クリスマスは、絶対に幸せに過ごす!私が心がけてる6つのコト

2017年も残りわずかになりました。この時期、街はイルミネーションで美しく彩られます。そう、待ちに待ったクリスマスシーズンのはじまりです!でも、心から祝うことはできない女子もいるみたい。そんな乙女心を代弁するのは「Elite Daily」のライターJulia Guerra。とはいえ、彼女によれば、1年で1番のロマンティックなシーズンを楽しむコツはあるようです。

Fb4f5ff3ab5e5e3e519cf7ce80311702dc67b0a9

11月1日、時計が深夜0時を回った時、インターネットはハロウィンのかぼちゃ、コスチュームとメイク、小さなキャンディーに「さようなら」を告げます。ハロウィンの翌日は、1年の中でも1番素敵な季節へのキックオフです。だからワクワクするはず。なのに「なんでクリスマスの季節になると悲しくなるんだろう?」と思っていたりしませんか。でも、大丈夫。それは、あなたは独りではないから。

すべての人がクリスマスに幸せな気持ちになるわけではありません。お祝いというより悲しい気持ちになりやすいタイプなら、なおさら。でも、お祭りムードになる秘訣は存在します。

クリスマスシーズンという言葉の響きは、素晴らしいです。サンクスギビングデーには、ストレッチの利くワンピースを着て、前菜からデザートまで何度もお代わりをする理由を与えてくれるもの。一方で、クリスマスにはプレゼントを交換する、ホットココアを飲む、クリスマスキャロルを歌うみたいなことが挙げられます。この時期には、愛する人たちと一緒に共有し楽しむべきものですが、目前に家族がいても目を合わせることのできない人、あるいはプレゼントにかけるお金に限りのある人たちにとっては、この季節はあまり楽しいものではないかもしれません。

でも、忘れてはいけないのは、自分のSNSやお気に入りのラジオ局が、すべてクリスマス色になるのに対して投げやりになってしまうのは、普通だっていうこと。だから、失礼な親戚や金銭的な問題は置いといて、このシーズンは、家族や友達を集めて美しくドラマティックな人生を共に祝いましょう。スランプに陥ってしまったと思ったら、要らないストレスからはできる限り離れて、以下に記したコツで乗り切りましょう。

01.
持っていないモノについて考えずに
自分自身のしていることに感謝する

2c9a562de3f3373e4773efa302264ecfcbd06d8f

ブラックフライデーの安売り、TVCM、メールの広告、そして欲しいものリストが書いてある家族からのメールなど…クリスマスの時期には、物質的な流れに巻かれてしまうのは簡単なことです。しかし、資本主義の意図するところに関わらず、それはクリスマスの本質ではないのです。

クリスマスシーズンというのは、とても商業的になっていて、本当に大切な家族、愛、健康を見失いやすくなってしまうもの。そして、物欲に飲み込まれて、誰かのために高価なプレゼントを買ってしまったりするのです。自分が気づく前から、クリスマスというのは全部ストレスであり、まったく楽しいことではないのです。それは、自分の持っていないモノについて考えてしまい、一方で、自分の持っている物は当たり前だと考えてしまうのが原因。これ、とっても悪循環ですよね。

心理学者でMiami Shrinksの創設者であるMartinez, Pys. D. は、地元のホームレス・シェルターや炊き出し、小児病院でボランティア活動をすることを勧めています。「困難に直面にすれば、他の人の手助けをすることで頭はスッキリとなり、今、感謝するべきものが何なのかを気づかせてくれます。」とMartinezは、「Elite Daily」に対して話しています。

02.
子供の頃の
幸せな記憶を再現する

Df7ab3cce008f8d4977ff0a0f4157e707ffadc57

私の経験から、そして、私の友人や家族が教えてくれたことから振りかえれば、この祝いの季節というのは成長につれて変わっていくものであり、それは必然的だということです。

子供の頃は、クリスマスシーズンは魔法のようでした。なぜなら、裏で魔法のようにする役を担っているのは自分じゃなかったから。今は、プレゼントを買って、食事の用意をして、パーティーを開いてというのが自分の役目。でも、大人になったからといって、その魔法を解いてしまう必要はありません。

子供の頃、一つ一つの瞬間を特別にしてくれた大切な時間を思い出してみましょう。Martinezによると、ココアを飲んだり、飾りつけをしたり、クリスマスシーズンの音楽を聴いたり、映画を観たりなど…何でも良いそうです。そういった思い出を再現することは、あなたの中の子供心に火をつけ、この時期に何かが起こるかもしれないという、少しワクワクした気持ちを持てるきっかけとなるかもしれません。

03.
ストレスの素となる人たちは
できる限り避ける

10f724a804a5922711a15f6b4aafc8ae1f295a51

1番のストレスとなる人たちがクリスマスシーズンに実家に帰るといる人たち、なんて場合には、言うは易く行うは難しなのですが、どんな時でも逃げ道はあるもの。「Live Happy」の人気編集者であり、心理セラピストでもあるStacy Kaiserによれば、問題解決の鍵は「安心や喜びをもたらしてくれる人を周りに集め、ストレスを感じたりマイナス思考の人間は避けること」と話しています。

例えば、夕食の席で、いとこのDebbieの横に座るのが、ちょっとした会話のつもりが最後には必ず政治討論になってしまうというのであれば、椅子を持っておばあちゃんの横に移動しちゃいましょう。サンクスギビングデーの前夜に行った地元のバーで高校時代に避けていたグループの子たちを見かけたなら、親友に電話して違う場所で落ち合うようにしましょう。

Roosevelt元大統領の妻であったEleanor Rooseveltは、あなたの同意なしにあなたに引け目を感じさせることのできる人なんて誰もいないと発言しています。このルールには、例外はありません。それは、クリスマスシーズンにだってあてはまるのです。

04.
欲しいものリストだけでなく
感謝のリストもつくる

199f03fb1e043a8f800e22fe2cbb7785594c0eee

何が欲しいかを考えることを一瞬止めて、自分がすでに持っているモノを欲しいと望んでみましょう。

この時期になると、だれでも欲しいものリストを持っています。新しくリリースされるガジェットや洋服をキャッチーな音楽と共にTVCMで宣伝されたら、何も欲しくない、と断言するのは不可能ですよね。物質的なモノというのは素晴らしいかもしれないけど、たとえシーズンといえども、幸せだけはお金では買えません。

そんなあなたの感情は、クリスマスシーズンの真意へと戻す必要があるでしょう。退役軍人でホリスティック医師であり、国際的な講師でベストセラー「The Emotion Code」の作者でもあるBradley Nelson博士は、感謝のリストを書いてあなたの人生にすでに存在しているポジティブなことに焦点を移すことを勧めています。

「Elite Daily」に語ったのは、こんなこと。

あなたにできるとても大切なことの1つは、自分の人生で本当に良いと思うことのリストを毎日書くことです。

人生は何もかもが最悪、何も良いことがない、なんて感じるかもしれませんが、良いことを考えれば物事は上手くいくものです。

05.
SNSは一時休止

A7e2d5c85f07dca6eb4013c8ef857e95b4af43f5

テレビやSNSが、クリスマスシーズンを盛り上げる。その手段は、エスカレートして、完全にコントロールを失ってしまったようです。

クリスマスの朝には、SNSにログインせず、自分にとって大事な事をしましょう。ログインすると、きっと目に入ってくるのはやり過ぎた家の飾りつけ、キラキラ輝くツリーと、そのツリーを取り囲む高価なプレゼントの数々。きっと、自分のクリスマスと友達のクリスマスを比べてしまうことは間違いなしです。

もし、Facebookで皆んなにお祝いのメッセージを送りたいなら、ちょっとした素敵なメッセージを書いて速攻でログオフすることです。なぜなら、残念なことに見逃してしまうことへの恐れというのは、実際に存在するものですが必要のない感情だからです。元親友の婚約者が贈ったクルマの写真を見続けたりする代わりに、家族や友達と作ってきた思い出を考えてみて。

06.
無理やりワクワクしない
やり過ぎない

66fdaf15f0c5f713ac76ae41230eb2080d312b5e

毎年、私はクリスマスにしたいことをリストアップします。頭の中でだけでする時もあれば、紙に書き留める時もあります。どちらにせよ「雪景色になった公園をダンナと一緒にココアを飲みながら散歩する」や「『若草物語』や『ラブ・アクチュアリーを観る』」や「お母さんのプレゼントを買いにショッピングに行く」などといったクリスマスのあり方を鮮やかに描いてしまいがちです。

この時期には期待が高まり、仕事や学校といった多忙なスケジュールにアクティビティを詰め込みがちです。しかし、残念ながら、私たちはスーパーウーマンではありません。やり過ぎのリストをチェックした時、実行していないとストレスになってしまう可能性だってありるのです。

ニューヨーク市にあるAlbert Einstein College of Medicineで、心理学の助教授を務めるKatherine Muller医学博士によると、これはよくありがちな間違いだそうです。博士が「Health」に伝えたのは「手に負えないほどのアクティビティを詰め込む」のではなく、この時期でもエクササイズやブッククラブなど、日々のルーティンを維持し続けることが大切だということ。

これで今年のクリスマスシーズンは、ストレスが無いこと間違いなしです!

Licensed material used with permission by Elite Daily
街がイルミネーションで彩られるクリスマス。カップルが満足する素敵な過ごし方はどんなものでしょう? 恋人のいる人もいない人も、クリスマスデートの参考になるよ...
「Elite Daily」のAlexa Mellardoさんの紹介する5つの場所を見て、私は一気に“クリスマス気分”になってしまった。観光名所でもある場所...
これからのクリスマスは、家族や友人や仲間たちと、気楽に親密に、しみじみ楽しもう。 むかしの日本では、クリスマスは企業社会の陽気なお祭りだった。サラリーマン...
恋人や友だちと過ごすクリスマスが浸透している日本。かたや欧米諸国は、ご存知の通り家族と過ごす方がプライオリティは高めです。ここに紹介する動画は、まさにその...
もうすぐやってくるクリスマス。今は彼女がいないけど、クリスマスは一人で過ごしたくはない!と考えている男性も多いのではないでしょうか。できれば当日までに彼女...
アメリカでは、大物アーティストがドライブをしながら熱唱する番組「カープールカラオケ」が流行っていますが、一般人も負けていません。ここでは、見ているほうまで...
クリスマスまであと僅か…。どんなに強がっていても、クリスマスは恋人と過ごしたいというのが本音ですよね。でも今更頑張ってももう間に合わないかもと諦めていませ...
街の雰囲気やテレビのCMまで、一気にそのムードが広がる特別な日、クリスマス。もともとはキリスト教のお祭りですが、世界中に広がるにしたがって、国ごとのさまざ...
犬や猫との暮らしにある、何気ない「あるある」をほんわかしたイラストで綴る、ロシア在住のイラストレーターLingvistovさん。そんな彼女のクリスマスバー...
クリスマスに温泉ってムードない!そう思う人のほうが多いからこそ、あまり候補にあがらないのだ。でも逆に言えば、年末年始にかけて室料がぐんと上がり、家族連れで...
ちょっとしたプレゼントって、実は結構難しいもの。ちゃんと使ってもらえるものがいいし、そこにちょっとした特別感もほしいし、でも相手には気を遣わせない価格帯に...
入院中の子どもたちにも、クリスマスを。オーストラリアの写真家、Karen Alsopさんは、ついにその思いをかたちにしました。「病室から出ることのできない...
クリスマスなのに金欠、恋人もいない。そんな人でもいつかの無邪気なクリスマスを再現することで、お金をかけずに、友達と最高に楽しい思い出を作ることができるはず...
毎年、クリスマスシーズンになると巷で話題となるのが、イギリスの百貨店「ジョン・ルイス」のTVCM。商品広告は一切なく、心があったかくなるショート・スト−リ...
クリスマスが近づくと見たくなる映画ってありますよね。今度からそのラインナップに、H&Mのショートフィルムが仲間入りをするかもしれません。なぜなら『...
今年のクリスマスには、満月の夜が訪れます。「The Weather Channel」によれば、これは1977年以来38年ぶりのこと。しかも、次に見えるのは...
クリスマス・ソングをヤギが歌うーーなんじゃそりゃ!と言わずに聞いてみてください。話題になっているかどうかはおいておいて、その衝撃はホンモノ。いやいや、それ...
 12月24日、ホワイトハウスより毎年恒例のオバマ大統領夫妻による、クリスマスメッセージが公開された。任期中最後のサプライズ演出なのか、ミシェル夫人の振り...
毎年クリスマスが近づくと話題になるイギリスの百貨店「ジョン・ルイス」のCM。2015年11月5日に新しい動画が公開となり、今年も胸に響いた!と評判に。無性...
どこか有名店のクリスマスケーキをあらかじめ予約するのも楽しみのうち。ですが、手づくりで誰かをもてなすのもいいですよ。オーブンがなくても、ケーキ型がなくても...