ペット・ロスが飼い主の命を奪う?「ブロークン・ハート・シンドローム」

無意識のうちに、私たちは、自分たちのことを永久不滅の存在だと思いながら生きています。「自分には関係がない」という考え方は、私たちが単純だというよりも、むしろ悲劇の死を受け入れられるようになるまで、苦痛とつき合っていくための対処方法なのでしょう。しかし、残念なことに、誰かの死というのはいつかは経験するもの。

ぐちゃぐちゃになり、悲しみ、そして、前へ進む。というのがほとんどですが、中にはその悲しみに耐えられない人もいるのです。実際にその悲しみが重くなりすぎて、心が折れて死んでしまうことだってあるのです。科学的には、ブロークン・ハート・シンドロームと診断され、心が痛くて亡くなったという人は多くいます。

Bf8cec23653e1c6766a2689d9180aaa86d522e64

米国心臓協会によると、ブロークン・ハート・シンドロームは、ストレス性心筋症たこつぼ型心筋症とも呼ばれ、死や離婚、失恋や裏切り、または恋人からの拒否など「心理的にストレスの多い出来事により引き起こされるストレスホルモンに対するリアクション」だと言われてます。私たち人間にとって、愛着が湧くのは自然なこと。愛する人は自分の一部であり、人生を過ごすうえでとても大切な存在になった誰か、もしくは、何かがいなくなってしまうと、自分たちの大きな部分も一緒に無くなってしまう。

そう語るのは「Elite Daily」でライターをするJulia Guerra。ここまで読んでみて、心あたりがあるという人も多いはず。場合によっては、死に至るともいわれる症状のメカ二ズムを紐解いていきましょう。まずは、愛するペットの死が原因で、実際にブロークン・ハート・シンドロームになった女性のストーリーから。

愛犬を失った女性のケース

9c566a8c5565e8f1e03b06a26ac3a3dffa488db7

The Washington Post」によると、61歳のジョニー・シンプソンは、ある朝、典型的な心臓発作の症状が出て、近所のテキサス州ヒューストンにある病院の救急救命に運ばれたそうです。そこで彼女は、ブロークン・ハート・シンドロームと診断されたとのこと。シンプソンによると、彼女の飼っていたヨークシャーテリアが亡くなってから間もなく、体の不調を感じるようになったようです。

社会的に上手くできない性格の私と友人は、いつも人間より動物と一緒にいた方がよいと話しています。でも、そんな冗談の中にも真実はあり、ただ可愛がるための猫や家を守るための犬としてだけでなく、動物が家族の役目を果たしているのは珍しい話でもありません。私たちは、配偶者や兄弟、子供などと同じようにペットを大切に愛でるもの。だからこそペットを失った時は、人が亡くなった時と同じくらい悲しみに打ちひしがれるのです。

シンプソンは、ワシントンポストにこう語っています。

「子供たちは巣立っていて、犬だけが小さな娘でした。だから、堪えがたかったんです。例えるなら、レンガの様にずしりと重く感じました」

高齢者に多く見られる症状

55b5e91dd181f61b7c1abaa00f61af7a252af83e

映画『君に読む物語』のラストシーンのように、配偶者が亡くなった数週間後、数日後、数時間後に亡くなった人の話を聞いたことがあるかもしれません。

ウィスコンシン・マディソン大学で社会学の准教授を務めるフェリックス・エルワート博士は、次のように「Healthline」へ語りました。

「ブロークン・ハート・シンドロームという現象は、社会を映し出すものであり、配偶者から死が“うつる”ようでもある」

論点とはズレているかもしれないですが、個人的には死が風邪のように「うつる」ものだというのには確信は持てません。

しかし、どうやら、ブロークン・ハート・シンドロームというのは、150年以上の研究にもかかわらず、医療関係者の頭を悩ませる種となっているようです。エルワートによる研究では、喪失感に溢れて死ぬというのはとてもロマンチックではあるけれど、同時に年金で生活できるかどうかなどの金銭状況や、夫婦のどちらか一方が主に世話をしていた場合の物質的な負荷、さらには、肉体的および心理的なストレスなどにも原因があるかもしれないと報告されています。

ハッピー・ハート・シンドローム

Eb167dcbdbcb2de200fd14a727e89adb361518b6

2017年6月、雑誌「Circulation」に掲載された記事によれば、圧倒されるほどの幸せな感情も心臓発作のような症状へとつながるそうです。これは、ハッピー・ハート・シンドロームとして知られています。

さらに、「European Heart Journal」の2016年3月号に掲載された研究は、興味深いものでした。研究者たちは1,750人のブロークン・ハート・シンドロームの患者を、強い喜びを感じて症状が出た人と強い悲しみを感じて症状が出た人とを比べました。そして「幸せな出来事と悲しい出来事における感情のたどり着く先は同じである」と結論付けました。言葉を変えると、究極の悲しみと究極の喜びは同じシンドロームを引き起こすということです。

イリノイ州にあるノースウェスタン・リージョナル・メディカルグループで、心血管疾患を専門に扱っているチンタン・デサイ医師は、研究者たちがブロークン・ハート・シンドローム、及び、ハッピー・ハート・シンドロームは共にアドレナリンやそのほか関連性のあるホルモンにより引き起こされるという結論に至ったと「US News Health」に語りました。

身体だけでなく、内面的にも、何が起きているかに気を配ることはとても大切です。私たちのメンタルヘルスと深く根づいた感情というのは、身体に多大なる影響を与えるもの。だからこそ、感情があふれ出てきそうになった時を認識して、健やかで効果的な対応方法を客観的に理解することはとても大事なことなのです。

Licensed material used with permission by Elite Daily
人々にとって動物の面倒をみて、家族の一員として受け入れるのは、珍しいことではありません。しかし、ペットによるセラピーは、うつ病や不安症で苦しんでいる人々に...
肉を買うときは、切られて並べてあるものから選ぶのが一般的。でも、この「TOKYO COWBOY」はそうしたスタイルに一石を投じます。コンセプトは「あなただ...
飼いはじめたばかりのペットが新しい環境や家族に慣れるには、それなりの時間が必要ですよね。とくに日中、家で独りぼっちになる時間が多ければ多いほど、心配事は尽...
アメリカ・ニューハンプシャー州にあるアニマルシェルター。ここでは、ペットに食事を用意できないほど貧しい家族や高齢者に、ペットフードを寄付していました。しか...
「ペットはだんだん飼い主に似てくる」 本当かそれとも嘘か。どこかで聞いたことがあるようなこのセリフ。人間の子どもでもあるまいし、飼っているうちに犬が飼い主...
ひし形、おも長、タマゴ型。人によって、顔の輪郭はじつにバラエティに富んでいます。顔の形を見ただけで、その人の「性格が言い当てられる」と豪語するのは「Lit...
 9月15日は敬老の日。でも昔といまでは、かなり「老」という言葉のイメージが変わってきている。昔の「老」は、こうだった。年を重ねて落ち着き、若いころの夢は...
喘息(ぜんそく)が完治できるかもしれない。「サウサンプトン大学」の最新の研究調査で喘息の根本的な原因とみられる遺伝子が発見されたからだ。これまでの吸入ステ...
野外フェスが本格的にシーズンインするこれからの季節。ライブ好きのみなさんを「科学のチカラ」が後押ししてくれそうです。Science alertの記事による...
絶滅危惧種に指定されているジャイアントパンダ。彼らは、少なくとも13種類の鳴き声を使い分け、コミュニケーションを取り合っていることが判明。“パンダ語”を解...
「幸せ」。古来より論じられてきたテーマについて、ハーバード大学が科学的に研究するセンターを設立しました。もちろん、闇雲に追いかけるわけではありませんよ!「...
ひとり暮らしの何が大変かって、そう、メシですよね、メシ。外食ばかりだとカロリーや栄養バランスが気になるし、自炊しても食べ切れなかったりしてもったいないし、...
犬や猫との暮らしにある、何気ない「あるある」をほんわかしたイラストで綴る、ロシア在住のイラストレーターLingvistovさん。そんな彼女のクリスマスバー...
「UPLIFT」で、ライターのJacob Devaney氏がヨガをすることはカラダの痛みを和らげるという記事を書いています。氏曰く、ヨガや瞑想など精神を大...
「寝たきり」という言葉は、日本の高齢化が進むにつれて、どこかタブーのような扱いになってきました。たとえば「大変そう」「介護がきつそう」といったネガティブな...
ネコって可愛くて、ふわふわで、たまにびっくりするような珍行動をしたりして・・・あぁ~!たまらなく癒される!そんなネコファンのみなさんに嬉しいお知らせ。実は...
どんな仕事にだって、ストレスはつきもの。クライアントの無茶ぶりや、長時間労働、感情的なトラウマなどなど、多くの人がストレス解消法を持ってなんとかやり過ごし...
運動するおじちゃんおばあちゃんの動画なのだが、みんなすごいパワフル・・・!動画は中国のとある公園の朝の様子を捉えた物だが、その様子は若者よりもエネルギッシ...
何も言わず、でも全てをわかってくれているような。そして、寄り添うと感じる安心感。ペットとの絆は「家族以上だ」という人もいるほどです。同じ景色を眺めていれば...
自分のペットを「うちの子」と表現するほどに溺愛している飼い主のする変な行動8選。お揃いの服を着せたり、携帯のデータいっぱいの写真だったり、途切れなく会話を...