「人生なんてそんなもんさ。だけど逆転することもある」名セリフで楽しむ映画10選

イラストレーター長場 雄と、映画ライターの鍵和田啓介による絵本のような書籍『みんなの映画100選「あのシーン」「あのセリフ」』(株式会社オークラ出版)。二人が好きな映画から、好きなワンシーンを抜き出して描き、好きなセリフを抜き出して好き勝手に解説を書いた本書が、どうして「みんなの映画」と名付けられているか。

読んでいく中で「そうそう!」と膝を打つものもあれば、「これは違うな」と顔をしかめたくなるものもあるはず。あるいは「なんであれが入ってない」とツッコミたくなることだって。そうやって、101作品目を自分でイメージすることも、この本の楽しみ方。

ということで、TABI LABO的独断と偏見で、好き勝手に選んだ10作品をどうぞ。

01.

Edf2e2985cd06e002c2df3ba1867469f691d5330

家族を大切にしないヤツは本当の男にはなれない。

──『ゴッドファーザー』

02.

ほんの数回だけ他者と真の関係を築けたことがある。それだけが僕の人生に意味を与えてくれた。

──『シングルマン』

03.

誰かの“所有物”になるなんて最悪。私は自分自身でいたいの。

──『(500)日のサマー』

04.

28b81194bc0852d18d8bc328e46378be10eb98c8

「お前にもチャンスは来る。そのとき自体は一変するわ」

「いつ変わるの?」

「期待するのをやめたときかしら」

──『夢のチョコレート工場』

05.

「確かに僕は君を愛した。そして、お互いに憎み合い、支配し合おうとして、苦しめあった」

「それが結婚よ」

──『ゴーン・ガール』

06.

“現在”って不満なものなんだ。それが人生だから。

──『ミッドナイト・イン・パリ』

07.

Fe8b67219431ac05a0a4878da80851a7b795ab9a

 私はどこにでもいる平凡な男だ。平凡な人生をあゆみ、名を残すことなくじきに忘れられる。でも1つだけ、誰にも負けなかったことがある。命懸けである人を愛した。私にはそれで十分だ。

──『きみに読む物語』

かつてノアとアリー(主人公)は情熱的に愛し合った。身分違いの恋だったし、周囲の反対も凄かった。恋敵が登場したり、すれ違いもあったけど、それでも2人は狂おしいまでに愛し合っていた。

これは誰にも覆せない事実である。しかし、2人ともすっかり老け込んでしまった今、この愛は一方通行になってしまった。どうしてか。ノアは彼女を変わらず愛してはいるが、アニーが認知症になってしまったからだ。

しかし、ノアは諦めない。初めて会ったかのように接してくるアニーに対して、自分たちの愛の物語を読み聞かせるのだ。「何だか聞き覚えがある」と反応してくれたりもする日もあれば、まったく興味を示してくれない日もある。それでも、ノアは思い出すまで読み聞かせを続けることを止めない。これほどまでに人を愛せるノアってやつは、凄いとしかいいようがない。

08.

大人になるってのは、責任を果たして、かつ遊べるようになることさ。

──『ウェインズ・ワールド2』

09.

貧困の中に高貴さなどない。俺にはリッチだったときも、貧乏だったときもあった。そして、いつでもリッチであることを選んできた。

──『ウルフ・オブ・ウォールストリート』

10.

C3117743c557a93569b9e9e7404bcbc5f1e25b70

人生なんてそんなもんさ。だけど逆転することもある。

──『トゥルー・ロマンス』

「人生は山あり他にあり」なんて言葉があるが果たして本当か。実際のところ、山も谷もない平坦な人生を送っている人が大多数なのではないか。クラレンスとアラバマ(登場人物)もまた、それぞれに平坦な人生を送ってきた。しかし、2人が出会い、たちまち恋に落ち、コールガールをしているアラバマの雇い主をクラレンスが殺してしまったことから事態は一変する。
平坦な大陸プレート同士が衝突し、地面が劇的に隆起したかのように(雇い主を殺した旨をクラレンスから告げられたアラバマの反応もいい。いわく「殺したなんて…なんてロマンチックなの!」)。
映画の冒頭でつぶやかれるこのセリフが指しているのは、おそらくそんな事態だ。たとえ「そんなもん」でしかない人生であろうとも、ひょんな出会いから「ロマンチック」になりうる。だから人生、捨てたもんじゃないと。
好きな映画から好きなワンシーンを抜き出して描くイラストレーター長場 雄と、好きなセリフを抜き出し好き勝手に解説を描いたライターの鍵和田啓介。6つのジャンル...
NetflixやAmazonプライムで何千という映画が観られる時代。ずらりと並ぶ映画一覧を前に、何から観ればよいか迷ってしまうこともしばしば。そんなときに...
「Collective-Evolution」に人生観を変える名作映画10選が掲載されているのでご紹介。これは、ライター兼ブロガーとして活躍中のJeff R...
いつまでも記憶にのこるシーンには、頭から離れないセリフがつきもの。それを文字(レタリング)におこすことで映画から名場面を抜き出したアーティストがいます。そ...
ハロウィンの時期も近づき、ホラー映画で恋人との距離を縮めるためにも、名作ホラー映画を一緒に鑑賞してみてはいかがだろうか。『エクソシスト』、『シャイニング』...
4月公開予定の映画、『ザ・トライブ』は、カンヌ国際映画祭批評家週間で3冠を受賞した作品で、セリフも字幕もなければ、ナレーションやBGMさえない異色の衝撃作...
「Elite Daily」のライターBobby Boxさんは、とにかく映画を見るのが大好き。でも彼が好きなのは、映画館に行くことではなく、家で見ること。自...
今日は13日の金曜日。不吉なような、ドキドキするような。そんな日だからこそ、今日の夜はお家でホラー映画鑑賞なんていかがでしょう?生まれも育ちもNYのライタ...
スマホやタブレットで映画を楽しむ人、最近とても増えましたよね。これから秋に向けて「夜長」をどう楽しもうか考えている人も多いでしょう。そこで、英BBC cu...
目が見えなくても映画を楽しめることを伝えたい!松田高加子さん。視覚障害のある人が映画を楽しむ時の補助ツール・音声ガイドの制作を手掛けている「虹とねいろプロ...
2014年、63歳という若さで人生の幕を閉じた「ロビン・ウイリアムズ」は、幅広い役を演じ、その高い演技力が評価されていた世界的に人気のあるハリウッド俳優。...
映画のワンシーンを彷彿とさせる写真の数々。「CINEMATIC NYC」と題されたシリーズ作品を撮影したのは、アムスルダムを拠点とするフォトグラファーのS...
イギリス・マンチェスターに住むヨルダン・ボルトンさんは、映画に出てくる小物などを集めてアイコニックなポスターを制作するアーティスト。映画好きなら、見ている...
人形や模型を動かしながら、パラパラ漫画のようにコマ撮りして映像化するストップモーション。何それ?という人も『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』や『ウォレス...
映画館に行く。ストリーミングで見る。DVDを借りる。そんな選択肢の中に屋外映画祭があります。珍しくは感じないかもしれませんが、参加する機会が多いわけでもな...
「名作」という言葉で説明するのもはばかられるくらい、私たちの生活の一部にもなっているコミックス『ドラえもん』の存在。そんな『ドラえもん』には、個性溢れるキ...
イラストレーターAndrew DeGraffさんが描くのは、往年のハリウッド映画のロードマップ。じつはこれ、映画に登場するキャラクターたちが移動した軌跡を...
自宅や映画館は言うに及ばず、ビルの屋上やビーチ、森の中、さらには無人島まで。近年は、上映イベントの充実もあり、さまざまな場所で映画を楽しめるようになってい...
生きることは悩み、考えること。誰もがふとした瞬間に自分の生き方について、つい考えてしまうのではないでしょうか?ここでは、家入一真さんが発案し、絶望名言委員...
お菓子のコンセプトは、それぞれの作り手が独自の考えを持っているはず。それがハッキリと名言されない場合もあるとは思うけれど、僕が知るかぎり「映画」を題材にし...