街角に出現した、異次元への入り口

「新しいニーズには、新しい技法が必要だ」

「One: Number 31」で有名なジャクソン・ポロックの有名な一言。芸術の知識があまりない僕でさえ、彼の言葉が思い浮かんできたのは、アーティストPaige Smithさんの作品を見たからでした。

結晶化した
異世界のプラズマ光

53956fd152d2cc5bc62d989bdcd6f5652c5ae73a

Image by Gregory Tuzin

このアートは、「Urban Geode」と呼ばれるシリーズの1つなのだとか。すでに多くのメディアに取り上げられ、約10ヶ国でこれらが設置されているようです。

627ecaceb401089289cd8972cb1ffe98c354d6a4

Image by Gregory Tuzin

Paigeさんは自身のアートを、日常にあるものとないものを融合させたマジックリアリズムに影響を受けた制作物だと表現します。それゆえ、異様な雰囲気を放つものになっているのかもしれません。

01de7850d2a763589c669db1a93250a32b2b15aa

Image by Gregory Tuzin

51ff89a86f8d9d72b0abdf38338666f161e88c91

Image by Gregory Tuzin

48b695eaad9800c280830ac3f65a82e72f7612c1

Image by Gregory Tuzin

E1ecd0c800d7ab19a29b75591692c7fdc214a07e

Image by Gregory Tuzin

895b78e2de4acc613118a54becf473150cb21bd0

Image by Gregory Tuzin

86e066828d6b7900fea69e28397f3bbcecb73cd0

Image by Gregory Tuzin

4bca15f2c57e7e015bd99e66cf5b382988987525

Image by Gregory Tuzin

なんとなく作品の規模から、誰でもできるように思ってしまいますが…。それは、Pollockの「One: Number 31」も同じ。

ということは、多くの国で人気を博す理由も、彼女のアートの雰囲気と時代のニーズがマッチしていたからなのかもしれないな〜。

Licensed material used with permission by Paige Smith
マイアミの街に現れた、フォトジェニックな壁画。万華鏡のように、カラフルでポップではあるけれど、なんだか少し毒々しさも感じてしまう。ずっと見ていると、目が痛...
ベルギーの街角でいたるところに出没する小さな清掃員たちが話題になっている。落書きを消したり、植物に水をやったり、ゴミの山と戦ったりと街の美観を保とうとオジ...
デジタルアートを駆使して、摩訶不思議な街を生み出しいるのは、バルセロナを拠点に活躍するアーティストのVictor Enrich。映画「インセプション」ばり...
ベルリンの、とあるアートギャラリーの入り口に大きな砂文字のアートが飾られました。まるでギャラリーへの侵入を妨げるように置かれています。なぜ、こんな邪魔にな...
街全体をキャンバスにして描いた大きな「壁画」が、メキシコのパルミタスというところにあります。下の写真からは、“ドラッグや暴力が蔓延していた場所”という印象...
ここは、NYブルックリンの街角。ポップでかわいいストリートアートが出現しました。世界中のトラベルスポットも描かれていて、さながら旅行気分でキュートなセルフ...
「宇宙飛行士が冒険するのは、宇宙だけなんて誰が決めたんだ!」とでも言わんばかりにあらゆる世界を旅するキャラクターは、まさに、神出鬼没。現実の世界に現れたと...
約半数のアメリカ人が異星人やそれに準ずる物の存在を信じていて、そのうちのほとんどの人が、「異星人は定期的に地球を監視するために訪れている」と思っていること...
1990年代から、パリのグラフィティシーンで活躍してきた、ストリートアーティストJulien “Seth” Malland氏。無機質な建造物の壁一面をカラ...
ハワイを拠点にしたアート集団「POW! WOW!」。展覧会を開いて人を集める従来のスタイルとは異なり、自分たちで世界各地どこへでも行ってしまう。目的地では...
宇宙旅行は、かつて宇宙飛行士のみに許された特別なものでしたが、現在旅行会社がプランを取り扱うなど、民間人にも夢ではなくなって来ました。今度は「宇宙ホテル」...
「卒業旅行は、海外でアートに浸りたい!」思い浮かぶ候補地は、ニューヨーク、ロンドン、パリ、フィレンツェ…あたりだろう。美術館でじっくりと鑑賞する。勿論、そ...
部屋一面に、無数の人が並んでいる。コーヒー片手に歩く人、写真を撮っている旅行者、犬の散歩をしている人…。サイズは、大小さまざまだ。これは、ロンドン在住のア...
従来のように「画用紙にペン」で絵を描くのと同じようにPCモニタに思いのままにスケッチしていく。今じゃこんなことも当たり前の時代、は数年前から到来していまし...
プログラマやエンジニア、建築家など、さまざまなスペシャリストで構成されたウルトラテクノロジスト集団「チームラボ」。アート・サイエンス・テクノロジーの境界線...
起こさないようにそ〜っと、布団を肩までかけてあげたくなるような安らかな寝顔。目を覚ましたら、本当に動き出してしまうかもしれない。だから静か〜に、読み進めて...
ドナルド・トランプ大統領の毎回のツイートに友達のようにリプライを投稿する男性。実はアメリカの人気コメディ番組の「サタデー・ナイト・ライブ」の放送作家のジョ...
1970年代後半から80年代にかけて、音源・映像録音に使われていたのが磁気テープ。あの独特の音質を今でも求めるユーザーは意外に多く、近年微増ながら売り上げ...
誰かに背中を押されているような、ちょっと前向きになれるイラスト入りのメッセージが、シンガポールの街のあちこちに出現。どうやら、すべて一人のアーティストによ...
欧米では古い建物を壊すのではなく、中をリノベーションして長く使用します。アメリカ、特にニューヨークでは第二次大戦前に作られた建物や不動産を「Pre-war...