名言のように心に響く、あのセリフ。「みんなの映画100選」。

映画が世に誕生して100年以上。無声だった映画に音声が加わってからというもの、どんな作品にも忘れがたいシーンとセリフが登場してきました。

『みんなの映画100選「あのシーン」「あのセリフ」』(株式会社オークラ出版)は、そんなシーンとセリフにまつわる本。もしかしたら、絵本という表現の方が正しいのかも。

人物の特徴を絶妙に捉えた線画は、イラストレーター長場 雄によるもの。そこに映画ライターの鍵和田啓介が添えるセリフ、さらに解説。抜群の相性をみせるシーンとセリフ。聞けばこれ、2人が好き勝手に抜き出したものだとか。「そうそう」も「ツッコミ」もオールOK!ゆえに「みんなの映画」ということだそうですから。

あ〜、帰りにレンタルショップに寄るか、Netflixで検索しようかな。

01.

336907ae9e9299f7c7c68ef808dae638d0c93464

あなたはどこも劣ってない。非凡なだけだよ。

──『シザーハンズ』

02.

キャリアは20世紀の遺物だ。

──『イントゥ・ザ・ワイルド』

03.

彼らは個人の自由についてならいくらでも話すだろう。だけど、実際に自由な個人を見るのは怖いのさ。

──『イージー・ライダー』

04.

アインシュタインは2度も落第した。ベートーヴェンは耳が聞こえなかったし、ヘレン・ケラーは目が見えなかった。チャンスはあるはず。

──『ロッキー』

05.

Ac3e070b9f70dfd08519dc4738ba956dcf8ea439

何事も成せば成る。

──『バック・トゥ・ザ・フューチャー』

「為せば成る、為さねば成らぬ何事も」ということわざがある。行動さえ起こせば成果は得られるという意味だ。

何かしらの行動を起こさなければ、何の成果も得られないというのは本当だろう。しかし、何かしらの行動を起こしたところで、何の成果も得られないことがある。というか、世の中にはそんなことの方が多い。ここから道は二つに別れる。それならば動かないという道と、それでも動くという道に。

発明家であるドクはこの言葉を口癖にして後者を選んだ。そして、タイムマシンを見事に完成させた。加えて、この口癖は彼を慕う青年マーティが自身の未来を変えるべく行動するためのきっかけにもなった。動かないことを選ぶのもそれはそれで有意義だろう。しかし、よりダイナミックな人生を歩みたいなら動くべきなのだ。

06.

あまり思い詰めずに気軽にやる。色んな奴を見てきたがそれが一番だ。

──『タクシードライバー』

07.

本当の負け犬とは、勝てないことを恐れて挑戦もしない奴のことだ。

──『リトル・ミス・サンシャイン』

08.

私は外見の美しさに興味はないの。長続きしないから。……重要なのはその人が何をしたいか。

──『ギルバート・グレイプ』

09.

3cc9f93243307e540f6c4ded4620a60ac89067e0

男には戦うべきときと、受け入れるべきときがある。戦い続けるのは愚か者だが、私は愚か者だった。

──『ビッグ・フィッシュ』

エドワードはたまたまサーカスの会場で目撃した見知らぬ女に瞳を奪われる。一目惚れというやつだ。彼女こそ「運命の人」だと直感したエドワードが、サーカスの団長に件の女のことを尋ねると、悪どい団長は「彼女についての情報を月に1つ教える代わりに無償で働け」という途轍もなくブラックな条件をつきつけてくるではないか。しかし、猪突猛進型のエドワードはこの条件をポジティブに飲み込み、数年掛かりで件の女の住所を手に入れる。一目散に彼女の家に赴き、満を辞してプロポーズしたエドワードだったが、何と彼女には既にフィアンセがいるという。これにめげるはずもない彼が心の中で呟いたのがこの言葉だ。人には物わかりの悪い愚か者に進んでならなければならないときがある。エドワードにとってはこの瞬間がまさにそのときだったのだろう。

10.

人間関係っていうのはサメと同じで、常に前進していないと死んでしまうのさ。

──『アニー・ホール』

好きな映画から好きなワンシーンを抜き出して描くイラストレーター長場 雄と、好きなセリフを抜き出し好き勝手に解説を描いたライターの鍵和田啓介。6つのジャンル...
NetflixやAmazonプライムで何千という映画が観られる時代。ずらりと並ぶ映画一覧を前に、何から観ればよいか迷ってしまうこともしばしば。そんなときに...
「Collective-Evolution」に人生観を変える名作映画10選が掲載されているのでご紹介。これは、ライター兼ブロガーとして活躍中のJeff R...
いつまでも記憶にのこるシーンには、頭から離れないセリフがつきもの。それを文字(レタリング)におこすことで映画から名場面を抜き出したアーティストがいます。そ...
スマホやタブレットで映画を楽しむ人、最近とても増えましたよね。これから秋に向けて「夜長」をどう楽しもうか考えている人も多いでしょう。そこで、英BBC cu...
人形や模型を動かしながら、パラパラ漫画のようにコマ撮りして映像化するストップモーション。何それ?という人も『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』や『ウォレス...
ハロウィンの時期も近づき、ホラー映画で恋人との距離を縮めるためにも、名作ホラー映画を一緒に鑑賞してみてはいかがだろうか。『エクソシスト』、『シャイニング』...
イラストレーターAndrew DeGraffさんが描くのは、往年のハリウッド映画のロードマップ。じつはこれ、映画に登場するキャラクターたちが移動した軌跡を...
4月公開予定の映画、『ザ・トライブ』は、カンヌ国際映画祭批評家週間で3冠を受賞した作品で、セリフも字幕もなければ、ナレーションやBGMさえない異色の衝撃作...
イギリス・マンチェスターに住むヨルダン・ボルトンさんは、映画に出てくる小物などを集めてアイコニックなポスターを制作するアーティスト。映画好きなら、見ている...
今日は13日の金曜日。不吉なような、ドキドキするような。そんな日だからこそ、今日の夜はお家でホラー映画鑑賞なんていかがでしょう?生まれも育ちもNYのライタ...
「Elite Daily」のライターBobby Boxさんは、とにかく映画を見るのが大好き。でも彼が好きなのは、映画館に行くことではなく、家で見ること。自...
映画のワンシーンを彷彿とさせる写真の数々。「CINEMATIC NYC」と題されたシリーズ作品を撮影したのは、アムスルダムを拠点とするフォトグラファーのS...
長い長い時を経て語り継がれてきた、珠玉の名言。遥か昔に言われた言葉が、ときには現代を生きる我々の人生をも動かしてしまうことがあります。そんな古今東西の名言...
2014年夏、全米で話題となった99歳のおばあちゃんLillian Weberさん。当時、彼女にはある目標があった。「100歳の誕生日までに1,000着の...
お菓子のコンセプトは、それぞれの作り手が独自の考えを持っているはず。それがハッキリと名言されない場合もあるとは思うけれど、僕が知るかぎり「映画」を題材にし...
現代物理学の父と称され、2016年2月に観測された「重力波」を100年前に予測していたなど、今でも科学に大きな影響を与えているアインシュタイン。彼は人生に...
生きることは悩み、考えること。誰もがふとした瞬間に自分の生き方について、つい考えてしまうのではないでしょうか?ここでは、家入一真さんが発案し、絶望名言委員...
生きていく上で切っても切り離せないのが「人間関係」。異なる考えを持つ者同士、わかり合えないのも当然と言えるかもしれません。ここでは、家入一真さんが発案し、...
自宅や映画館は言うに及ばず、ビルの屋上やビーチ、森の中、さらには無人島まで。近年は、上映イベントの充実もあり、さまざまな場所で映画を楽しめるようになってい...