パリで「本物のパン屋」を見分けるための豆知識(外観編)

日本ではフランスパンと呼ばれて親しまれているバゲット。これは、私が暮らしているパリでも、もちろん日常的に食べられているもの。だからフランスには街のあちこちにパン屋があります。中を覗いてみると、バゲットやらクロワッサンが積み上げられていて、パンの焼ける良い香りが漂ってきます。

旅行中、そんな香りに誘われて「そうだ本場のバゲットを食べてみよう」と店内へ、なんてこともあるのではないでしょうか。

でも、ちょっと待ってください。

そのお店、「本物のパン屋」ですか?

C93b5226cacae5cf72532200ab60668ef9a965dd

実は、解凍したパンが並んでいる、なんてことがあるかもしれないのです。さらに、クロワッサンやパン・オ・ショコラのような、ヴィエノワズリーと呼ばれるいわゆる菓子パンに分類されるものに関しては、売られているものの25%から50%が冷凍モノ、という調査結果も…。

ここで、少し複雑なフランスの「パン屋事情」について紹介しましょう。

フランスでは勝手に「パン屋」を名乗ってはいけません。97年以降、パン屋という意味の「ブランジュリー(Boulangerie、Boulanger)」という看板を掲げるためには、パンをイチから作っていなければならない、という法律が存在しています。まあ、当たり前といえば当たり前ですが。

そもそもイチから作る、とはどういうことなのでしょうか。具体的には、

①生地の捏ね
②発酵
③成形
④焼き

の4つの工程を指します。これらをすべて自分のお店の中でおこなったうえ、それを店頭に並べているところだけが「ブランジュリー」と名乗ることができる、というわけです。

ちなみに、一つ豆知識を。

フランス発のパン屋で日本でも有名な「Paul」ですが、フランスの店舗の看板には「Boulangerie」とは書かれていません(日本の店舗には書かれています)。すでに成形されたものが工場から各店舗に送られ、店舗では焼くだけ、という仕組みだからです。他にも、冷凍で届いたものを自分のお店で成形から焼きまでをする、という場合もありますが、いずれも「Boulangerie」と名乗ることはできません。

いつの日か、フランスで立ち寄ろうとするそのお店が「本物のパン屋」かどうか。入る前に看板を見て、「Boulangerie」の表記の有無を確かめてみてください。

 

※明日は「店内編」をお届けします!

Reference:Libération
フランスを旅行中、イイ香りに誘われて「そうだ本場のバゲットを食べてみよう」と店内へ、なんてこともあるのではないでしょうか。でも、ちょっと待ってください。そ...
「食」をテーマにデザインするテキスタイルブランド・gochisouのデザイナー、坂本あこさんが、東京代々木上原エリアの伝説的パン屋「ルヴァン」のパンを、テ...
焼きたての香り、食感、溢れる旨み。ハムや玉子など、あらゆる食材と相性がいいパンは、無限の楽しみ方を秘めています。東京・渋谷界隈の、サンドイッチが美味しいパ...
誰もが足を運ぶ観光名所が数多ひしめくパリ。ガイドブックに載っているお馴染みの風景に出会えることは、間違いなくこの街を訪れる醍醐味だ。でも実は、どこを歩いた...
みなさんもきっと食べたことのあるフランスパンとバゲット。どちらもさくさくとした食感の縦長のパンで同じように思われますが、両者は微妙に違うのです。でもその違...
シンプルで潔ぎよい。東京・浅草にある老舗パン屋「ペリカン」には、たった2種類のパンだけ。食パンとロールパン。それは、ずっと変わらない。それでも、焼きあがっ...
近頃よく目にする、世界の様々な街のタイムラプス動画。ここでは花の都・パリが舞台です。登場するのは、ルーヴル美術館や凱旋門など、いわば王道の観光スポットばか...
フランス人グラフィックアーティスト(Vahram  Muratyan)は、パリとニューヨーク(NY)を股にかけて活躍する人。一年の半分ずつを2都市で住み分...
人口約24万人(都市部全体だと約114万人)、フランス第5の地方都市ボルドー。この町を歩いていて感じるのは、若い人が多くて活気があるということ。それもその...
子供が生まれたことををきっかけに、家族とともに東京から大三島に移住した小松洋一さんは、島の名産であるみかんを使った「みかん酵母パン」作りに励んでいる。大三...
「パンプシェード」は本物のパンをくり抜いてコーティングした「パンライト」。間接照明にもぴったりな味のある仕上がり。廃棄をみるのが耐えられないというアイデア...
人気パンのひとつ、メロンパンを自宅で簡単に作ることができる「メロンパントースト」をご存じですか? 材料はバターと砂糖、そして小麦粉。これらを混ぜて、塗って...
テロの情報を様々なメディアが伝えるなか、 SNSでは事件のことを知った世界中のユーザーから祈りのメッセージが送られています。なかにはハッシュタグ「#Pra...
華の都パリ──なんて呼ばれるように、キラキラしていて華やかな面もたくさんあります。でも、それは外側から見るパリの一面にすぎないんじゃないでしょか。パリに住...
パリから北西フランス、または南フランスを巡る旅に出発し、その模様を動画で伝える。現在、そんなフランス旅行の「公式レポーター」を募集するキャンペーンが展開さ...
フランスのイメージは、ロマンスの国。多くのプロジェクションマッピングを手がける、Julien Nonnonの新作もまた「やっぱりパリって、愛の街なんだ」と...
子どものころ、大好きだったアニメにこんなシーンがあります。山小屋の朝、あたたかい炎でチーズをあぶって、黒パンの上にのせる。ゆっくりとろけていくチーズがほん...
シアトルで「I Love Coffee」(こちら日本語版)というサイトを始めて、もうすぐ5年が経ちます。コーヒーのサイトを運営していると、やっぱりコーヒー...
1803年に創業したフランス・パリの総合美容薬局、『OFFICINE UNIVERSELLE BULY』。夏にオープンしたパリの2号店では、おにぎりを食べ...
パリの一角に突如現れた、ポップなカラーに彩られた空間。よくよく見てみると…なんと、バスケットコートのようです。このアートを手がけたのは、フランスのファッシ...