局>だなんて候補は、チラつきもしないと思います。

『BULY』パリ2号店に、
おにぎり屋が登場

A7e121e91aa6a0d0d8ddbb8efef241a355603534915be7565a9385aa6dad354cf928f9068402bb14

1803年に創業したフランス・パリの総合美容薬局を、3年前にリブランドして、理念と革新性を受け継いだ『OFFICINE UNIVERSELLE BULY』。今年4月には、代官山にオープンしたことで話題になりました。日本初上陸、世界中では5ヶ国目。パリの本店に足繁く通っている日本人女性も多かったようで、オープン当初はものすごい賑わいだったそう。

上の写真は夏にオープンしたパリの2号店で、カフェやお花屋さんを併設したマレー店です。カウンター席の奥にある、ショーケースにご注目。

42607270fb957878a2e47de04362c0addf421458

この店内に、まさか「おにぎり」は似合わないだろうと思っていたけれど、びっくり。“おめかし後”の姿で、綺麗にショーケースに並べられれば、場に劣らず、ちゃんとパリに馴染んでいます。私たちの、知っているようで知らなかった表情。

左のボードに書かれたメニューをズームして見てみると、一番上には<NANIKORE>という文字。……え?ナニコレ?

このおにぎり屋の名前は、<NANIKORE ONIGIRI>なのです。思わぬキャッチーな響きに、クスッと笑ってしまいました。大のおにぎり好きであるBULYのオーナー、ラムダン・トゥアミのアイディアで生まれたのだそう。

4e1ce0f6fc0ddc9237538af463d07e04410dc933

正確な三角形に握られたお米に、ビジュアルを意識して全体を包むのではなく、よく見るイラストのようにカットされている海苔。ベーシックな白米や、ゆかりご飯もあるけれど、カレーピラフ、パエリヤのような変わり種もあります。

そしてやっぱり気になるのは、この添えられているアーモンド。まさか…。フランスの投稿文を翻訳してみたけれど、おそらく1番奥の味付けは、ローストしたアーモンドのよう。さすがはパリ、一歩先の挑戦をしているのだなと思っていたら、もっと衝撃の新参者に出会ってしまいました。

03fe5012a0047f9e28986fea6866925b96d7cb84

これは……!?

間違いありません、生チョコレートです。日本人からすると、想像以上の組み合わせ。口に入れるとなると勇気が必要ですよね、口コミを見てみると、「おはぎの進化を感じた」との声がありました。ほぅ……。

フランスでは、お米を牛乳で煮て、フルーツやシナモンを添えるデザートを幼い頃から食べる文化があるので、意外と評判がいいのかもしれません。他にも、<キャラメル&りんご>などがあるようです。

たしかにこうして見てみると、<ONIGIRI>だけではなく、<NANIKORE>が頭につくこともわかります。パリの地になると、おにぎりという日本の食文化は、思いもしなかった嗜好や習慣によって、あたらしい姿になっていました。けれど、思いを込めてていねいに手で握ったり、忙しくても食べやすいよう包んで届けるという心は、そのまま生きているのです。

いつか日本にも、BULYがプロデュースする“フランス人好みの”おにぎり屋ができたら、食べに行ってみたいですね。

Licensed material used with permission by Officine Universelle Buly
世界に誇るフィンガーフードのひとつとして、「おにぎり」を挙げないわけにはいきません。だけど、これを日本固有のものと決めつけてしまうのは、どうやら早計。お米...
『オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー』の「アラバストル」は、石に香りをつけるというユニークなルームフレグランス。白磁器の容器も上品です。
同じ日本と言えども、関東と関西では食文化に大きな違いがあることはご存知のとおり。食を通して異文化体験ができてしまう。では、その違いってどこにあるかちゃんと...
フランス人グラフィックアーティスト(Vahram  Muratyan)は、パリとニューヨーク(NY)を股にかけて活躍する人。一年の半分ずつを2都市で住み分...
贈り物の中身にも負けず劣らず大事なのが、ラッピング。丁寧に、しかもセンス良く包まれたプレゼントを開けるのはワクワクするものですし、その中に入っているものも...
マドリードにオープンしたこのお店は、働く人々のシエスタをサポートする場所なんだとか。実は、日本のある文化に影響を受けているそうです。
世界で若者が暮らしやすい都市のランキングが発表された。トロントにある市場調査会社によって制作されたものだが、そのランキングとは如何に!?第1位は、フランス...
しあわせやよろこびを他人と分かち合うことを、フランスでは「partagé(パルタージュ)」という言葉を用いて表現します。口にしてみると、口角がキュッと上が...
押しも押されもせぬ、とんこつラーメン界の雄「博多一風堂」。その欧州2店舗目となる「パリ店」が、2015年12月末にオープン予定。食の都への進出を記念し、フ...
四半世紀に渡ってヨーロッパ暮らしをしているというジャーナリストの片野優さんと、ライターの須貝典子さん夫婦。彼らは雑誌の取材でヨーロッパ中を駆け巡り、そこで...
日本郵便から10月24日に発売されるおむすびデザインの切手が、女性の間で密かな話題になっている。ユネスコ無形文化遺産に登録された「和食」について、その社会...
華の都パリ──なんて呼ばれるように、キラキラしていて華やかな面もたくさんあります。でも、それは外側から見るパリの一面にすぎないんじゃないでしょか。パリに住...
フランスのイメージは、ロマンスの国。多くのプロジェクションマッピングを手がける、Julien Nonnonの新作もまた「やっぱりパリって、愛の街なんだ」と...
旅行者が現地の人から使っていない部屋や空き家を借りることのできるサービス「Airbnb(エアビーアンドビー)」。知らない人を家にあげることに抵抗を示す人も...
テロの情報を様々なメディアが伝えるなか、 SNSでは事件のことを知った世界中のユーザーから祈りのメッセージが送られています。なかにはハッシュタグ「#Pra...
パリとロンドン。電車でわずか2時間半ほどの距離にある2都市の間には、言語以外にもさまざまな違いがある。そう主張するのは、パリを拠点にさまざまな情報を発信す...
たった一輪でも花のある空間に身を置くと、心が豊かになります。目に鮮やかで見て楽しいのはもちろんですが、花言葉やその歴史を知っていれば、また違った愉しみ方が...
誰もが足を運ぶ観光名所が数多ひしめくパリ。ガイドブックに載っているお馴染みの風景に出会えることは、間違いなくこの街を訪れる醍醐味だ。でも実は、どこを歩いた...
パリの一角に突如現れた、ポップなカラーに彩られた空間。よくよく見てみると…なんと、バスケットコートのようです。このアートを手がけたのは、フランスのファッシ...
人口約24万人(都市部全体だと約114万人)、フランス第5の地方都市ボルドー。この町を歩いていて感じるのは、若い人が多くて活気があるということ。それもその...