元カレからの贈り物。捨てられないなら「失恋マーケット」へ。

「彼氏の家に行ったら、明らかに元カノ用に買ったんだろうなってぬいぐるみが置いてあってさ。ふつう、新しい彼女を家に呼ぶなら、捨てるか隠すかどうにかしない!?」

鼻息を荒くした友人から、こんな怒りの電話がかかってきたことがある。乙女心は、繊細で複雑だ。そんなに怒らなくても……と思ったものの、たしかに物が『クマのぬいぐるみ』というのは……ちょっと気を抜きすぎではないか、彼氏よ。

しかし、<元恋人との思い出の品をどう処理するべきか>という問題が出されたとき、なにが模範解答なのだろう。それがどんな物であっても、想いと一緒に捨ててしまう人もいるし、ただの思い出として、そのままにしている人もいる。

でも実際、恋人がいつまでもソレを持っていて、嬉しいと思う人はいないだろう。

行き場に困った「愛の証」
捨てられないならリサイクル

541882b0ca9ccf6c1746285d052c21b709b718d6
Photo by Facebook

新たな居場所、用意しますよ。と提案したのは、ベトナムの『Heartbreak Market』。

ここに売られているものは全部、誰かの思い出の品。誕生日に高価なものをもらったけれど、もう自分では使えない。かと言って、壊れてもいないのに捨てるのはちょっと……別れたあとは、こんな悩みが物の数だけある。それと一つひとつ向き合うのは、精神的にツライものだ。

使えるものは再利用したほうがいいし、ずっと持っていることで新しい恋人と気まずくなったり、思い出が蘇って苦しくなるくらいなら、大事に使ってくれる人に渡したほうがいいではないか。

「気持ちごと、綺麗に手放すサポートができたら」。という思いから始まっている。

3ecb4e8d9f2602dcabb6077454a3607128bd8955Fc94eb0b2115cdba98acd72e8ff19c6086cf64fd116c9526b1a3a05863151a299134b3112660ca6b4404b2e7937efe2e15b68aaa8267eb234a762527
Photo by Facebook

なんてwinwinなアイデアだろう!という声がある一方で、手紙やアルバムまで出品可能にするのは、当時愛情を込めて送ってくれた人のプライバシーを損害している。という意見もある。

たしかに、顔や名前の分かるものを、勝手に売りに出すのはタブーだ。けれど発案者であるディン・タンは、「このマーケットは傷を癒すセラピー的なサービスだ。手放すという機会をつくることに意味がある」と返答したそう。

う〜ん……それは分かるけれど、話題になっているからこそ、今後そういったものは売るのではなく、手放すだけのブースをつくるなど、改良が必要になってくるだろう。

男女問題は、いつも面倒だ。

C467ec2a988c4c268504253221d86e9aff2959b6
Photo by Facebook

話は冒頭の友人に戻るけれど、彼女は「彼がクマのぬいぐるみを持っていたこと」よりも、新しい彼女という自分に対して、「何も考えていないこと」に腹を立てたし、寂しいと思ったのだ。付き合ったからといって、過去にまで首を突っ込みたいワケではない。

過去は過去。だからこそ、「今の彼女がどう思うか」を考えたかどうか。その結果が、ケロッとした顔で(彼女にはそう見えただろう)ベッドに居座り続けている、クマに現れていたのだ。

彼からしたら、「何の未練もないんだからいいじゃん」と思うかもしれない。けれど、そもそも論点は未練の有無ではない。

おわかりいただけるだろうか。物を残しておくことが、悪いことだとは思わない。けれど、新しい恋人にその思想を「理解して」と押し付けたり、物があることで傷つけたりしないように、<管理する責任>が生まれてしまう。

それが面倒だったり、できないのであれば、『Heartbreak Market』は、選択肢のひとつに入れてもいいのかもしれない。

Licensed material used with permission by Heartbreak Market - Chợ Phiên Người Yêu Cũ
元カレ元カノに、街でばったり。あまりに突然すぎてうまく振る舞えず、あのときなんであんなことを言ってしまったんだろう…と後悔したことがある人も多いはず。そん...
何らかの事情で別れることになってしまった彼氏や彼女。でも忘れられない元カレや元カノと復縁したいと考えることもあるはずです。大好きだった人と復縁の可能性を1...
大好きだったはずの彼と別れたとき、みっともなくて追いすがるような真似はしたくないけど、本当は聞きたいことっていっぱいありますよね。「彼って、私といたときに...
比べても仕方がない、と頭ではわかっていても「彼ってなんで元カノと別れたのかな」「私と元カノどっちのほうが好きなのかな」なんて思ってしまうことがあるものです...
アメリカの動画メディア「Cut」の人気の「真実かショット」シリーズで、元恋人同士が行う第2弾。別れた理由、今の関係の話、そして将来の話などと、本音で語り合...
元カレ(元カノ)とよりを戻すこと自体、アリかなしかの議論はさておき。たいがい、うまくいかきそうで結局は、いい結果が得られないのがこの「よりを戻す」だと思う...
「もし、別れた恋人同士が友だちに戻れるなら、2人はまだ愛し合っているか、そもそも最初から愛し合っていなかったかの、どちらかだ」こんな言葉があるように、別れ...
彼氏と別れた直後って、意外と実感がわかないのは私だけではないはず。少し時間が経ってから、仕事が終わったあとに無意識に連絡しようとしてしまったり、日常の中に...
人は、覚えているいないにかかわらず、ほぼ毎日夢を見ています。夢は現実であったことを整理するために見るものだとか、そのときの心身の状態を表すと言われますが、...
記憶と五感を結びつけると、最初になくなるのは「聴覚に残された記憶」からだってよく言われている。そして、一番記憶に残りやすいのは「匂い」。今日みんなに聞いて...
「元カレから誕生日カードが届いた!私じゃなくて、愛犬宛てに…」テキサスに住む女性のもとに、ある日、元恋人から手紙が届きました。ただしそれは、彼女宛てではな...
別れた元彼が「友達でいよう」と言ってきたら、あなたはどうする?簡単に「YES」と言うことを考え直すことをオススメしたい理由がある。オークランド大学の研究結...
誰かを好きになる時、「その人のことが本当に好き」と自分を説得するようなことは誰もしません。もっと直感的であり、自分の感覚に疑いを持ちたくない、こう思うはず...
なかなか新しい相手が見つからず、寂しさから昔の恋人を思い出しては連絡をとろうとスマホに手が伸び…ちょっと待った!そこで自制心を働かせましょう。過去に逆戻り...
「バターメモ ブロック」は、メモをそのままバターに見立ててパッケージされています。パラフィン紙のパリパリした感じとか、このままスーパーの食品コーナーに置か...
2人では解決できない大きな問題があって、長年付き合っていた恋人と別れた。だけど、その人が過去に与えてくれた安心感や楽しかった思い出が心に残っていて、すぐに...
Elizabeth Stoneは、恋愛依存体質の女性に対して、しばらくは独りを楽しんだらどう?とオススメしています。モテてる感じがして気持ちいいかもしれな...
クリスマスはもう直ぐそこ。恋人へのプレゼントの準備はできていますか?モノよりも心が重要!なんてここで言う必要もないでしょうが、「LittleThings」...
失恋が、あなたの人生にどんな影響を及ぼすのかーー。今回紹介したいのは、そんな記事です。「Elite Daily」で数々の恋愛コンテンツをヒットさせているP...
今現在、「復縁したい!」と強く願っている女性も多くいるでしょう。しかし元カレとよりを戻したいと思ってしまうのには、このような復縁したいという心理が作用して...