消えない「過去のキズ」に、色鮮やかなタトゥーを彫る男。

タトゥーはただのアートではなく、過去の傷をも覆い隠してくれて、未来に向けて一歩を踏み出そうとする人の背中を押してくれるものでもあると気づくことができたストーリーがある。

Ryan Kellyさんは、他の彫り師が断ることもある、“曰く付き”の客を対象に、無償でタトゥーを彫っている。

消えない傷跡に苦しむ
少女を助けるために…

C0f1519ca0d02732cf76df91b8a5df108a61f7b0Eeada9510550988d3ca92ae7ccbe714d784bbabc

上の写真に写っているのは、Ryanさんを尋ねてきた少女Aoifeさんの腕。左はタトゥーを入れる前のもので、過去におこなった自傷行為の傷跡が多数残っている。そして、右はRyanさんがタトゥーを彫ったあとの写真。

精神的に辛い時期を過ごしたことがあるというAoifeさん。今は、すこしでも前へ進もうとしている。けれど、どれだけ前向きに未来を見据えようとしても、腕に残っている傷跡が気になっていたという。

「自傷行為をやめて数年になるのに、傷跡を見るたびに毎日思い出さなきゃいけなくてとても辛いです」

「Ryanは、醜いものに美しいものを被せるということをして、前に進もうとする人たちの背中を押しています。タトゥーをいれてもらうことで、自由になった感覚や自信を取り戻すことができるのです。半袖を着ていようものなら、チラチラ見られて質問されることが多く、仕事もしにくいですからね」

と、「Independent」に語っている。

苦しむ人をタトゥーで救う

5997dd4238bb2a53b630629c479fc849106c4e59

前述したとおり、AoifeさんはRyanさんに出会うまで、傷跡にタトゥーをいれることを他の彫り師から断られてきたという。通常よりも工数がかかったり、高い技術を問われることになるからかもしれない。

しかし、Ryanさんはどうして彼女を受け入れたのだろう?

実は彼、過去にもAoifeさんと同じような悩みを持つ少女にタトゥーを入れたことがあるのだという。その経験から、自らのタトゥー技術を他にも苦しんでいる人たちのために役立てたいと思いはじめ、「Scars Behind Beauty」というプロジェクトを立ち上げたということ。Aoifeさんも、このプロジェクトの存在を知ってRyanさんのもとを訪れたようで。

プロジェクトでは現在、毎週1人を対象に、無償でタトゥーを入れているという。

自分が持っているスキルで誰かを救う時、それはRyanさんのようにタトゥーという場合もあるのだ。今後も彼の手によって、多くの人が笑顔になっていくことを願う。

Reference:Independent
Licensed material used with permission by Ryan Sean K
入れる人の想いが詰まっているタトゥー。日本では、文化的に広く受け入れられているとは言い難い。が、それでもこの「Skin Motion」は、注目に値する。そ...
一見すると、指先まで袖のある黒いドレスを着ているようにしか思えないこの写真。ところが、彼女がまとっているのはドレスではなく、黒一色ベタ塗りのタトゥーなんで...
タトゥーと言えば、基本的には一度入れたら一生ものというイメージ。いくら興味はあっても、その後の人生とどう付き合っていくのか熟慮が必要になるだろう。気軽に楽...
パナマにはなんと12歳のタトゥーアーティストがいる。名前はEzrah Dormon君。母親と外出した時にタトゥースタジオへ行った時の事がきっかけだったとい...
1000年以上も前から続く伝統的なタトゥーを引き継ぐのは、カリンガ州にあるブスカラン村に住むWhang Odさん。100歳になる世界最年長の彫り師であり、...
ひと昔前の入れ墨の認識とは違い、今やファッションの一部として楽しむ人も少なくないタトゥー。以前と比較すると、そのイメージはややカジュアルなものになり、街中...
スタジオジブリの映画が海外でも人気なのは、言わずもがな。ですが、あまりに好きすぎてタトゥーを彫っている人たちがいることをご存知ですか?トトロからカオナシま...
明るい場所から、暗い場所へと移動すると発光するタトゥー。暗闇でブラックライトに反応するUVインクで彫ったタトゥーは、海外で最先端のスタイルとして確立されつ...
デビッド・ベッカムは、大のタトゥーフリークでもあります。ただし、その刻まれた数々のタトゥーは、彼の愛する妻や子どもたちの名前、大切な家族を表していると言い...
ボディペイントを自分でやるのは難しいし、シールだと偽物感が気になる。本当に彫る勇気もない…となった時に、私が実際に使ってみて予想以上に気に入ったのが「in...
もしも、タトゥーのない自分の姿を見たら、その人はどんな反応をするのだろう。そんな思いつきから、イギリスの写真家、スティーヴン・バートンは1冊の写真集をつく...
ド派手なタトゥーを全身にびっしりと入れた子どもたちが、ニュージーランドを中心に急増しているそう。一体なんで…。もう気づいた人も多いかもしれない。これは、エ...
20世紀初頭、パブロ・ピカソとジョルジュ・ブラックによって創始され、その後多くのフォロワーを生んだ現代美術の大きな流れのひとつにキュビズムがある。ルネサン...
スマホに保存したり、財布の中にしまっていたり、自分にとっての大切な写真は常に持ち歩きたい。そうすることで、いつも大好きな人たちとの思い出にひたることができ...
コチラの記事では、2週間限定のタトゥー「inkbox」自体の紹介をしたけれど、ここでは簡単な使い方について。貼り付ける箇所によっても変わるけれど、基本的に...
増え続ける訪日外国人。特に地方自治体にとって、観光産業は大きな収入源です。誰もが足を運んでくれるお客に満足してもらい、リピーターになってもらいたいと考える...
この手に癒され続けて来たのだから、スタンプのようにペタッと残しておきたくもなりますよね。最近のインスタでは、#pawtattooで見るとわかる通り、実際の...
タトゥーよりもビビッドで、ブラックライトで照らすと光る、ド派手なボディペイントとして話題になっているのがコレ。しかも、驚くほど気軽に遊べるのが特徴なんです...
何かと厄介なオンナ対オンナ。対立的だったり、繊細だったり、気分の浮き沈みが激しかったり…。もちろん一緒にいて楽しいこともたくさんありますが、女子が群れてひ...
写真と見分けがつかないほど「ハイパーリアリズム」な絵を描く、ドイツ人アーティストMike Dargas。その技術もさることながら、経歴もなかなか興味深いん...