楽になると思い、命を絶とうとした。その後のリアル。

SNSで、ある1枚の写真を見つけた。男女が幸せそうに微笑んでいるもの。どこにでもあるカップルの写真、最初はそう思った。

でも、添えられていたコメントを読んで、「えっ?」と目を細めてしまった。

1d397986785f1f27e219dc32072d37760c448846

「これは、鬱病を抱える私が家にいる時の姿です。私は、屋根裏部屋で首を吊ろうとしたことがあります。その時、板が壊れて家族が気づきました。毎日が戦いです。夫は全力でサポートしてくれますが、どうしてでしょう、ココから抜け出せずにいるのです」

「自分に価値がないと感じることは辛いことです。そして、家族の負担になっている自分も大嫌いです。(中略)『私が居なくなることで家族は楽になるだろう』と思う自分もいれば、『価値を見出だせる人になれば良いのだ』と思う自分もいます

それほど大きな悩みはなく、恋人と順風満帆な生活を送っているように見えたZoe Vanmeterさんの写真。極限に達した彼女の苦しみは、表面にハッキリあらわれなくても心の奥で渦巻いていたのかもしれない。

生き残った人間が言えること…
「自殺を図った瞬間、後悔した」

柔らかな表情をしたZoeさんから出た言葉に、少なからず私は衝撃をうけ彼女に連絡を試みた。すると思わぬ返答が──、

「自殺で命を絶った人には、自分自身が下した決断が正しかったかどうか話すチャンスは与えられません。生き残った人間として言うと、私は自殺を図った瞬間、後悔しました。他に選択肢はないと思っていたからこそ、その決断に至ったわけですが…」

「問題はまだ解決していないし毎日苦しいけれど、今は他の道もあると理解しています」

苦悩するなか、“残された選択”を実行しようとしたZoeさん。予想とは違う結末をむかえたが、それまでとは違う景色が今は見えているようで。

「鬱病」「自殺願望」とひと口に言っても、これらに結びついている個々の問題はとても根深いものがあるだろう。それを承知のうえで彼女の言葉を紹介したのは、未遂と言えど実行に移したことがある人が、「後悔」という言葉を口にしている事実を伝えずにはいられなかったから。

「今は他の道もあると理解している」という彼女の言葉を聞くと、“底なしの闇”は永遠に続くわけじゃないのかもしれない。

Licensed material used with permission by Zoe Vanmeter
これまでメンタルヘルスの記事を書く度に、実は気になっていたことがある。啓発団体やキャンペーンなどが、「何かあればココへ」とサポート団体やコミュニティーに繋...
ここに紹介する一風変わった写真は、鬱病と診断されたあるカメラマンが撮影したセルフポートレイト。この心の病を患うと、物事がどう見えるのか?これらの写真を通し...
SNSのプロフィール写真って、やっぱりこだわりたくなりますよね。角度を工夫したり、加工してみたり…。でも、自分で「これが一番いい!」と思っても、意外と他の...
「男らしくなければ」という意識に苦しんでいる人は多いかもしれない。言葉にせずとも、自分や相手に同じような思いを要求する瞬間はある。アイルランドのラグビーチ...
昨日の夕食は何を食べましたか?そして、今日の夕食は何を食べますか?SNSにはおしゃれなディナーや手の込んだ手作り料理の写真が並んでいるけど、みんながみんな...
9月10日は「世界自殺予防デー」です。日本の自殺率は世界でも高いなか、私たちには何ができるのでしょうか。アメリカの自殺予防団体が挙げる自殺のサイン。これを...
Facebookが、自殺防止のための新機能を追加することを発表した。自殺の可能性を感じるような投稿を発見したり、他の人からレポートがあった際には、メンタル...
「鬱病=黒い犬」心の病を患っている人の精神状態や葛藤を、犬になぞらえて表現した動画があります。たとえるならば、鬱病は「黒い犬に体を乗っ取られたようなもの」...
人生、このままじゃダメだとわかっていても、一度ネガティブ思考のスパイラルに陥ってしまうと、そこから抜け出すのは簡単ではありません。ここでは「Elite D...
旅の醍醐味の一つは、自分の日常とは違う、その土地の「リアル」を知れること。だから、民泊をして現地の日常を覗いてみたり、地元のスーパーで食材を調達してお料理...
英語で「I have butterflies in my stomach=お腹に蝶々がいる」は、緊張している状態を指す。自らをフォトアーティストと呼び、ニ...
日本発祥の民間療法として、欧米を中心に海外で関心を集める「Reiki(レイキ)」。その、レイキマスターBrett Bevell氏の言葉を借りれば、健康に生...
政治や行政への参加方法として、インターネットを利用するケースはここ数年で急速に一般的になってきています。例えば、日本でもニコニコ動画で政治家の話を聞いて、...
ところ構わず、SNSで恋人とのラブラブ度合いをアピールする人たちに向けた「Higher Perspective」の記事をご紹介。本当に絆の強いカップルは、...
毎週、平均3人が自殺している。これはオーストラリアの先住民、アボリジニの話。特に若い男性の自殺率は、世界的に見ても高いんだそう。そんな問題を「アプリ」で食...
心理学を教えていた元高校教師でもあるライターAndrea Shulman氏は、科学的な視点で様々な情報を紹介する「Expanded Consciousne...
たとえ職場を変えても、新たな街に移り住んだとしても、ネガティブな人というのは必ずいて、あなたに付いてまわります。周りを変えることはできないからこそ、ポジテ...
タフで、ストイックで、屈強。オーストラリアでは、男たちは生まれながらにしてこうした男性像が付いて回るそうだ。恐怖を前にしても笑顔を絶やさず、人生がぐらつく...
「Higher Perspective」にポジティブに生きるための5つの習慣が掲載されています。自分をネガティブだと捉えている人たちの中には、前向きになり...
大切なのは「上手に使うこと」。なんて、もう聞き飽きてしまった人も多いでしょう。けれど、SNSの闇に飲まれてしまう危険性は誰もが抱えていること。スタンフォー...