覚えておくべき、恋人と長続きする「法則」がこれ。(心理学)

「もっとこうしてくれればいいのに」「どうしてわかってくれないんだろう」そんな恋人に対する不満は、誰もが一度は抱く自然な気持ちだと思う。

必ずしも悪いことだと言い切ることはできないけれど、「もっとこうしてよ」と直接伝えてしまうと、だいたい結果は悪い方向に進んでいってしまう。

言われた相手は、プレッシャーやストレスに感じてしまう。もしくは、「だったらあなたもこうしてよ」と要求し返す。多くはこのパターン。

この恋愛の不具合は、どうして起こってしまうのか。その理由を『家族心理学』という観点でみたときに、かなりわかりやすく解説されていた。

すべてのカップルが辿っている
「3つのステージ」

1917d42ae0da59707ac395e5a3b37f5d57ccd63c

今から20年以上前に、特別な愛情関係における男女2人は、どのカップル(夫婦)も同様に、3つのステージを辿っている。ということを見つけ出したのが、専門家であるディムとグレン。『Couples』という本にそのすべてを残しているが、鍵となるところをかいつまんで説明しよう。

第1ステージ
【自分と違うからこそ、相手に惹かれる】

本に記されている言葉を使えば、「拡大・保証の時期」。

互いの違いに惹かれ合い、自分にはない一面が相手によって補われていることで、自分が拡大したような気持ちになる時期のこと。恋人の存在があるだけで、自信に結びつきやすい。

第2ステージ
【違うことが面倒で、嫌になる】

これは、「縮小・背信の時期」。

第2ステージを初めて経験するカップルは、恋人ができたという事実だけで、なんでも楽しく感じられる『ハイテンションモード』がここで終わる。

自分と違う視点を持っているからこそ、面白くて相性がいいと感じていたのに、むしろ考えが真逆だったり、自分の気持ちをすぐに理解してくれないことが、面倒になる。

このあたりで別れるカップルは、簡単に「やっぱり価値観が合わなかった」って言いがち。

第3ステージ
【違いを含めて、相手を受け入れる】

最後は文字どおり、「和解の時期」。

このステージに到達すると、違うことは『相手の個性』なのだと、冷静に受け止めるようになる。

例えば、いつも寝癖を直してこない恋人とか、何度言ってもドアを少し開けておく旦那さんとか。いちいち注意するのもやめて、「この人も子どもなんだなぁ。可愛いものだなぁ。」と、いい意味で諦めたりする。

きちんとドアを閉めない、というクセも含めて、その人なのだ。一方的に要求するのではなくて、気づいた自分が閉めればいいだけだと、考えを改めるようになる。

第2ステージにずっといると、
恋愛はただの地獄

0a44e8afc39ebcb362e42b16dd6bb8d7701a4b2e

“3ヶ月”という期間は、恋愛と強く結びついている。なんとなく付き合って、相性が悪いとだいたい3ヶ月で別れるだとか、魔の倦怠期が襲ってくるだとか。『第2ステージの時期』によくあること。

冒頭の、「もっとこうしてくれればいいのに」「どうしてわかってくれないんだろう」という不満はこの時期に積み重なり、嫌になって別れてしまう。

けれどこの法則の面白いところは、交際をしている間、男女はこのステージを“繰り返し続けている”ということ。一度は第3ステージに到達しても、2人はまた新たな第1ステージを迎える。

 

違いが好きだと言って、違いが面倒だと言って、違いも好きだと言う。

 

夫婦になっても、ずっとこれが続いていくのだと彼らは記した。どんな異性と付き合っても長続きしない人は、いつも『第2ステージ』で恋愛が終わっていて、一度も第3ステージを経験していない可能性が高い。相性が悪い、価値観の不一致と結論づけるのは簡単だけれど、乗り越える努力は、誰が恋人でも必要なことだ。

第2ステージが長いほど、恋愛は首を絞め合うただの地獄。無意識に1〜3を繰り返している円満カップルは山のようにいるだろうけれど、このように段階を理解しているだけでも、辛い時期を乗り越えるために何をするべきか、客観的に気付けたりする。

恋愛はフィーリングも大切だけれど、心理学や男女脳の差異について知識があるだけで、気持ちがずいぶん楽になったりするのだと思う。

Reference:APA PsycNET, Couples: Exploring and Understanding the Cycles of Intimate Relationships
今現在、「復縁したい!」と強く願っている女性も多くいるでしょう。しかし元カレとよりを戻したいと思ってしまうのには、このような復縁したいという心理が作用して...
ひょっとして、彼は私に気がある?それともただの友達と思っている?好きな人だからこそ、彼の一挙一動にドキドキしてしまいがち……。そんなあなたにこそ役に立つ!...
多くの女性は、男性を好きになると優しくしたり、身の回りのことをやってあげたくなったりします。好きな人のことを考えると胸がドキドキして仕事も手につかなくなっ...
「女心は秋の空」とは変わりやすい秋の空模様のように、女性の気持ちは移り気ということを上手に表現したことわざですが、その言葉通り、意中の女性の気持ちが全くわ...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
「心理学」と聞くとちょっと固いイメージがあるかもしれませんが、じつは幸せになるための考え方や成功の秘訣、コミュニケーションのコツなど、身近な問題解決のヒン...
運命の恋なんて存在しない。愛はコントロールすることができる!そう提言するのは、John Alex Clark氏。恋愛心理学の分野で有名な彼が、「Thoug...
多くの人にとって、「恋愛」は生活の中で重要な位置づけにあるはず。上手くいけば、人生は輝きに満ち溢れますが、そうでない場合は、何も手につかなくなってしまうこ...
昔、私はとある大学で心理学の教授を務めていました。私は自分の教えるテーマ、心理学が大好きだったので、皆がこの授業に夢中になるはずだと思っていました。しかし...
恋をしたいと願う男女が36個の質問に答え合い、その後4分間互いを見つめる…すると二人は恋に落ちてしまう。子ども騙しの“おまじない”のように聞こえるかもしれ...
女子にとって、女心以上にわからないのが男心とその本音です。単純かとおもいきや、変なところで複雑だったり、「なんでそうなるの?」「どう思ってるの?」と、うま...
あなたはプレゼンを終えた時、大成功だったと思うことが多いですか?それとも「違うことをやればよかった、言えばよかった」と後悔することが多いですか?後者の場合...
スーツを着ている人を見ると、真面目で仕事ができそうな印象を受けるものですが、心理学的には着ている本人にも影響があるのだそう。興味深い研究結果が出ています。...
スピーチやプレゼンの計画を立てるとき、プレゼンターは聴衆が何か行動に移すことを期待します。しかし、人に行動を起こさせるのは、さほど簡単ではありません。近年...
プレゼンの成功とは何でしょうか。その1つには、聴衆の記憶に残ることが挙げられます。たとえおもしろいプレゼンをしても、プレゼン内容が聴衆に覚えてもらえなかっ...
状況や相手のタイプによって、どれが一番スマートな誘い方なのかは変わってきます。けれど、ここでOKをもらいたいな〜という時には、この心理的テクニックを覚えて...
なかなか恋愛がうまくいかないなぁ……と悩んでいる男性に向けて「ちょっとした心理学をつかえば、それはすぐに解決する!」と豪語するビジネス心理研究家、神岡真司...
女性心理はかなり複雑。あえて自分の気持を悟られないよう真逆の行動をとることも…。気になる相手がいる場合、それが脈ありからのしぐさなのか気になってしますよね...
愛想づかしも金からおきる──、なんてことわざもあるように人の縁に金銭問題が少なからず影響を及ぼすことは言うに及ばず。では、「お酒」はどうでしょう?こと恋愛...
男性からのボディタッチはセクハラ問題などもあり、かなり際どいですが、女性から男性へとボディタッチすることも多いと思います。この場合、それが親しみから来てい...