針も糸も必要ない、「男らしく」つくったドレス

フワフワとして清楚な雰囲気のドレス。果たして、何人がこのドレスの正体を見抜けるのでしょうか。

一見すると、軽そうな素材でできているようですが、すべて大理石でできているんです。

09951c50b2cab4c673c90a529d2922051c032e1fB159b51d73abbdf0921ae2303af725637c9c427a

大理石のドレスをつくるのに、針や糸、ミシンはいりません。アングルグラインダーやエアハンマーなどの工具を使って、大理石をカットしていきます。細やかで柔らかなビジュアルに反して、雄々しい制作過程。ドレスの生みの親であるAlasdair Thomsonに、なぜ石にこだわるのかを聞いてみました。

僕が使うCarrara大理石は、細かいところまで加工しやすい素材なんだ。他の石では、繊細な形をつくりだすことができなくてね。

 

それになんといっても、数多くの大理石から生まれたヨーロッパの“芸術の歴史”と繋がれたような気がするんだ。

最も重いドレスは、
な、なんと2トン!

2d8f1469ca55c261909ffdec1cbc3d8da8f1c17c

気になる作品の重さですが、ほとんどが10〜20キロの重さのようです。上の「For Display Only」と名付けられた実物大のウェディングドレスは、なんと2トンもの重量があります。

ズッシリと重いはずなのに、軽やかな大理石。まだまだ、彫刻を生み出したいAlasdaiは、新たな仕事の依頼を受付中。ドレス以外にもさまざまな作品がありますよ。

4c5f415c793e61765951c04b7b2a4242573738477fa8e82b18f64237028bce74596846d71892854a42bd750ef84cc8683c79c6a4bd6d206432e0ee2d23a649770994388e9fde2b048da470a6b58169544530a619bb9876addea7f49e47cee8b536da8ced6909394d0f148afcce094e48217583b76694e09d0039d0e7621d71b32bacb040c83052898d8f7e94Bc70b7e7aec533a176273c51a458c454da352bd3
キャッチーな壁画やアートを背景に撮影する「ウォール・スカウティング」。インスタグラムの世界では、すっかり定着した感がある。が、それを一歩進化させたのは、女...
私の中で刺青イコール怖い人のイメージがある。だけど、アーティストのFabio Vialeの彫刻は、刺青は日本の誇れる伝統芸術であることに気づかせてくれた。...
色鮮やかで個性的なドレスを身につけてポーズを取る、Emily Seilhamerさん。彼女のお手製なんですが、素材はちょっと意外なもの。何だか分かりますか...
「ペーパードレス」とは、文字通り紙で作られているドレス。1960年代、アメリカのポップカルチャーから生まれ、アンディ・ウォーホルをはじめ多くのアーティスト...
エアギター、ビキニ、BBQなどアメリカには、風変わりなコンテストが数知れずあるけれど、その中でもコレは突き抜けている。だって、トイレットペーパーでつくられ...
チュール生地や刺繍など見た目からして、やわらかさを感じるドレスで女性のカラダを包み込む。「Paolo Sebastian」がInstagramで公開した写...
93歳のSylviaさんは、88歳のFrankさんとの結婚を控えていました。「結婚式のパーティーで、どのドレスを着たらいいでしょうか?」彼女は、Faceb...
「まっしろ」にこだわるのもいいけれど、今こんなアレンジが流行っているみたい。ね、かわいいでしょう。しかも、どうしても地面に擦れることでついてしまう汚れを目...
もしも、成人式の振袖をウェディングドレスとして着ることができたら?とっても高価で、日本らしい絵柄も魅力的な振袖ですが、一生のうちで2〜3回しか着る機会がな...
本物のお花を活用した作品を生み出す、マレーシア人アーティスト、LimzyことLim Zhi Weiさん。Instagramにはその多くが投稿されていますが...
一生に一度の結婚式。もし自分でドレスを購入していたら、女性であれば思い出にとっておきたいことだろう。しかし、ホームレス経験があるというDawnettaさん...
世界のあらゆる場所で、ドレスを風になびかせているのは、ロシアのブロガーNinelly。自らのフォトプロジェクト「My Dress Stories」を立ち上...
ロシア、フランス、トルコなど世界の名所をドレスで彩る。モスクワのフォトグラファーKristina Makeevaの写真は、どれも幻想的で魔法にかけられたよ...
結婚式から数年、穏やかなのはいいけれど、ふたりの関係はなんだかマンネリ気味。もう一度、結婚当初の新鮮味や情熱が戻ったらなぁ、なんて思っているカップルは、意...
噂の「スイカドレス」現象。インスタで「#watermelondress」と検索すると、現在6,000件以上のスイカを洋服に見立ててポーズをとる人たちを見る...
本作品のタイトルである「YARN」は、アイスランド語で「糸」を表す言葉。この物語は、彩り豊かな糸によってアートへ昇華した「編み物」にスポットライトを当てた...
ロシアで活躍する刺繍作家のKrista Decorは、動物や植物をモチーフにした数々の作品を生み出している。モチーフとなるものと天然石やビーズなど一つひと...
動画に登場する花嫁のブルックさん、自身の結婚式で母親からのプレゼントに思わず涙してしまいます。それは、まだブルックさんが小さかった頃に母親が娘への想いを綴...
世界最大規模のシークレット・ディナーパーティーをご存知ですか?参加者全員が真っ白な装いで、公共のど真ん中で楽しむフランス発の大人のパーティー。「ディネ・ア...
過疎化に悩んでいるのは、日本の田舎に限った話ではないようです。ここ、イタリアのチヴィタカンポマラーノ(モリーゼ地方)は、人口600人ほどの小さな村。年々進...