わたしの「水曜日」と誰かの「水曜日」を交換する、ふしぎな郵便局

「どこかの誰かさん、こんにちは!
 今日は晴れたり、くもったり、
 なんか変な天気でした...。
 あなたのまちの天気はどうでしたか?」

「水曜日の夜からのコンビニバイトの夜勤を終え、
 朝日がまぶしい時間におやすみなさいをする、
 そんな始まり。」

「どこかの水曜日さん。
 今日、社長に結婚することがバレました。
 とても喜んでもらえたので安心しました。ふう...。」

「私の人生を大きく変えた両親、
 かわいがられる妹。
 世界で一番嫌いな人たち。
 世界で一番嫌な水曜日。」

「ぼくのつうがくろにも
 たんぽぽがさいています。
 あなたのねがいが かなうといいですね!」

「今日は私の父の誕生日です。
 私は両親から本当の“豊かさ”を学びました。」

「この手紙を受け取ってくれたあなたも
 大切な人とたくさん話して
 幸福が訪れますように。」

——すべて、見知らぬ誰かの「水曜日」の手紙だ。

誰かの「水曜日」が
送られてくる?

冒頭の手紙は、2013年6月から約3年間、熊本県南部にある旧赤崎小学校を使って行われたアートプロジェクト『赤崎水曜日郵便局』に届いた手紙の一部だ。

このアートプロジェクトは、水曜日の物語がつづられた手紙によって、人々の日常を交換するという内容だ。

水曜日である理由は、主にふたつ。

ひとつ、旧赤崎小学校が海の上にあること。海が陸と陸をつなぐように、このアートプロジェクトも人と人をつないでいきたい、という願いもこめて。

ふたつ、水曜日が週の真ん中にある、記憶に残りづらい日であること。そこに焦点を当てて、自分の日常や、他人の暮らしにも思いをはせてほしいという気持ちから。

このプロジェクトに参加したい人は、水曜日に起きたこと、考えたことを手紙に書き、赤崎水曜日郵便局に郵送する。送った手紙は校庭の郵便受け「スイスイ箱」に届き、局員が回収。

287daf075e9c81946574a62bbb5aa1835cc9d690

『赤崎水曜日郵便局』のスイスイ箱
©️森賢一

手紙は、このアートプロジェクトを運営するつなぎ美術館へ運ばれる。手紙はすべて局員が開封し、オリジナル切手を貼った専用封筒に入れかえ、個人情報が伏せられた状態でランダムに転送される。

そして、自分の「水曜日」を送った人だけが、誰かの「水曜日」を受け取ることができる。そんな不思議なアートプロジェクト、それが『赤崎水曜日郵便局』だった。

2016年3月、プロジェクトは無事終了。
その間に届いた手紙は、1万通におよんだ。

8307d85746569427f281cda08ddb47cc6c179653

『赤崎水曜日郵便局』で使われた封筒・便箋などのツール

宮城県東松島市で
開局準備中

閉局後、再開局を望むたくさんの声が上がっていた水曜日郵便局。それが今、場所を変えて開局しようとしている。

次の場所は、宮城県東松島市・旧鮫ヶ浦漁港。

4449a6354079f37518cc12cae4d8cfb1d6ef4930

©️森賢一

旧鮫ヶ浦漁港は、大鮫隧道と呼ばれるトンネルの「その先」にある、ひっそりとした港だ。ここを選んだ理由について、ディレクター・遠山昇司さんはこう話している。

「『鮫ヶ浦水曜日郵便局』は、
 『その先』を静かに照らす
   灯台のような存在でありたい。」

私たちが「水曜日」をつづり、東北地方の小さな入江に思いをはせる。そうして水曜日郵便局が開設され、維持されることは、その土地に暮らす人々へのささやかなエールにもなる。同時に、私たち自身の日常や「その先」にある未来を照らすことにもなりうる。

プロジェクトチームや地元の人々、そして水曜日郵便局のファンたちの思いを乗せ、現在『鮫ヶ浦水曜日郵便局』は開局準備をしている。

F130995a753bc910d386f9d091623e54a7b541d6

©️森賢一

人間を「肯定」する
アートのかたち

書籍『赤崎水曜日郵便局』のあとがきには「アートの究極の価値は人間の肯定にある」とあった。私はそれに深く頷いたし、それはこのアートプロジェクトの意義だと思った。

客観的にみれば、現地に足を運ばなくても参加できるアートプロジェクトというのはおもしろいし、主観的にみても、見知らぬ誰かに手紙を書く、そして手紙を受けとるのはおもしろい。アートは理屈で飲み込むものじゃないし、そういうアプローチでいいと思う。私もそういうつもりで、書籍におさめられた101通の手紙を、ゆっくり読んだ。

けれど、私が得たものは「おもしろい」以上のものだった。それは、「水曜日」の手紙を通じ、私たちは私たちを肯定することができる、ということだった。

2017年ももう終わる。今年もいろんなことがあった。暴言とか、裏金とか、嘘とか、自殺とか、炎上とか。私たち人間は決して完璧ではなく、ずるくて、悪くて、どうしようもない生き物で、善を否定せざるを得ないことのほうが多いかもしれない。

だけど、「水曜日」の手紙には肯定の力があった。私たち人間には、見知らぬ誰かの「水曜日」が幸せであるようにと願う力が、まだ残されているということを教えてくれた。

それは、週の真ん中にある「水曜日」みたいに、ささやかで、何気ないものかもしれない。大きな海を漂うように、頼りなくて、見失ってしまいやすいものかもしれない。

だからこそ、水曜日郵便局は今、必要なのだ。私はそんなふうに思った。

尊い「水曜日」を
交換するために

熊本の『赤崎水曜日郵便局』はつなぎ美術館による公的事業だったが、今回の『鮫ヶ浦水曜日郵便局』は独立したプロジェクト。したがって、現在クラウドファンディングサイト「MotionGallery」にて、開設・運営費用をまかなうためのサポーターの募集が行われている。募集は2017年12月5日(火)23:59まで。

その翌日、12月6日の水曜日には、いよいよ『鮫ヶ浦水曜日郵便局』の宛先が公開される。前回「水曜日」を送った人も、まだ送ったことのない人も、この不思議な体験を楽しみながら、トンネルの「その先」へ思いをはせてみてほしい。

Top Photo: 『灯台ポスト』スケッチ by 海子揮一

Licensed material used with permission by 水曜日観測所
届けたくても、届けられないーー。そんな思いを受け止めてくれる「漂流郵便局」が、香川県の小さな島にポツリと立っています。
こちらは米郵便局〈US POSTAL SERVICE〉のメールバッグ。実際に郵便物の配達に使われているモノだそうです。用途が用途だけに、かなり頑丈なナイロン製。
パツワルド 敬子出版社勤務ののち米留学を経てフリーランスの編集ライター兼翻訳家に。書籍・ムック・雑誌・ウェブ、各媒体で執筆中。ほんの少し“きちんと”するだ...
郵便屋さんと聞けば、制服を着た配達員がポストに手紙を届けるーー。当たり前の光景ですが、フィンランドでは庭の芝刈りまでしてくれちゃうみたいです!郵便会社「P...
イギリスの〈Royal Mail(ロイヤルメール)〉、つまり日本でいうところの郵便局のレターバッグ。手紙の仕分け用です。A4サイズの書類を入れても余裕があ...
スイスのある地方テレビ局が、取材先での撮影をテレビカメラからすべてiPhone6に切り替えるという。「Cult of Mac」に掲載されたライターDavi...
外国人に「なぜ日本は○○なの?」と質問されても、パッと答えられない自分がいる…。そういう方も、決して少なくないと思います。ここでは、日本に関する雑学を集約...
招待状もメールで済んでしまう時代ですが、あえて手紙を出したくなるーー。そんなきっかけになるのが「切手のこびと」。ぺたっと押すだけで手紙をより印象的にしてく...
「Surprise Trip Letter(サプライズ・トリップ・レター)」は、まるで海外のような写真が撮れるうえに、その場でプリントアウトして手紙を送る...
水曜日のカンパネラ、銀杏BOYZ、フィッシュマンズ、浅野忠信など、様々なアーティストが新しい音源の発表媒体としてチョイスするなど、一過性のブームを超えて、...
やっぱり文具は定番品がいい。長年愛されて存在し続ける理由がそこにはあるのだ。僕が使っているメモのセットは、メモパッドの定番中の定番、〈ロディア〉の「NO....
日本郵便から10月24日に発売されるおむすびデザインの切手が、女性の間で密かな話題になっている。ユネスコ無形文化遺産に登録された「和食」について、その社会...
『ムーミン』の故郷であり、神秘的なオーロラも観測できることから、観光において根強い人気を誇る国、フィンランド。そのフラッグ・キャリアであるフィンエアーおよ...
犯罪者たちを捕まえるために、数々の厳しい訓練を乗り越えた警察犬。ペットとは明らかに違う、凛とした「勇ましい」イメージがありました。ところが、台湾の警察は抱...
2015年の訪日外国人の数は約1,970万人。2016年は2,000万人を超えることが期待されています。そうすると、訪日観光の目的としての「アート」はま...
どんなにスゴイ場所でも、どんなにステキな建物でも工事中のバリケードがあるだけで、全て台無しになってしまう。だったら、美しい展示作品で壁を作れば、景観を損な...
「見知らぬ人から贈られた、10万円」アナタならどうする?見知らぬ誰かから贈られた「無償の親切」。海外の掲示版サイトに投稿された驚きの内容が話題を呼んでいる...
10代から20代へ。未成年から成年へ。子供から大人へ。変わるのは年齢だけで、実際感覚的には何も変わらないはず。しかし、世間一般では自立することが求められて...
この週末、「みずあかり」が開催される。熊本に希望のあかりを——そんなテーマで毎年10月に開催されているこの祭典も、今年で14回目を数える。平成16年から続...
深刻な干ばつが続く、カリフォルニア州。ロサンゼルスで8月10日、苦肉の策とも思える大胆な施策が実行された。まずは、以下の動画を見て頂きたい。いったい、何が...