男心をぎゅっと掴む女は、絶対に「これ」を間違えない。

恋人になる前の<絶妙な楽しい時期>に感じる“気が合う”なんて、さほどアテにはならないものだ。

たとえば、連絡する頻度。

付き合う前に毎日のようにメッセージを送っていたり、電話をしていたとしても、それが本当にお互いにとって“ちょうどいい頻度”かはわからない。なぜなら付き合う前と、恋人になってからのテンションは、違うのだから。

「ちょうどいい距離感」は
何よりもムズカシイ

どうしてこんな話をしたかと言うと、『The School of Life』で公開されていた、<距離感>に関するこの動画を最近見たからだ。

職場や家族、友達関係、様々にシーンを変えて説明していたけれど、胸の傷口に沁みたのが、「カップルにおける距離感」

仕事が忙しいんだから連絡は控えめにしなきゃとか、大人なんだからあまり甘えちゃダメだ、とか。頭ではわかっているし、何度も学んでいるはず。それなのに、やっぱり間違えてしまうことがある。あぁ、負担になりたいワケじゃないのに……。

付かず離れず、イイ女の「ベストな振る舞い」って、一体なんなのよ?

いつでも完璧な人なんて、いないことはわかっている。それでも参考にすべき考えがあるのなら、ぜひ頭の片隅に焼き付けて指標にしたい。

B0989cde394a57fb0d9cc5e91188bc0c2a3948e9

かいつまんで動画の内容を紹介すると、私たちは、好きになればなるほど距離感を見誤ってしまうようにできている。

その症状として、わかりやすいのがこの2つ。

症状1:弱みを見せない

006af93ea7da64584938056200a6c17fd94f8b03

相手と距離を近づきたいのに、嫌がられるのではないかと恐くなり、逆に距離を置いてしまう。

忙しいと言ったり、違うことを考えているふりをしたり、感情を表に出してほしいなど考えてもいないようにふるまってしまう。本当は一番欲しいのに、強がって優しさや愛情など必要ないように振舞ってしまう。

症状2:相手のすべてを知りたがる

310e5248a8b42583e7de41dce86633153d781b98

相手の気持ちが離れてしまう気がして、無理に相手を束縛してしまう。遅刻したときに怒ったり、「あの時言ったじゃん」と責めたり、何をしているのかを常に聞いたり。

自分を愛してくれているかが心配で、不快な距離の詰め方になるのだ。

パートナーが自分を安心させてくれるようにコントロールしようとすると、こんなふうに相手は自分を見るのが嫌になるばかり。

でもね、愛はちゃんとあるんだよ。

こんな態度をとられた恋人は、信用されてない、愛されていないのだと感じてしまうことがあるだろう。実際には愛していて、ただ失うことを怖がっているだけなのに、それがことごとく裏目に出てしまう。

確かに間違えたり歪んだりはしているけれど、愛情はここにある。

空回り状態になってしまっていることを、まずは自分で自覚することが大切なのだ。これが、案外難しい。恋愛になると、自分だけがおかしいのかとか、結局自分だけが可愛いのではないかとか、ひとりで色々と考えすぎてしまう。

大切なのは、まずこの状況が「好きだから」起きてしまっていることだと理解すること。そして、相手がこの距離感を不快に思っていると感じるなら、どうしたらいいのかを“ふたりで”考えることなのだ。

「60%」を心がけてみる

24372200ae17630d928af539828a7b5c70411003

この動画を見て、思い出した言葉がこれだった。

人間関係で一番大事なのは、腹八分ではなくて腹六分。
夫婦、恋人、親子、仕事関係、愛するからこそ、腹六分でお付き合いを。

美輪明宏

年齢を重ねても、経験を重ねても、ちょうどいい距離感を掴むのは難しい。けれど意識したり、自分に言い聞かせることは出来る。逆に言えば、そうすることしか出来ない。

どんなに信頼できるパートナーだとしても、いい関係を築くには「自立」がとても大切なポイントだ。ひとりの人間として強さがなければ、簡単に依存してしまう。

離れすぎている時も、近づきすぎている時も、腹六分。つまり「60%」の距離感を意識してみると、お互いの<居心地の良い場所>を、もっとスムーズに見つけられるかもしれない。

Licensed material used with permission by The School of Life
人の関係はずっと同じとはいかないもの。長く一緒にいれば、どんなに仲の良いカップルだって、うまくいかない時期がやってきてしまいます。「The School ...
長い人生の中で、私たちは膨大な量の知識を手に入れます。ただ残念ながら、人間は忘れっぽい生き物です。本当の知識を身につけるためには「繰り返すこと」が大切だと...
毎日のように繰り返すドジな自分を、恥ずかしく思ったり、情けなく思ったりする人にオススメする「The School of Life」の動画。おっちょこちょい...
ジョン・キム作家。韓国生まれ。日米英で教鞭をとった後、2004年から2013年まで、慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学な...
このアニメの主人公は「死神」でした。その手で触れた動植物は皆死んでしまいますが、ある日どうしても触れられない存在に出会います。一頭のシカでした。触ってしま...
気になる男性はいるけれども、うまくアプローチができない。せっかく出会っても恋愛につながらない。そんな悩める女性の皆さん、男心をくすぐるポイントをちゃんとお...
片思いをしていると、相手に幻想を抱いてしまいがちです。よく知らない人に恋をして「なんて素晴らしい人なんだろう。付き合えば幸せになれるに違いない」なんて期待...
仕事がうまくいかなかったり、大好きな恋人にフラれたり…。人生は何が起こるかわからない。良いことも悪いこともあるから心を複雑にさせる。でも、たとえ壁にぶつか...
人はもともと自分の話を聞いてもらうことに喜びを覚える生きものです。しかし、人の話を聞くことによって、自分の生活に新しい視点と考え方が生まれ、人生がより良い...
「The School of Life」の動画では、どうやって相手の性格を変えるべきか、ということを紹介しています。これを応用すれば、彼氏・彼女のイヤな部...
生きる目的や意味を探し続ける、人生なんてそんなものなのかもしれません。ふとした瞬間に思う「生きる意味」。それを歴史に基づいて分かりやすく説明したコンテンツ...
愛は文学や歴史の中で形を変えてきた概念です。中でも18世紀に生まれた「ロマン主義」という考え方は、人と人が愛し合うということに、ひとつのテンプレートを作っ...
人気サイト「The School of Life」の動画は、幸せになるために欠かせない「決断能力」を高めるのに必要になる、5つの考え方を紹介しています。あ...
いつも不安やストレスを抱えている人は、自分勝手になることが1つの対処法になるかもしれません。なぜ?という理由を解明してくれるのが、「The School ...
髪の毛がばっちり決まった日はハッピーだけど、寝癖が直らなかった日はなんだか憂うつ。私たちは毎日、ヘアスタイルのことを気にしながら生きています。どうしてこん...
キリスト教の「七つの大罪」をご存じでしょうか。傲慢、嫉妬、憤怒、暴食、色欲、怠惰、貪欲。これら七つの欲望や感情を表していて、これを押さえ込むことができない...
恋をしたいと思った時や好きな人との距離を縮めたい時、でも男性との距離の縮め方が分からない…。最近は、そういった悩みを持つ人が増えているそうです。男性との距...
愛のあり方のひとつとして「ポリアモリー」があります。お互い同意の元で複数の人と並行して恋愛関係になる、ということから「それって浮気OKってこと?」「誰とで...
多くの女性は、男性を好きになると優しくしたり、身の回りのことをやってあげたくなったりします。好きな人のことを考えると胸がドキドキして仕事も手につかなくなっ...
好きな人と初めてのデート。どうにか成功させたいと思いますが、どうやってアピールすれば好印象を持ってもらえるのかを考えるのは、非常に難しいですよね。「The...