「20億個のボール」を眺めていたら、自分の悩みがシンプルに思える。

「私たちの身の周りにある全てのものは、実はシンプルな要素からできていて、それが複雑な関係や構造を作っているのかもしれない。この映像は、そんな考えを探求しています。

私たちはこの考えを感情や行動、思考プロセス、人間関係、人生、宇宙にも投影できるでしょう」

これは、白黒の球体で実験的インスタレーションを作った、ロシア出身のビジュアルアーティスト・Maxim Zhestkovさんの言葉。

3bf18f6893fa5c3feaabef8ac3697186d5135f58

この3分の映像を通して、20億以上の球体を使ったというから驚き。

20億という一生になかなか見ることのない壮大な数が動く様子が、この映像の中で可視化されているのだ。

7c47b2d42bef51b470a2d5735a1938292286ad9d1909340d7dd25c55034f0bda112087455418c7ee

自分の中に渦巻く感情も、複雑に思える人間関係も、分解していけば実はこの白黒の球体に行き着く。

そう思えば、自分の悩みが意外とシンプルだったことに気づける、かもね。

E7457e3d71fe643fd83d2c8a58000bcfc820ff3b22373f13b62dbbfbe908aec2935d52995e3f7db3

映像を通して見てみたい人は以下でどうぞ〜。

Licensed material used with permission by Maxim Zhestkov
毎日、たくさんの人と関わっていくなかで、相手は自分のことをどう思っているのか、どのような結果を求めているか、と揺るがされ、自分の軸を見失ってしまうときもあ...
深刻な干ばつが続く、カリフォルニア州。ロサンゼルスで8月10日、苦肉の策とも思える大胆な施策が実行された。まずは、以下の動画を見て頂きたい。いったい、何が...
子どもたちがキャーキャー言いながら「ボールプール」で遊んでいるのを見ると、ついこう思ってしまいますよね。「あの中に混ざって一緒に遊びたい…!」そんな欲望を...
スウェーデンのミュージシャン、マーティン・モリンが、14カ月もの月日をかけて手作りした楽器が半端じゃないと話題に!そのカラクリは見てるだけでもワクワクもの...
世界で最もレアな髪色は何だか知っていますか?じつは「赤い色」で、世界に1%ほどしか存在しないのだそうです。20ヵ国を訪ね、130人もの赤髪の女性を撮影した...
写真には「鉄則」ともいうべき、いくつかの構図のルールがあります。簡単にできる、とは言いませんが、少し意識するだけでプロのような写真に近づけるかもしれません...
将来への焦りや不安に、足がすくんでしまうことも多い20代。先が見えないからこそ立ち止まりそうになるけれど、挑戦することでしか何も見えてこないものです。大丈...
「私の人生、うまくいっているはず…。でも何かが違うような気もする」。夢見がちな10代を終えて、現実が見えてくる20代だからこそ、もやもやした気持ちを抱える...
一見簡単そうに見えますが、実はスゴイ!と話題になっているゴルフの動画があります。パンパンパン!ボールを的確に打つ男性に話題沸騰無数に並ぶゴルフボールを、2...
米コロラド州を拠点に活動する、石積みアーティストのマイケル・グラブさん。河原に転がっている石を積み上げた経験は、あなたにもあるかもしれませんが、ここまでく...
考えすぎて疲れることがよくある。物事を決める時に、あれこれと思考を巡らせすぎて時間がかかる。周囲の環境に影響されやすい。友達に「気にするな」と突っ込まれる...
ドイツのインターフェイスデザイナー、シモーネ・シュラムさんが開発したのは、ストレスレベルが目に見える「ボール」。センサーによって皮膚から情報を得て心理的な...
フランス人風景写真家のBeboyさんは、世界各地をすでに3年以上かけて旅をしている。目的は、世界で一番美しい景色をフレームに収めるため。それを演出する最良...
それは、風景写真と星空写真の加工作品。「星空アート」の世界観、とくとご覧あれ!実際に撮った写真を編集し「星空アート」を作り上げているのは、「だいなり」の名...
「幸せになりたい」。それは、多くの人が持つ共通の願い。でも幸せを手に入れる前に、私たちを邪魔するたくさんの壁があるのも事実。そんなとき、物事を複雑に考える...
通勤ラッシュの電車に乗って、会社についたらPCとにらめっこ。「あ〜〜今日も疲れた」と、思いながらまた帰宅ラッシュの電車へ。私のような、お疲れ気味の社会人の...
パッとその一瞬に放つ、光のようなもの。美しいと感じる写真には、光を感じてしまう。ほんのり赤く染まったほほや、シミやそばかすをさらけ出し、初々しさがにじみ出...
毎日バタバタと家事に追われる自分って、特徴がなくてつまんない。なんだか無性に寂しい。そんな家庭に尽くす女性たちを、シカゴを中心に活躍する写真家・Patty...
「だって~」「でも~」「どうせ~」「〜だから」…このようにDがつく言葉が口癖だというアナタは注意してください。なぜなら、この前後につく言葉は決まって「言い...
一風変わったプロジェクトが始まったのは、もう20年以上も前のことだ。「突然、チャンスが目の前に転がってきた感覚を覚えた。もちろん『これがしたい!』と求めて...