今となっては訪れることのできない「幻の世界遺産」。

「シリア」と聞くと、どんなイメージが浮かぶでしょうか?

おそらく「怖い」「テロ」「内戦」「イスラム国」といった辺りでしょう。ニュースで見ない日がほとんど無いくらい、聞こえてくるのは悲しい話ばかりですから。

ですが、エジプト特派員時代を含めたこの20年、中東の様々な国を見てきた僕に言わせれば、心優しい人々に接した機会が一番多かったのがシリアだった気がします。

かつて、といってもほんの5、6年前まで、世界をまわるバックパッカーにとって、シリアは中東で欠くことのできない国でした。レバノン→シリア→ヨルダン→イスラエルという定番ルートを歩んだ旅人も少なくないでしょう。

今回は「本当はそんな国ではなかったのに…」という思いを抱きつつ、僕のアルバムに残る「今となっては行けないシリアガイド」をお届けしたいと思います。

砂漠のど真ん中に広がる
巨大な都市遺跡

C542a927d4dff1b57f52f6606d5bfb6cba80906f

シリアに観光で行くと、現地の人からは大抵「パルミラはもう見たか?」と言われたものです。日本でいう京都的な存在といえば分かりやすいかもしれません。

シリアのちょうど中央あたり、砂漠のど真ん中にあるのがパルミラ(アラビア語ではタドモル)です。周りには、本当に何もなし。ここには紀元前3世紀から続くローマ時代の都市遺跡が、世界遺産として丸ごと残っていました。

C2fde8cb1708edc8f982071682c81536a533134bBb32597d1a251529e92716d1636e40a9ed6712a6E6ec3c740a4786de385fb3eb7819e245f781a362

首都ダマスカスから砂漠の中を車で走ることおよそ3時間。パルミラの入り口、バックパッカー目当てのホテルやレストランが並ぶ大通りに着きます。 パルミラはオアシスに接した人が住む街と、都市の遺跡、それに郊外に点在する塔墓、さらに街全体を見下ろす丘の上に立つ「アラブ城」から成り立ちます。

心から思う。
「内戦さえなければ…」

5209cc3bb6626b182f423d14479f56be62f9813b

遺跡ゾーンに入ってまず目に入ったのがベル神殿です。舗装道路があるのはここまで。この先には、ほとんど手付かずのローマ時代の都市が広がっていました。

僕が初めて訪れたのは1996年、それから10年経って再訪しても何も変わっていませんでした。内戦さえなければ更にこの先何十年、いや100年以上、変わらぬ姿を残していたのではないかと思います。

9542320041249156d3dec89b18eba928b3095eeaDb27c38c0339be49c1c70d6ab0752d55a4d9df7f

ベル神殿から列柱道路と呼ばれる柱が並ぶ、メインストリートが続きます。この辺りはガイドの乗ったラクダが時折行き来する程度で、本当に手付かずで遺跡に触れることが出来ました。

石畳の先に残っていたのが「四面門」というパルミラ遺跡の見どころの一つです。さらにその脇にはローマの円形劇場が広がっていました。あちこちに残る住宅跡や浴場跡を歩き回っていると、古代ローマ帝国の時代に、シルクロードを越えてきた旅人や、パルミラの人々の暮らしが目に浮かぶようです。

0be28909b7ca5ae91c88757588302b23886ea0882514df938304da65a9caac736b5444ec780a10098f6e0a9eb5b4f1ed41bb970bcfb8651b6fd5c055

パルミラ観光では、日差しのまだ弱い午前中に神殿や四面門、円形劇場などを歩いて見て回る。そして、太陽の照りつける日中は、遺跡の中にあるホテルや街でランチを取りながら一休み、日が弱くなる夕方に、ガイドの運転する軽トラの荷台やタクシーに乗って、郊外の塔墓を幾つか巡るのが定番でした。

決して忘れられない
砂漠と夕日

210d2005628f77f59f0119d303148897d8df26ba6fadf03fd3533e24a19470e1725a9222c2205840

遺跡巡りのハイライトが「アラブ城」。

夕方、日が沈む前に丘の頂上の城を目指しました。車でも登れますが、やっぱり徒歩がベター。岩肌を歩いて登り、振り返ると街の先、遥か遠くまで見渡す限り岩の砂漠が広がる景色は、今でも決して忘れられません。

日の沈む頃、城壁には多くの観光客が足を投げ出して座ります。僕も一緒になって、壁の色をオレンジ色からダークブルーに変えながら地平線に沈む夕日を眺めたものです。

2cd6b8593c6b4b301f650c229edd0b2d4dd70976D9aa3cd165036f7cca510b8d8d06c99ae288fda2Ed39c9108042acd02dfcdac070204e466f7066a6

さて、2017年のパルミラはどうなっているのか──。

どうやらここまで紹介してきた写真の光景は、遺跡の「末期」の写真となってしまったようです。シルクロードの時代から東西・南北の砂漠の交易路の要衝だったパルミラは、現代でも同じく戦略的な要衝であることに変わりなく、そうであるが故に都市の遺跡は破壊されることになってしまいました。

2015年にイスラム国が制圧したあと、円形劇場は彼らに反抗する市民が連れてこられ処刑場と化したといいます。イスラム国の戦闘員が立て籠もったアラブ城も、激しい戦闘に晒されました。ベル神殿や四面門なども破壊され、2000年以上の歴史に幕を閉じました。その後、ロシアの支援でシリア政府軍が一時、パルミラを取り返したものの、去年の暮れに再びイスラム国が侵入。今年に入ってようやく解放されたと伝えられています。

また自由にパルミラの遺跡を歩くことが出来るのは、いつの日になるのでしょうか。

ミシュランガイドに載るほど外国人人気が高いという島根の世界遺産・石見銀山。今年で世界遺産登録10周年を迎え、日本の産業を支えた重要な世界遺産でありながら、...
学生時代からこれまで53カ国をまわり、独立した現在も仕事をしながら国内外を飛び回っている筆者。忘却の彼方にあった旅の記憶をひっぱり出して、様々なテーマで「...
2016年3月、マリーナベイ・サンズのアートサイエンス・ミュージアムに、1,500平米もの巨大な常設展示「FUTURE WORLD: WHERE ART ...
次にいきたい旅行先はどこですか?もし決めかねているならば、エチオピアがオススメです。「Quartz」によると、エチオピアが世界で最もいきたい場所に選ばれた...
001 大陸:南米002 国名:チリ003 都市名:バルパライソ004 日付:2012,05,07「湾を囲むうっとりするような夜景」About the C...
2014年に世界遺産に登録された「富岡製糸場と絹産業遺跡群」をわかりやすくご紹介。
青森県と秋田県にまたがる「白神山地」。21年前に日本初の世界自然遺産に登録された、言わずとしれた日本が世界に誇るブナ原生林がそこにある。8千年前の縄文時代...
 その遺跡は突如として現れる。イスラエルの隣国、ヨルダンにあるペトラ遺跡。ペトラとは、ギリシャ語で崖を意味する。この遺跡は、映画『インディ・ジョーンズ ...
学生時代からこれまで53カ国をまわり、独立した現在も仕事をしながら国内外を飛び回っている筆者。忘却の彼方にあったこれまでの旅の記憶をひっぱり出して、様々な...
ユネスコ(国連教育科学文化機関)は、上野の国立西洋美術館を世界文化遺産として登録したと発表しました。これはフランスの建築家、ル・コルビュジエの建築作品を7...
“アドリア海の真珠”と謳われる、ドブロブニクの旧市街。クロアチアを訪れる観光客の最大の目的地がここだろう。でもここはイストリア半島西岸に位置する小さな漁港...
世界遺産の上賀茂神社には、神によってもたらされた名水が流れています。その名前は「神山湧水(こうやまゆうすい)」。手水にも使われるこの名水を使ったオリジナル...
米旅行情報誌『Condé Nast Traveler』が主催する「世界最高の島」。およそ77,000人の読者から選ばれた、2015年最も美しい島が決定した...
世界最大のサンゴ礁「グレートバリアリーフ」と言えば、オーストラリアにあるスキューバダイビングスポットとして有名な観光地の一つ。エメラルドグリーンの海の様子...
2015年8月2日。京都市内で、和と洋の“極上のコラボレーション”が行われていたことを、あなたは知っているだろうか?舞台は世界遺産・清水寺。1,200年以...
海外旅行が好きだけど、どうしても定番のところばかりに…。確かにガイドブックに掲載されるたくさんの観光スポットは、ハズレもなさそう。でも、たまには人と違う旅...
中国四川省の奥地に、透き通った水が流れる美しい渓谷があります。ユネスコ世界遺産に登録されている九寨溝(きゅうさいこう)。透明度120%コバルトブルーの湖面...
比較的安価でありながら殺傷能力が高いことから「貧者の核兵器」と揶揄される化学兵器。その非人道性から大量破壊兵器のひとつとして使用が大きく制限されています。...
誰もが知る世界遺産、グレート・バリア・リーフ。壮大な景観に加え、ダイビングやシュノーケリング、グラスボトムボートでの珊瑚鑑賞、セスナ機に乗っての遊覧飛行な...
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...