ありそうでなかった世界初の「AI搭載ライト」

自転車通勤をする人を多く見かけるようになりました。それだけ、事故に遭う確率が高まっているということも意味しているのかもしれません。

紹介するアイテムは、現在の技術レベルを考えるとあってもおかしくないモノ。でも、どうやら世界初の発明品のようです。

自動で走っている道を認識し
光るパターンを変えてくれる

Aad4dd64cbb5b83f6bbb11835e2afa938186cd604ee9cffc2292000137bcca9a2da12787ba6b888d

車を運転している人には分からないかもしれないけど、横を勢いよく駆け抜けられると、「危なっ!」と思う時があります。もちろん、当たらない距離なのだろうけど…。

自転車用ライト「See.Sense ACE」を使えば、そんな心配もなくなるかもしれません。なぜなら、車が後ろから来たら、光るパターンを変えて、ドライバーの注意を喚起してくれるから。仕組みとしては、搭載されているAIが車のライトを探知して、自動的に反応してくれるようです。

3ac6fe1fa7c9e62d054545372f8cb2060b60768d72e921bbc565689d6f6c1c8bc19ebcc6f5005a36

さらに助かるのは、使っていくうちに通勤ルートを把握し、それまでの記録を踏まえて、勝手に光るパターンを変えてくれるポイント。要するに、交通量の多い道路に入ったら、注意を引くように点滅してくれるということ。

ちなみに、専用アプリをダウンロードしておけば、自分のスマホとライトの距離が離れた場合に警報を鳴らしてくれるそうですよ。

Licensed material used with permission by See.Sense
見た目の派手さも手伝って、レーザーライトを路上に照らすことで自転車事故を防ごうとするムーブメントは数年前からありましたが、米・ニューヨークの自転車シェアサ...
「Kickstarter」でクラウドファンディング中の「Vinci」は、AI(人工知能)搭載のワイヤレススマートヘッドホン。すでに目標額の3倍以上となる約...
近年、目覚ましい発展を遂げるAI(人工知能)ですが、イギリスの医療研究機関MRC(Medical Research Council)の発表によれば、心不全...
AIの進化によって、数多くの職業が失われるという説があります。今でもすでに、機械化によって職を追われる人々が出てきている状況です。しかし「Inc.com」...
AI(人工知能)の進化は、僕たちの想像を越えている。小説を書いたり、作曲をしたり、将棋をしたり。最近では、ラップまで覚えたようだ。AIにラップを教えたのは...
自転車のハンドルに装着するだけで様々なハイテク機能を利用できる「SmartHalo」は、スマホと連動した多彩な機能が魅力的なデバイス。その手軽な操作性も必...
コーヒーよりも断然紅茶派な私は、ずっと悩んでいた。便利な機能が搭載されたコーヒーメーカーは続々と登場するのに、これぞ!というティーメーカーには、なかなかお...
チェスの世界王者を破ったり、料理のレシピを考えたりと、活躍の場を広げる人工知能。今度は顧客から送られてきたフィードバックを活かした「ビール作り」に取り入れ...
音楽の大きな愉しみの1つは、誰かと一緒に奏でること。一度でも楽器を持って、誰かとスタジオに入ったことがあるなら分かるはずだ。ジャムセッションをした経験があ...
「Monkey Light Automatic」は、自転車のスポークにLEDライトをつけて走ると、光の残像が弧を描き、その点滅をコントロールすることで、映...
世界を驚かせるような絶品料理を考え出す「優秀なシェフ」が現れた?しかし、どうやら人間ではないようです。かつてアメリカのクイズ番組「ジェパディ!」で、オフラ...
「Kickstarter」でクラウドファンディング中のこのアラーム。期限まで2週間を残しながら、すでに目標額の11倍以上を調達済み。その額なんと、日本円に...
現代人の多くは、太陽光があまり入らない部屋で、人工的なライトに照らされて生活しているのでは。時間や場所の感覚を失いがちな現代人が、あたたかい木漏れ日の光を...
日本でも、仕事先まで自転車で行く人が増えてきているように感じます。そんな中、自転車大国とも言われるオランダでは、自転車通勤にも手当が出るなどますます優遇さ...
空に昇る太陽をイメージしたライト「Ra Lamp」は、0度から90度にかけて徐々に明るくなる仕組み。自分の体の動きに合わせて明かりを調節できるので、ベッド...
2016年4月5日、マーク・ザッカーバーグが自身のアカウントでその詳細を紹介しました。発表によると、人工知能(AI)がフィードに表示された画像を認識して、...
139ユーロ(約1万8千円)で資金調達中の「COVI」は、音声操作機能を搭載したデスクライト。話しかけるだけで、点いたり、消えたり、音楽を流したり、質問に...
〈Zpacks〉のポーチはアウトドアシーンにおける近年の潮流であるウルトラライトなアイテムです。手に取った感覚がまるで紙風船のよう。
人工知能(AI)の実用化は、ヒトから機械までつながるIoT(Internet of Things)から、自動運転機能、さらにはセックス用ロボットに至るまで...
ブラックライトって何?を簡単に説明すると「クラブやパーティーなどのナイトシーンで、よく見かける紫色の光」だ。白い服を着ていると、ひかって見えるのはコイツの...