「スマホから離れる=アフリカに木が増える」という優しい革命。

2014年に中国ではじめてリリースされた『Forest』は、スマホ依存症になることを防ぐためにつくられたアプリ。

日本でも注目を浴びていて、App Storeのランキングで1位になっていたこともあるから、使ったことある、持ってるよ、という人も多いと思います。と言っても、ひと通りブームが過ぎてしまい、最近ではめっきり聞かなくなってしまっていたので、「なんだっけそれ?」という人のために、まずは簡単に説明を。

スマホから離れると、
アフリカに「木」が増えます。

まずは10分〜120分の間で、自分が「スマホを触らない」と決めた時間を設定します。最初に映し出されているのは、この小さな新芽。

今回は、60分で設定しました。スタートを押すと「Go back to your work!」とメッセージが。言語設定で日本語にも出来るので、「携帯見ないで、他のことをしな」「仕事をしなさい!」と、誘惑に負けそうになると喝が入ります(笑)。

1ca93c48b53e1ff4074f51e630f2116dcbdcc2f4

設定した通り、1時間スマホに触れることなく達成すると、こんなふうに新芽から立派な木になるのです。そしてご褒美に、左上に表示されるコインをもらえるのです。

Ab8d6df55da93d3f0853b3051dd62a4517c0b801

もし誘惑に負けて時間を達成する前に触ってしまうと、成長途中だった木が、一瞬にして枯れてしまうという悲しい状態に……。

18b4195ed263246ecc2741feac94ad8ad75f8c92

これだけの機能だったら、ダウンロードして3日もすれば飽きてしまう人も多いと思うんです。育てるにしても、世話するたびに懐いてくれたり、おしゃべりできるようになる<わんこ育成ゲーム>のほうが癒されるし。

でも、タイトルの通り『Forest』はそれだけじゃない。

コインを2,500枚獲得すると、実際にインドやザンビア、アフリカ諸国へ送る「木」と交換できるのです。依存症や、歩きスマホの事故を防ぐ、自分のためだけではなくて、それが世界の誰かのためになる。

あらためて、シンプルだけど能率的なアイディアですよね。

5de8785439ad05f7a6d5fd261b7ec746b6056726

画像では、全ユーザーから7,540本の木が植えられたと表示されているけれど、2017年11月現在では、なんと20万本を突破しています!

11月13日は、日本人が制定した
“世界への優しさを考える日”

C2b6d16f7aa7aac9129ee5f61fd464b2d5fd0a40

何年も前にリリースされたアプリを、どうしてこのタイミングで紹介するのか?という答えがこれ。11月13日は、より親切で思いやりのある世界を築くことを目的としてつくられた、「世界親切デー」なんです。

365日のなかで、いつもより少しだけ他の人への優しさについて考えてみる。20年前、そんな1日をつくろうと世界に提案したのは、じつは日本人だった!大きなムーヴメントにするために、各国の団体に声を掛けることから始まり、今では30ヶ国以上が加盟している<World Kindness Movement>という組織になっています。

日本人が中心となって国際的に制定した「親切の日」に、いつもの生活空間にいながらも、なにか世界にできることってないのかな〜と考えてみたときに、浮かんできたのが『Forest』。

特別大それたことではなくて、<スマホ依存を防ぐため>というコンセプトのライトさもいい(笑)。自分のためであり、誰かのため。使うのは誰もが持っているスマホだし、10分で始められるんだもの。


App Store / Google Play

 

Licensed material used with permission by Forest,
この発想はなかった!いま海外で、想像の斜め上をいく「iPhoneケース」が大きな話題となっています。それは…「EYE」は、Androidのスマートフォンを...
スマホ依存が家族に及ぼす影響をシニカルに捉えた広告作品「Phone Wall」を紹介します。中国の心理学研究所が広告会社に制作を依頼したもの。急速に発展す...
たった1日。スマホを触らずにいるとどうなるのか。ライターのBlair Thillが具体的に自身の体験を記録しました。内容は、電池切れになったときに起きるよ...
10年前に比べて、私たちの生活を一変させるほど便利にしてくれた一方で「つながりすぎ」に疲れてしまった人も多いのでは?そうです、スマホの話です。ひとりの時間...
通信機能がついており、スマホとの距離が一定を超えるとアラートを送信してくれる。そんな「財布」が話題です。いつもうっかりモノを置き忘れちゃうあなたにとっては...
スマホのサイズが大きくなってからはバンガーリングや、チェーン付きケースのように、+αで工夫するアイテムも増えているけれど、YANKO DESIGNの「スマ...
FacebookやTwitter、毎日見ないと気が済まない。いま、自分が「そうかも…」と思った人、チャンスです。このビデオを観てください。自分のしてきた事...
いまやスマホでお湯が沸き、炊飯器にタッチするだけ自分の好みのお米が炊ける時代。家電がネットにつながり、暮らしがどんどんスマートになってきた。けれど、値段だ...
海外を旅行するとき、盗難には注意が必要。たとえばスマホを無防備にポケットに入れていては、スルッと盗られてしまう可能性大です。この「C-Safe™ Pock...
今やスマートフォンをはじめとするモバイルデバイスの所有率は、1人1台と言っていいほどにまで普及している。そんな中、イギリスの研究機関「The London...
現在、世界の人口は約72億人。そのうちの約60億人が持っているとも言われるケータイ電話。水洗トイレを使っている人が45億人であることを考えると、爆発的な普...
小型軽量化が進むドローン技術ですが、それでも尚サイズや重量、さらには価格がボトルネックにありました。これら全てを一度に解決してしまう、画期的なドローンが誕...
今や北京では、スーパーやショッピングモール、レストラン、カフェはもちろん、生花市場の中ですら、スマホ決済ができます。なかでも中華SNSアプリ『WeChat...
スマホも使い方によっては、いろいろなリスクがあるもの。事故、健康、人間関係にも影響することはなんとなくわかりますが、ここでは「Little Things」...
もしも、スマホを盗まれてしまったら?画像や個人情報を見られてしまうなど、様々なリスクが予想されます。オランダに住む映画学校の学生、Anthonyさんも過去...
「アフリカ」と「着物」。一瞬考えただけではとても合いそうには思えない組み合わせですが、なるほど、見れば納得。ただ奇抜なだけではなく、アフリカの伝統的な柄と...
車に乗る人なら、こんなやりとりをした経験があるかも。「すみません、ちょっと電気を分けてもらえないでしょうか。バッテリーが切れてしまいまして…」そんな時は、...
〈OUTDOOR TECH.(アウトドアテック)〉のポータブルバッテリー「KODIAK MINI 2.0」です。容量は2,600mAh。スマホで約1.5回...
なぜかいつもスマホの液晶がバッキバキの人っていますよね。注意しているつもりが、うっかり落としちゃって…。気休め程度に保護シールを貼っていても完全に防ぐこと...
寝る前に、ベッドの中でスマホを使っていませんか?実はこの行為が、カラダにはとても悪いそうです。「I Heart Intelligence」でライターのDh...