4組のアーティストに導かれて「糸の旅」へ出かけよう

Yarn(ヤーン)

【名】織物や編み物に用いる糸で、天然繊維や合成繊維を紡いだもの

【動】面白い冒険談をたっぷり話し、楽しませること

本作品のタイトルである「YARN」は、英語で「糸」を表す言葉。この物語は、彩り豊かな糸によってアートへ昇華した「編み物」にスポットライトを当てた異色作だ。それでは、昨今のニットやかぎ針編みのアーティストたちのムーブメントを目の当たりにすることができるクラフト・アート・ドキュメンタリーを紹介しよう。

アイスランドの羊と
編み物の関係

D23d401bed6e27d2680713b2ebacd805aeec06ac

北欧のアイスランドの正式名称は、アイスランド共和国。北海道と四国を合わせたほどの国土には、人口の数より羊の数が多いと言われている。約1,000年前、バイキングが入植時に持ち込んだといわれている羊は、羊毛や食肉としてアイスランド人に寄り添う存在なのだそうだ。

そんなわけで、アイスランドは、編み物がどっぷりと生活に根ざしている国としても知られている。小学校で男女共に編み物の授業があり、手編みの服を着ている人は珍しくない。襟まわりの模様に特徴のある伝統的な編み込みセーター(ロピペィサ)は、代々編み継がれ、軽くて防寒性に優れた国民服となっているとのこと。

4組のアーティストが
固定概念を覆す

D0547ae5c276bd117b9bafcbf896166f2dcc78f4Fa8c873bb663847e0bfefc7c3431ec3fba030124

本作に登場するのは、4組のアーティスト。ゲリラ的に街をニットで彩るヤーン・グラフィティでアイスランドから世界へ旅するティナ、白い糸を人生のメタファーとしてアクロバティックなパフォーマンスを見せるサーカス・シルクール、「編むことは言葉であり、コミュニケーション」と全身ニット集団と街を練り歩くオレク、子供たちの想像力を刺激するカラフルなネットの遊具を国内外で作り続ける堀内紀子

298999b7c89ede1c4f186e80af162d104a06c4df99cd601eb342c03bb83444ef6eb2eb77925291bf

彼らのスタイルはそれぞれ違うが、共通するのは、編み物を通じながら、人や世界とつながっていくところ。手芸という範疇を越えて、彼らは、編み物にアートとしての新たな可能性をひらすらに追求しているのだ。

アーティストと共に
世界中を旅した「糸」の冒険

54e6b2c22519f5b02b872f231f3c8b6bbc3ab0f919cae9286aba9bd8e5afbb010b1caa47f5aae2a0

アーティストと共に旅する「糸」は世界中を冒険してきた。その様子は、アイスランドにはじまり、デンマーク、ドイツ、ポートランド、スペイン、イタリア、ハワイ、キューバ、カナダなどに及んでいる。撮影は、約2年という長い時間をかけて行われたようだ。

それぞれの国々でアーティストたちが、糸に新たな息吹を与えていく様子をとらえた映像は、それ自体が「動く作品展」そのもの。ひと編み、ひと編み、無心で反復行動を続ける姿は、さながら、ヨガ行者のような印象。女性たちが伝えてきた「糸」や「編み物」の文化を躍動感のあるタッチで描きながら、僕たちを「糸」の世界へと誘ってくれる。

『YARN 人生を彩る糸』
2017年12月2日(土)より、渋谷シアター・イメージフォーラムほか全国順次ロードショー。公式サイトはコチラ

© Compass Films Production 2016

Licensed material used with permission by YARN 人生を彩る糸
その長さ距離にして約2キロメートル。1本の長〜い黒糸と28インチの自転車のリム。道具はこの二つだけ。あとは、リムの外周に200個設置したフック状の錨に、た...
デジタルアートを駆使して、摩訶不思議な街を生み出しいるのは、バルセロナを拠点に活躍するアーティストのVictor Enrich。映画「インセプション」ばり...
ケーキを切っていたら、生地がつぶれてクリームがはみ出してしまったり、ゆで卵を切ろうとしたら黄身がボロボロになったり……。包丁でうまく切ることができない食材...
1970年代後半から80年代にかけて、音源・映像録音に使われていたのが磁気テープ。あの独特の音質を今でも求めるユーザーは意外に多く、近年微増ながら売り上げ...
1990年代から、パリのグラフィティシーンで活躍してきた、ストリートアーティストJulien “Seth” Malland氏。無機質な建造物の壁一面をカラ...
もしも世界がLEGOでできていたら、誰もが知る名画もこんな風に表現されるのかもしれません。ダ・ヴィンチにボッティチェリ、フリーダ・カーロからウォーホルまで...
60年代、NYのポップアート界で盲目の画家として注目されたマヌエル・カミンスキーって知ってるよね?アンリ・マティスに師事し、パブロフ・ピカソに嫉妬された画...
アウトドアブランド「ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)」が開発を進める、新製品のアウタージャケットに、いま世界のアパレル業界が注視してい...
「バンクシー」は、世界的に有名なストリートアーティストとして知られています。その正体は誰にもわかりませんが、公共物を扱う非合法のアートが多いなか、作品に込...
2015年の訪日外国人の数は約1,970万人。2016年は2,000万人を超えることが期待されています。そうすると、訪日観光の目的としての「アート」はま...
大英博物館やテート・モダンなど、名だたるミュージアムを数多く抱えるロンドン。先日、この街のとあるギャラリーで開催されたのが、犬のための現代アート展です。「...
世の中には、様々なアーティストが存在するが、ペーパーカッティング・アーティストのPippa Dyrlagaもその1人。彼女が使うツールは、紙とペンカッター...
バーニングマンといえば、砂漠のど真ん中に1週間だけ街が生まれる伝説の野外フェス。あるのは仮設トイレと食料の鮮度を保つための氷のみ。命の保証はなく、"No ...
「マステ」は、株式会社マークスのマスキングテープブランド。現在、これを使ったアート展が東京・表参道ヒルズで開催中。色鮮やかでカワイイ作品に対して...
アメリカ、ポートランドを拠点に活動するアーティストBrian DeLaurentiとJonathan Dahl。このゲイ2人組による「The Gay Be...
アイスランドに行ったら、昼間はブルーラグーン、夜はオーロラ観測へ出かけましょう!……なんて優等生すぎる観光情報は、もうお腹いっぱい。そう感じている人は、決...
「卒業旅行は、海外でアートに浸りたい!」思い浮かぶ候補地は、ニューヨーク、ロンドン、パリ、フィレンツェ…あたりだろう。美術館でじっくりと鑑賞する。勿論、そ...
旅の思い出を記録に残す方法は写真や動画が一般的。それ以外では、せいぜいスケッチといったところですよね?でも、ファッションデザイナーのTERESA LIM氏...
弾けるような躍動感がある、ペイント。実はすべてコーヒーで描いているそう。ドイツ出身のDianaさんが描くアーティスト達は、それぞれの人物が放つオーラまで再...
2016年4月23日(土)から『Volez, Voguez,Voyagez - Louis Vuitton (空へ、海へ、彼方へ ── 旅するルイ・ヴィ...