鹿児島が誇る「かのや紅はるか」の絶品スイーツ5選

鹿児島県は「さつまいも」生産量全国1位。そこではさまざまな品種が栽培されていますが、中でも注目なのが「かのや紅はるか」です。

良質な苗を使用し、収穫後は40日以上熟成させ、最終的に糖度検査で一定基準を超えたものだけが認定される、ブランドさつまいもなのです。

ここでは、一度食べたらクセになる、濃厚な甘さを活かした5種類のスイーツをセレクトしました。

01.
あま〜い焼き芋
皮ごと召し上がれ

B5215d24eb8903108e9d5d7e65e618164bc30f5e

製造元が自社生産した、より糖度の高い「かのや紅はるか」を使用した「パリパリ焼き芋」

焼き芋にして皮ごとプレスして作っているため、素材本来の味が堪能できます。また無添加なので、お子様から大人までおいしく食べられます。

■パリパリ焼き芋(1,188円)
【有限会社 南橋商事】
住所:鹿児島県鹿屋市野里町1805-1
TEL:0994-40-4851

02.
100日間熟成させた
「干し芋」

93a6ccc9ba90e57a37a91fae0ecc039ea084590d

こちらは大隅産の「紅はるか」を収穫後に、60日以上低温貯蔵し、甘みを高めた「紅はるか干し芋」。「紅はるか」を蒸して干し、しっとりとしたスイーツのような食感です。

■紅はるか干し芋(540円)
【株式会社 芋八】
住所:鹿児島県鹿屋市札元1-24-45-1
TEL:0994-43-9351

03.
全国でも人気の
「おいもかん」

D754483b4f1f0d5efc8d8b074bd200701804b55c

山芋やかるかん粉などを蒸した鹿児島県銘菓「かるかん」のなかに、かのや紅はるかを入れ込み、餡をつつんだ「おいもかん」

やさしい甘さと新しい食感を味わえるヘルシーなスイーツで、今では全国区の人気商品。

■おいもかん(1,100円)
【杵屋モン・ドール】
住所:鹿児島県鹿屋市北田町4-10
TEL:0994-43-7109

04.
女性や子どもに喜ばれそうな
「鹿来芋屋産」

06ad45e8a7bde11a453a1f555d7005363307ebeb

「かのや紅はるか」の自家製甘露煮をトッピングした「鹿来芋屋産」。生地にも「かのや紅はるか」がたっぷり練りこまれた焼菓子です。塩とハーブの風味がアクセントになっています。

女性や小さな子どもへのおみやげに喜ばれそう。

■鹿来芋屋産(860円)
【枡屋モン・ドール】
住所:鹿児島県鹿屋市北田町4-10
TEL:0994-43-7109

05.
紅はるかを使った
無添加せんべい

8f0a3f4affe5629f8f039173d45504785137cf36

こちらは、大隅産の紅はるかを用いた「撰兵衛 紅はるか」。食品添加物やアレルギー物質を使っておらず、健康に配慮された逸品です。原材料すべてが国産の厳選素材で作られており、甘すぎるのはちょっと…という人や、添加物が気になる人にオススメです。

■撰兵衛 紅はるか(500円)
【アネット有限会社】
住所:鹿屋市東原町2869-1
TEL:0994-44-4415

Licensed material used with permission by 大隅広域観光開発推進会議
鹿児島県鹿屋市と大崎町にまたがる事業用地に、太陽光発電所を建設する計画が発表された。およそ200万m2の広大な敷地に設置されるのは、約340,740枚の太...
ここでは良質な畜産物、海産物、農産物が採れる鹿児島県の調味料をご紹介。鹿児島県の黒豚をはじめ、人気の食材が使われた逸品ばかりです。お気に入りのもの、ぜひ使...
鹿児島県の離島が美しい4K動画。「超絶景動画」と評判を呼んだ作品。リズミカルな音楽とともに、コバルトブルーの海や、原生林が広がる山など、離島ならではの風景...
鹿児島県の加工品のお土産を9選ご紹介。いずれも「ご飯に合いそうな加工食品」ばかりです。薩摩黒豚を使ったハンバーグや味噌漬けなど鹿児島らしいものから、たけの...
鹿児島県のPR動画といえば、以前にTABI LABOでも取り上げたように、その圧倒的なクオリティの高さで有名だ。昨年公開された「KAGOSHIMA Ene...
ここに紹介するのは、観光地としての知名度はほどんどない鹿児島県トカラ列島のひとつ、「小宝島」。インスタで検索すると隣の宝島が9,000件以上なのに対して、...
建築家とパティシエ。これらのスイーツを見て、意外にも両者の親和性が高いことに驚かされた。 ここで紹介するスイーツの数々は、ウクライナのパティシエであるDi...
上品な味わいの「マスカルポーネチーズ」は、ティラミスだけでなく、さまざまなケーキに使用されています。あの濃厚なクリーミーさを冷蔵庫にあるもので再現できたら...
コンデンスミルク、バター、ココアパウダーだけでつくるブラジルの定番チョコ「ブリガデイロ」。家庭でもつくるほか、どこのお店でも手に入るほど生活のなかに浸透し...
買ったばかりのデニムや、お気に入りの靴、プレゼントしてもらったバッグ──。その日のコーディネートは、主役となるアイテムを軸に逆算して考えるもの…なのですが...
和食を作るうえで欠かせない調味料のひとつ「みりん」。じつは、意外と知られていない使い方があります。それは「フルーツをみりんで煮込む」というもの。なんとこれ...
東南アジアにおいて、香港もまたスイーツ天国のひとつ。お腹いっぱいディナーをした後でも、街を歩けばネオンに惹かれてつい立ち寄ってしまうのがスイーツ専門店です...
この春、パンケーキラバーの人たちにトライしてほしいのが、ザルツブルグの名物「ザルツブルガー・ノッケルン」。かの国を取り囲むメンヒスベルク、カブツィーナーベ...
「お菓子を作ってちょうだい。まずはチェリーをたくさん使ってね、それから...」なんてオーダーすると、自分のためだけのスイーツをこしらえてくれる「お抱えお菓...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
全国高等学校総合体育大会において、毎年ユニークなパフォーマンスで注目を集めるのが「鹿児島実業高校新体操部(鹿実新体操部)」です。真剣に“面白さ”を追求した...
白いプリンに赤いソースが華やかなこのスイーツは、イスラエルの「マラビ」というもの。大切な来客のおもてなしや、祭事につくってみんなで食べる、特別感のあるデザ...
辛く悲しい失恋。そんな苦い記憶も、ニューヨーク在住のデザイナーIsabella Giancarlo氏の手にかかれば“甘い思い出”に大変身!その方法は単純明...
アメリカやイギリスを中心に、海外ではスイーツ感覚で食べられている「ライスプディング」。あれ苦手という声をよく耳にします。日本人からしてみれば、お米を牛乳で...
焼いたマシュマロをチョコと一緒にグラハムクラッカーで挟んだ、キャンプの定番スイーツといえば「スモア」。これなしではキャンプにならない、とまでアメリカやカナ...