「ダンボール」と本気で向き合ってきた。気づいたら20年以上も。

ペットボトル爪楊枝など、一つの素材にこだわるアーティストたちがいる。表現者として情熱を注ぎ続ける彼らだけど、その素材と向き合った年数が増すほど、ちょっとした「異常さ」を感じてしまう。まるで、運命の相手に出会ったかのように、全てを知り尽くそうとしているように見えるから。

また、ここにも一人……。

ダンボールが、
何もかも満たしてくれる

D30953ec02797ade6fd420cb34ff098cf035d39c6d62d4ebb758f45828219a6a53a5157b1cc4789c

現在43歳のJames Lakeがダンボールアートに目覚めたのは、17歳の時。約26年もの間、ずーっと同じ素材で彫刻を作ってきた彼に、どうしてダンボールにこだわるのか聞いてみたところ。

まず、手に入りやすいし、軽い。特殊な設備もいらない素材だし、アートスタジオもいらない。それに、繋ぎ合わせればデッカイ作品をつくることもできるんだ。

と、結構あっさりした答えが返ってきた。でも、とにかく彼のアーティストとしての欲求をすべて満たしてくれる存在なんだなって。それはまるで、痒い所に手が届く最高のパートナーみたいだって私は思ってしまった。

5ea05709dc8750bed479985a2f5a1adce1b5f438

骨格に木や鉄を使うものの、表面はすべてダンボールを接着剤で繋ぎ合わせている。近くで見ると、各部位ごとに“ダンボールの表情”を生かすように、びっしりと。

軽い素材のはずなのに重厚感が漂うというか、彫刻に貫禄を感じてしまうんだ。

379224d80d01df952bbd370272173f77910132420800fa9915e49aef5a283f06ccf15b9e86bd10ed860d34013d27d18bc8954e12352b8b09df53fa3f
Licensed material used with permission by James Lake
「Wikkelhouse」は、少なくともその寿命が50年以上と謳われているコンテナハウス。雨に強く、100年ほどは暮らせるとも。カンタンに運べるうえに、た...
欧米では野外フェスが終わった後の会場に、テントや寝袋といったキャンプグッズが大量に放置されたままになることがあるんだそう。つまりはゴミとなる訳です。そんな...
Twitterで1万RTを超えるほど話題になっているこの画像には、なんとダンボールでつくった「ランボルギーニ」の姿が。エンブレムにも要注目です!その名も…...
緑の芝生が美しい、広々としたのどかな庭。そこに小さな丘のような不思議な盛り上がりが。なんとこれ、芝生でできたソファなんです。芝生にゴロンとするのも確かに気...
時代の流れにあわせて多くのものが変わっていくなか、まさか、おままごとのアナログ感まで変わることになろうとは。どちらかというと女の子のイメージがあったそれで...
Long-Bin Chenさんは、20年以上も古本と向き合って、アートを作り続けてきたのだとか。いろいろなスタイルに挑戦するも、結果はまずまずといったとこ...
いきなりですが、問題です。ここに一枚の写真があります。写っているのは、ダンボール箱に頭を突っ込み、寝転んでいる一人の男性。さて、あなたは彼の目的がわかるで...
スタンディングデスクに初挑戦!という人はもちろん、サイズが4種類あるので座って使えるものも選べます。軽いので持ち運びが簡単。組立にも時間はかかりません。し...
“家庭でダンボールを開ける”。そんなシーンを想定して作れたカッター「オランテ」です。オリジナルの刃は丈夫で長持ち、ガムテープの糊がつきにくいように加工まで...
世界初の液体プラスチック「BONDIC」は、「UV(紫外線)」を当てると固まる接着剤です。歯の治療法からヒントを得ているのだとか。まるで、工芸に使う「グル...
一風変わったプロジェクトが始まったのは、もう20年以上も前のことだ。「突然、チャンスが目の前に転がってきた感覚を覚えた。もちろん『これがしたい!』と求めて...
ほんのひと月前、大掃除してキレイにしたはずの家の中。いつの間にかとっ散らかっているのを見て見ぬフリしていませんか?そこで話題にしたいのが、昨年9月にローン...
打面に張られたグラスファイバーコーティングによって、ミニマルながらいい感じの響きになっています。叩いている様子を見てみましょう。結構いいでしょ?それに、持...
世の中には、変わったアートもあるもので…。ここで紹介するのは、海外で使われている硬貨に大胆にもペインティングしてしまった変わり種。日本円だと罰せられる可能...
社会に出て、いろいろなことができるようになる「20代」。でも、手にいれた可能性の大きさに振り回されがちな年代でもあります。「Elite Daily」の女性...
日本では当たり前のようにある「学校の掃除の時間」ですが、世界的に見るととても珍しい文化だとよく言われます。「みんなのものをみんなで大切に」という教育がされ...
入浴剤ソムリエの肩書を持つ、パラダイス山元さんがプロデュースした「蔓潤湯椿」。入浴剤なんてどれも同じ、と思っている人にこそ試してもらいたい逸品です。
ゼネラル・ミルズ社のマネージングディレクターや、ベストセラー著者でもあるMainak Dharさん。その彼が20年前の自分に伝えておきたいこととは?キャリ...
母想いの息子が、一緒に観光旅行をしているだけの「ブログ」かと思いきや、そこには心温まるストーリーがありました。息子のBarton Brooksさんは、婚約...
パブロ・ピカソの影響を受けたアーティストは、数知れず。パキスタン出身のイラストレーターOmar Aqilさんも、そんなピカソの独創性に魅せられたうちのひと...