『現代演劇ポスター展2017』が、せつない。

宇野亜喜良が好きだ。

153df654df626656b26b6d6e0324b8ac79e86084

『男装劇 星の王子さま』(演劇実験室◎天井棧敷)
1968年 デザイン:宇野亞喜良 シルクスクリーン

中学時代、寺山修司の詩集が好きだった私は、必然と宇野亜喜良のイラストを多く目にしていた。そして彼を好きになり、彼の絵を特別に思うようになった。

2003年、SPACE SHOWER BOOKSから出ている『宇野亜喜良60年代ポスター集』を手にした。本を通して、ますます宇野亜喜良が好きになると同時に、彼のポスターが街中に貼られていた60年代の街を想像し、うらやましいと思った。

私は1988年生まれ。あんな刺激的な60年代を、決して経験することはできない。同じ時代を生きた人は、奇跡。その奇跡は、私には訪れない。

しかし、あれから14年。
あの時代は決して戻ってこないけれど、あの時代の演劇ポスターが帰ってくることを知って、私は興奮した。

約300点のポスターで
あの時代がよみがえる

その展覧会こそ、すでに話題となっている『現代演劇ポスター展2017―演劇の記憶、時代の記憶、デザインの記憶、都市の記憶』だ。渋谷ヒカリエホール ホールB、渋谷キャスト スペースアツコバルー arts drinks talkの3会場を使い、宇野亞喜良、横尾忠則、粟津潔、赤瀬川原平、平野甲賀らの60年代の演劇ポスターが展示される。
A498691442b0c40edeb550c215571c036e7cee16

『現代演劇ポスター展2017』は、ポスターハリス・カンパニー設立30周年の記念展として開催されるものだ。

ポスターハリス・カンパニーは、演劇や映画、展覧会などのポスターを、劇場や美術館などに配布している会社だ。手元にポスターがたくさん集まるようになったことをきっかけに、1994年、60年代以降の舞台芸術系ポスターを収集・保存・公開するプロジェクトを設立した。そのコレクションの充実度は、新国立劇場のポスター収集活動にも協力しているという事実からもうかがえる。

ポスターハリス・カンパニーの約2万点におよぶポスター・コレクションのなかから、60年代を語る上で特に重要なもの、貴重なものなどを300点厳選し、大々的に公開するのが今回の展覧会だ。

906cfea66610ac8094039c9b20eb8803d76606db

左・『犬神 フランクフルト公演』(演劇実験室◎天井棧敷)1969年 デザイン:粟津潔 シルクスクリーン
中・『腰巻お仙 忘却篇』(劇団状況劇場)1966年 デザイン:横尾忠則 シルクスクリーン
右・『少女都市』(劇団状況劇場)1969年 デザイン:赤瀬川原平

 すばらしい、けど
せつない理由

前述の『宇野亜喜良60年代ポスター集』には、「ポスターという名のメディア、あるいは懐しい風」という、宇野亜喜良本人のエッセイが収められている。そのなかには、彼の温度で、時代と演劇ポスターの関係がつづられていた。

60年代は今ほどメディアが多様化していなかったこと。そのため、ポスターは都市のなかで、メディアとしての機能を立派に果たしていたこと。それが若者にとっては、情報を得て、文化を楽しむ方法のひとつだったこと。ポスターを貼り出すとすぐはがされ、持ち去られ、新たに貼っても、またはがされたこと。劇団はそれを嘆いていたこともあったようだけれど、ポスター作成者として、宇野亜喜良は嬉しいと感じたこと。彼がそれを、演劇+デザインによる「市街劇」ととらえ、60年代の街を見ていたこと。

そして、当時の演劇ポスターを、こう言い換えている。

「ごく一時期の間だけ
 人間の精神や、情緒にかかわりを持つ、
 ある種のはかなさを
 具有するメディアである。


60年代を彩ったこの華麗な演劇ポスター群は、今私たちがあの空気を疑似体験できる、唯一で、最大限の方法だ。それは高揚であり、貴重であり、幸福であるのはもちろんだ——けれど。

この展覧会の根幹にあるのは、まぎれもなく、切なさなのである。

なぜなら、ここで展示されるのは、もう戻れないあの時代・あの都市の「精神」であり、「情緒」であり、それらを総じた「記憶」だからだ。このポスターたちが華麗であればあるほど、「戻れない」現実は色濃くなり、せつなさは増す。それがまた、この展覧会を最高で、唯一無二のものへと押し上げていくのだろう。

だからこそ、私はこの展覧会に期待している。宇野亜喜良に憧れ、60年代に憧れ、けれどその奇跡を享受できないという切なさを胸に、観に行こうと決めている。

Eba3737ecae49036f6abcf203c8c38727048c250

現在、パルコのクラウドファンディング「BOOSTER」では、この展覧会の応援プロジェクトが始動している。サポーター募集期間は2018年1月31日(水)までだ。

展覧会名
現代演劇ポスター展2017―演劇の記憶、時代の記憶、デザインの記憶、都市の記憶

会期
2017年12月21日(木)~2018年1月10日(水)

会場
渋谷ヒカリエホール ホールB
渋谷キャスト スペース
アツコバルー arts drinks talk

開館時間
11:00~20:00(最終入場19:30)

休業日
2018年1月1日(月・祝)

Licensed material used with permission by ヒカリエホール
33年後の未来を描いたポスターが、大きな物議をかもしている。描かれているのは、米国にある7つの国立公園。いずれも、本来は美しい景観の超人気観光スポットだ。...
ゲイの兵士が逮捕されたり、大統領選の候補者たちが同性愛に対して否定的な発言をするなど、同性愛者にとっては厳しい状況が続く韓国社会。そんな中、各地の大学で、...
イギリス・マンチェスターに住むヨルダン・ボルトンさんは、映画に出てくる小物などを集めてアイコニックなポスターを制作するアーティスト。映画好きなら、見ている...
従来の花火大会のものと異なり、写真ではなくイラスト、しかも秀逸なコピーまで載った5パターンのポスターが、この夏SNS上で話題に。これは第68回呉の夏まつり...
シドニーを拠点に活動するディスレクシア(失読症)支援団体「Sydlexia」。彼らは、二つの側面から失読症の人を助けるポスターをデザインしました。
2008年。米・大統領選のシンボルとなった「HOPE」ポスターを作成した、グラフィティ・アーティストのシェパード・フェアリー氏。このポスターは、オバマ前大...
ある日、カリフォルニア市内がヘンテコなポスターでジャックされました。もちろん、これらは全部がフェイク。有名人や企業を勝手に使って、ちょっと行き過ぎでしょ!...
大英博物館やテート・モダンなど、名だたるミュージアムを数多く抱えるロンドン。先日、この街のとあるギャラリーで開催されたのが、犬のための現代アート展です。「...
これは、作家・吉川 潮と島 敏光による、もてあます暇をもてあそぶ極意。著作『爺の暇つぶし』から一部抜粋したものです。吉川 私は現在67歳の立派なじじいです...
5年後、オリンピック・パラリンピックがやって来る!電車の中吊り広告や、駅構内、バスの停留所で、きっと目にしているはずのこれらの広告を覚えていますか?陸上ト...
『トイ・ストーリー』や『モンスターズ・インク』『ファインディング・ニモ』など、数々の大ヒット作品を世に送り出してきた「ピクサー」。2016年、設立30周年...
10月22日(日)から、東京・渋谷で実に1ヵ月にわたって「RED BULL MUSIC FESTIVAL 2017」が開催される。まだその全貌は明らかにさ...
「Mikkeller Tokyo(ミッケラートウキョウ)」が、渋谷に戻ってくる!多くを語らずとも、これだけで感涙にむせぶコアなファンは決して少なくない。な...
NetflixやAmazonプライムで何千という映画が観られる時代。ずらりと並ぶ映画一覧を前に、何から観ればよいか迷ってしまうこともしばしば。そんなときに...
「Oui on Peut!」英語に訳せば(Yes we Can)、聞き覚えのあるフレーズはもちろんあのバラク・オバマの名文句。そのキャッチフレーズを添えた...
日本在住のオーストラリア人が、深夜の渋谷で発見した「酔っぱらい」の写真を投稿し続けるInstagramアカウント。その名も「shibuyameltdown...
ラジオとカセットが合体してできた、日本発のイノベーション=ラジカセ。おそらくオーバー40くらいの方々にとっては「持ってた!持ってた!」とノスタルジーを掻き...
もしも彼らが2017年に足を踏みいれたら、夢と希望で溢れた物語は、どう変化してしまうだろう?と考えたTom Ward Studio。現代の闇を感じさせるに...
Googleマップをベースとして、モダンアートに変身させる「Modern Map Art Prints」。そのクオリティは、美術館にあるレベルなのだとか。...
2016年4月23日(土)から『Volez, Voguez,Voyagez - Louis Vuitton (空へ、海へ、彼方へ ── 旅するルイ・ヴィ...