ふるさとに帰って蕎麦屋になる。離島でよみがえった屋号。

新潟市内の港から、日本海を進むこと約1時間。そこには”離島”という言葉よりも実際にはずっと大きい佐渡島(さどがしま)がある。

Bc4a320afcb4738361109c4c10eb480c4b7811d1

現在は島全体が佐渡”市”となり約5万6,000人が暮らしているが、ほかの地方と同様に、人口減少や高齢化が進んでいるという。しかし、そんな佐渡のとある集落に、多くのお客さんがわざわざ各地から出向いてでも食べに行く、という蕎麦屋「茂左衛門(もぜむ)」がある。

ここで蕎麦を打つ理由

6be788751f87626593d595eb9c3a4f402507fad7

佐渡の港町、両津で生まれ育った店主の齋藤和郎(さいとうかずお)さんは、多くの佐渡出身者がそうであるように、進学を機に東京へ出た。「将来的にはいつか佐渡島に戻って、地元のためになることをしたい」という思いを抱えながら、卒業後は東京で地域計画のコンサルタントとして勤務。

しかし当時は、まだバブル景気が残る時代。地域おこしといえば常に建設計画が中心だった。果たして大型の建物を中心にした地域再生計画が本当に佐渡にとって必要なことなのか。それ以外にもっと個人サイズのことで何かできないだろうか。

さまざまな考えをめぐらせる日々を過ごしていたという。

「何かひとの手で作れるもので、佐渡の良さが活きることを学びたい」

元々なにかを作ることが好きだった彼は、島のためになる「学び」を模索し始める。そして、尊敬する歴史家から「佐渡島における蕎麦文化の大切さ」を教わったことをきっかけに、蕎麦屋になることを決意した。

10年間の修行を終えて
家族で佐渡島へ

4e603fd7e45bed0e5b62a213db68fae49ed15696

東京の人気店で修行を終え、2014年、ついに佐渡で蕎麦屋をオープンすることに。ひとりで島を出た彼が、戻るときには奥さんの佳子(よしこ)さんと息子さんを連れ、家族揃ってのUターン移住だった。

条件にあう古民家に出会い、店の名前を「茂左衛門(もぜむ)」とした。

この名前は、佐渡に続く屋号文化で、かつてこの家屋につけられた“通称”。その昔この古民家には茂左衛門と呼ばれていた人が住み、この家そのものも茂左衛門と呼ばれていた歴史の証だ。時が流れ住む人が変わろうとも、今もここは茂左衛門なのだと聞き、店名として即決。

「どこか、外国語のような音の響きも今の時代にぴったりじゃないかなって」

と、斎藤さんは笑う。 

蕎麦屋としてオープンしてみると、地域メディアや情報発信のキーパーソンとご縁ができ、口コミが広がり始めた。特別わかりやすい場所ではなく看板も控えめだが、お客さんは島内外からたくさん来てくれたという。

「ここの集落は本当にいい人ばっかり。ありがたいことにご縁には恵まれたね」と微笑み合うふたりの表情からは、オープンから4年という歴史を、しっかり地域に刻んできた誇りと喜びが感じられた。

B2a317807ee4c068ec3685a6a152b73ab306af7c

山や海の「恵み」を
正直に、丁寧に

茂左衛門は、蕎麦もお料理も「丁寧なおいしさ」が印象的だ。齋藤さんがまごころを込めて作っているのが伝わってくる。

優しい味でも一品ごとのリズムがあり、それぞれのハーモニーが忘れらないインパクトを残す。つい、誰かに口コミしたくなるのも納得だ。

そのおいしさの背景には、齋藤さんたちが食材に向き合う姿勢もあるだろう。彼らはいつでも季節の恵みを正直に扱っている。食べた人は、料理を通して佐渡の豊かさを体験させてもらうことができるのだ。

来客の予約がない日は、食材を採りに出かけるという。春が来れば山菜を採りにあの山へ、きのこが出ていそうなら向こうの山へ。木の実が採れたらジャムに、柚子がたくさんあるからゆず塩に、柿やアケビは果実酢に。

彼らの丁寧な暮らしが生み出す料理は、彩り豊かにめぐる佐渡の季節そのものだ。

ガイドブックに載っているようなご当地料理もいいけれど、地元に暮らし、地元を愛する人たちの目線で、地元ならではの料理を食べることを、旅先ではおすすめしたい。

きっとそれは、彼らが日々送っているような、季節の恵みを味わう生活の豊かさを感じさせてくれるだろうから。

蕎麦 茂左衛門

住所:新潟県佐渡市新穂田野沢163-1
TEL:0259-67-7972(完全予約制、前日のお昼までに要連絡)
昼:11時30分〜13時30分L.O.
夜:17時〜21時L.O.
定休日:日曜日(3連休の場合は日曜営業の月曜休み)

取材・写真協力:蕎麦 茂左衛門
世界には数々の離島が存在します。本島と離れているがゆえに情報が少なく、いまだに謎が多く残されている島も多いのです。そんな離島のミステリーを追求したのが、お...
どうやら、週末に離島へ行けるツアーがあるようだ。東京近郊、離島、ツアーなどのいくつかの条件で調べてみた結果、僕がたどり着いたのは「プラネタリウムアイランド...
麺がおいしい季節となりました。生麺や乾麺、茹で麺など。麺にも様々な種類がありますが、ささっと食べられる茹で麺は忙しいときや料理に時間をかけたくないときに重...
近年では、世界中の風景をストリートビューで見られるようになりました。ストリートビューは、地図としてはもちろん、その場所に行かなくても旅行した気分を味わうこ...
さりげないデザイン。惹かれるパッケージ。手にとりやすいコンパクトな瓶。詰められているのは、新潟県の離島「佐渡島」の特産品だ。東京23区の1.5倍という広大...
日本のみならず世界には沢山の離島が存在します。おもしろ地理学会が編集した『世界史からこぼれ落ちた離島伝説』には、謎と神秘に満ち溢れた世界の離島について驚き...
世界には、魅力的な「離島」がたくさんあります。その島の歴史やルールを紐解いていくと、そこには必ず理由があります。おもしろ地理学会が編集した『世界史からこぼ...
世界には、まだまだ未知の出来事や現象がたくさん残されています。とくに「離島」ともなると情報が遮断されている分、じつに興味深い逸話が聞けることがあります。お...
手つかずの自然、キレイな海、絶品な海の幸。もちろん離島の魅力は尽きませんが、一方で無視できない「事前に知っておくべきこと」も。今回は、ビギナー編。そのギャ...
鹿児島県の離島が美しい4K動画。「超絶景動画」と評判を呼んだ作品。リズミカルな音楽とともに、コバルトブルーの海や、原生林が広がる山など、離島ならではの風景...
新潟県の佐渡島は「史跡 佐渡金銀山」で知られていますが、実は産業遺産も充実しています。しかも歩いて行ける範囲内に集中しているので、巡りやすいことも大きな魅...
住人数たった17名の限界集落に、なんと100名以上を集めるというイベントを企画し、見事に大成功させた人たちがいる。なぜそんな企画をしたのか、成功の秘訣はな...
遠い、だから美味い。芋焼酎の銘柄で知られている「霧島」の地に、宮崎を訪れた友人を必ず連れて行く手打ちそばのお店がある。宮崎と鹿児島の県境、霧島で営業するそ...
鹿児島県の小さな離島、上甑島(かみこしきじま)。さまざまなテレビの撮影地としても話題に上がることが多いこの島は、四方を海に囲まれていて漁業が盛ん。そして秋...
青い空と、青い海。でも、いわゆるリゾート観光地ではなく、漁業を暮らしの中心に置いた、営みの美しさが残る島。早朝に帰ってくる漁船、漁港でじゃれ合う猫、畑仕事...
みなさん、こんにちは!「CAMPFIRE×LOCAL」の菅本香菜です。副業では旅するおむすび屋さん「むすんでひらいて」としても活動しています。”シャッター...
タイフェスやアイルランドフェスなど国際イベントが多く開かれているイメージの代々木公園。しかし「和」のフェスもありますよ!6月16日より「大江戸和宴 〜大江...
日常は楽しくするのは意外と簡単。たとえば、今回『モノの見分け方事典』から紹介する7つのコトの見分け方を知っているだけでも、今以上に充実した生活が過ごせるの...
インド出身で、現在はニューヨークに住むというライター、Nikita Mahtaniさん。彼女が自身の経験を綴った手記が、「Elite Daily」に寄稿さ...
スコットランドの海に、新しい主人を待つ11万㎡の島がある。ポツリと佇む真っ白な灯台が映える。そのふもとには、白で統一された小さな家。けれどこの島には、住ん...