「ワークアウトが続かない…」と嘆く人が捨てるべき誤解6つ

月曜日から働きつづけて金曜日の夜になった時の開放感といったら、サイコウ!ですよね。そこで友人や同僚とご飯にいくと、ついつい飲みすぎたり食べすぎてしまったりして。

「いいや週末運動しよう」と焦り実行したとしても、3日坊主になってしまっては同じことが起きた時、また罪悪感を感じてしまうのでは?

というわけで、参考にして欲しい「Elite Daily」の記事がある。Annakeara Stinsonさんが、運動を続けるために捨てるべきマインドセットを紹介している。あなたが続けられないタイプだとしたら、「ワークアウトとはこうあるべき」という勝手な思い込みを抱いているからかもしれないということ。

01.
まずはしっかりとした形から

551ffb571cf92693b5d7075fdac3d1a67d25c39e

「ワークアウトはこうあるべきだ」と定義づけていたとしたら、全部忘れてしまおう。ワークアウトに「こうあるべき」というハッキリした形なんてないのだから。

運動中に自分がどう見えようと、どのレベルでやっていようと、しっかりおこなえればそれで良いのだ。

私だって、運動中は、汗まみれのゴブリンに見えるに違いないし、長い時間をかけておこなうものだと覚えるのに時間がかかる。ヨガのポーズもそう。でも、それで良いと思う。自分のペースで動いて、あなたが心地よいやり方で実践していることが大切。

02.
ガチでやらなきゃいけない

どのようなワークアウトにも、精神的なメリットがあるのかもしれない。しかし、ストイックすぎて常に負荷がかかるものだと、ストレスになる可能性があるという事が証明されている。

週5回ものバイクエクササイズや強度が高いインターバルトレーニングを定期的におこなうことは、体にとって最善ではないかもしれないのだ。人によっては歩く方が向いているかもしれないし、ダンスや空手、ロッククライミングの方が良いという可能性も。

03.
立ち止まってはいけない

あなたはやっとジョギングを10分間続けられるようになったとする。でも、そのルーティンを無視して5分間に戻してしまったとしよう。でも大丈夫。自分を責めないで。1度成し遂げた経験があるのだから、きっとまた10分間走り続けることはできる。

休んだり、スランプに陥ったり、1度や2度試してやめてしまったからといって、今まで積み上げてきたものがなくなるわけではない。身体に良いことをしよう思いやってきたからこそ、自分にあう方法とあわない方法が、今までよりは理解できているはず。その知識は、すぐに消えるものではないのだ。

途中で休憩したり、ダンス中につまずいたって、すべてプロセスの一部であり、前進していることを忘れないように。

04.
ある程度行わなければ
意味がない

2349231668a1ce5e2aabca7182ce597d38a856e8

ワークアウトには人それぞれのやり方があるもの。ある研究では、1日30分(ないしは週5日)適度に身体を動かすことが、健康面で最もメリットがある方法だとしている。

でも、忘れてはいけないのは、歩きやストレッチなどといった「簡単な」動きも含んでいいのだということ。徐々に積み重ねていくものだということもね。

誰が何と言おうと、太極拳を試したり、近所で早朝ウォーキングをすることだって価値あるワークアウトなのだ。自分に合った身体の動かし方というのは人それぞれ違うもの。

05.
自分だけのルーティンを
確立しているべき

Ca38c8f25455bfcb1fe7046c129a8ea14b2d247d

これまでの人生、1度もルーティンを持ったことが無い人もいるかもしれない。無くても気にしないで欲しい!ルーティンをつくりたければ、いろいろな方法があるのだから。YouTubeを見たり、レッスンを受けたり、マットを広げて自分に合うストレッチ方法を見つけることから始めてもいい。

06.
時間の無駄づかい

私はライターなので頭を使う時間が多く、いろいろなことを考える。仕事をしたり友達と出かけたりもするから、ワークアウトする時間がないと言い訳することは簡単だ。

でも、私の場合、もしかしたら“ダンサーの血”が騒ぐからなのだろうか、身体を動かすだけで幸せを感じることができる。だから、動かないということはそもそも考えられない。

Licensed material used with permission by Elite Daily
米ヒルトン・ホテル&リゾーツにワークアウト専用の客室ができたそうです。これ、簡単に説明すると、全身の筋肉を鍛えられてしまうほどの、様々なトレーニンググッズ...
見た目の華奢さを大きく左右する肩幅を少しでも狭くしたい!そう思っている女性は少なくないですよね。何を隠そう、私もそのうちの一人。いままでは、矯正や整体にで...
「Elite Daily」のライターGeorgina Berbariさんは、おそらく自分の経験も踏まえながら、様々な研究を証拠にマリファナと運動の関係を語...
ジムといえば、身体を動かしてアクティブに汗を流す場所。でも、ジムでゆっくりと身体を休めてリラックスする、という逆転の発想のクラスがイギリスで誕生しました。...
エクササイズはエクササイズでも、真っ暗な中でボクシングをしたり、エアロバイクを漕いだりする「暗闇エクササイズ」なるものが人気の昨今。その理由のひとつには、...
クロスフィットは、アメリカで人気のある、日常生活の動きをワークアウトに応用したトレーニングです。ここでは、スポーツライターChelena Goldmanさ...
大音量のミュージックに乗って暗闇でバイクをこぐ「FEELCYCLE」や、同じくBGM&暗闇で行う格闘系フィットネスクラブ「b-monster」のように、昨...
腰痛を改善してくれて、代謝を高めてくれるというポイントで、日本でも注目を集めている体幹トレーニング。「Plankpad」は、その効率を上げるために開発され...
下着からはみ出した、背中の贅肉。普段自分では見えない部分だからこそ、気になっている人も多いのではないでしょうか。背中に贅肉が付きすぎると、老けて見えるだけ...
個人的な話で恐縮ですが、年末から通い始めたジムへの足がもう遠のき始めていて、自分に嫌気がさしている今日この頃。仕事が忙しいとか、睡眠時間を確保したいとか理...
通勤時間を有効に使いたいーー。本を読んだり勉強するのは一般的ですが、新たに「体を鍛える」という選択肢が加わるかもしれないのがロンドン。ジムを備えたバス「R...
かつては理想の腹筋といえば「シックスパック」のイメージでしたが、ここ最近は縦に割れた「アブクラックス」が、美しい腹筋の新基準として注目されています。「アブ...
一瞬目を疑ってしまった。周囲にある高層ビルと同じ高さまで、命綱なしでガラス張りの壁をのぼっている女性。しかも怖がっている表情などこれっぽっちも見せていない...
運動不足やダイエットは関心度が高い要素。ここで紹介する「Elite Daily」の記事でも、歩こう!とか、酒を呑まないように!と書かれています。でも、もっ...
2017年1月に任期を迎える米オバマ大統領。多忙な業務のなか、日々日課にしているワークアウト時に聴くSpotifyプレイリストが、アメリカ版「WIRED」...
生きるために、仕事をしてお金を稼ぐーー。たしかに、とても大切なことです。でも、好きなことをライフスタイルの中心に据えながら自由に生きることができれば、こん...
1日30分運動すれば、もっと健康に過ごせる。そんなこと百も承知だけれど、そんな時間が一体どこにあるんだろう。忙しい現代人にとって、運動する時間の確保は深刻...
「Elite Daily」で紹介されていた記事には、なんと走ることなく「ランナーズ・ハイ」になる方法があると書かれていた。高揚感に浸ることができれば、ラン...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
「Elite Daily」の記事では、運動後にビールを飲んでもイイ理由を紹介しています。飲酒を勧めているワケではありませんが、これらの知識を使えば、今度か...