坂本龍馬が日本に残した「10のキャリア論」

17歳の時、ペリー率いる黒船と出会い「このままの日本ではダメだ」と立ち上がった坂本龍馬。幕府を倒して、天皇の下に統一された国家が必要だと考えるようになり、薩長同盟を結ばせ、大政奉還という大変革を日本にもたらした彼の思想は、死してから150年経った今でも、働き方にヒントを与えてくれます。

ずっと望んでいたものの、一度もこの海外に足を踏み入れることなく33歳で暗殺されてしまったけれど、彼が起こした明治維新のプロセスは、今でも海外で評価され続けているのです。

今年5月に、徳川幕府が生まれた経緯や、当時の皇室の位置づけなどを説明したうえで、明治維新に至る過程を紹介した動画がUPされました。ここでも、彼らの賢さと勇気ある行動に、海外から数多くのコメントが寄せられています。

今までTABI LABOで記事にすることはなかったけれど、もうすぐ坂本龍馬の命日。今回は海外の偉人の名言ではなく、今の日本をつくる大きな役割を担った彼の残した名言のなかから、“働き方”に通ずるものを紹介します。

01.

事は十中八九まで自らこれを行い。
残り一、二を他に譲りて功をなさむべし。

仕事というものは、八分までが困難の道であり、あとの二分は誰でもできる。だから最後の功績は、他人に譲りなさい。それでなければ、大きな成功は収められない。という意味だと言われています。

02.

俺は着実に物事を一つずつ築きあげてゆく。
現実に合わぬことはやらぬ。

03.

偏見を持たず。
相手が幕臣であろうと乞食であろうと、

教えを受けるべき人間なら俺は受けよう。

04.

俺は議論はしない。
議論に勝っても、人の生き方は変えられぬ。

05.

慎重もええが、思いきったところがなきゃいかん。
慎重は下僚の美徳。
大胆は大将の美徳。

06.

世の既成概念を破るのが、真の仕事。

07.

人間、不人気では何も出来ん。
いかに正義を行なおうと、ことごとく悪意にとられ、

ついにはみずから事を捨てざるをえない。

08.

暗ければ、民はついて来ぬ。

09.

奇策とは百に一つも用うべきではない。
九十九まで正攻法で押し、あとの一つで奇策を用いれば、みごとに効く。

奇策とはそういう種類のものである。

10.

何の志も無きところに、ぐずぐずして日を送るは、実に大馬鹿者なり。

4228a998cef3d74be45dda2096a2741fac4e220d

「人おのおのが志を遂げられる世の中に、したいものだなぁ」。坂本龍馬は、こんな言葉を残しています。未来の日本を切り拓くために、命をかけて改革を起こした人。

150年がたった今でも、言葉のなかに残る彼の意志や覚悟の重さは、今日を生きる日本人の心に響くものがあります。

Reference:Feature History
広島県・鞆の浦の特産品である「保命酒」。かつてあの坂本龍馬やペリー提督、島根の世界遺産・石見銀山で働く人たちも飲んだとされており、みりんに十六種類の薬味を...
写真を見ながら、一瞬、言葉を失った。これまでの人生ではじめて見るアングルに妙な美しささえ感じてしまった。一連の写真を撮影したのは、リトアニアをベースに活躍...
世界で初めてスーツを着ている競走馬がお披露目されたのは、「Cheltenham Festival」。毎年イギリスで開催している、競馬の障害競走のイベントで...
普通に生活していると、なかなかこんなところにまで意識は及ばない。でも、言われてみるとなるほどなと思う。世界初の馬専用スニーカーは、決して単なるオシャレアイ...
馬はエネルギーの象徴。そのため、夢に現れたときには無意識からのメッセージを数多く秘めているものなのです!<名馬の夢>→努力が報われる予兆勝利や発展、栄光を...
新卒で入社した企業に一生勤めるのは当たり前、なんて考え方は大げさではなく過去のもの。もちろん転職するのが正というわけでは決してないけれど、常に新たなキャリ...
人が何かを成し遂げるためにもっとも大事なことは、明確な目標を持つことです。自分の進むべき道やゴールがはっきり見えていないと、努力を続けることも困難になって...
あなたは「自分の人生」というストーリーの主役です。と言われても、日々そう思いながら生活するのは難しいもの。人生経験が浅ければなおのことでしょう。でも早く気...
「Harvard Business Review」は、ハーバード・ビジネス・スクールが創刊した学術メディア。そこに掲載された記事が、話題になっています。こ...
動物と人との関わり合いをテーマに、長く写真を撮りつづけてきたシャルロット・デュマ。彼女の写真と向き合うとき、そこには、ただ「言葉なく見つめる」時間だけが流...
ヨーロッパ中を飛び回りながら仕事をする、ドイツ・ベルリン在住のフリーランスのカメラマン。海外で活躍する日本人サッカー選手をはじめ、様々なスポーツ写真を撮影...
距離はそこまで離れてはいないけれど、なかなか足を運ぶキッカケがない。モンゴルには、どこか“近くて遠い”印象がありませんか?ここで紹介するのは、そんな同国の...
名言は、人類の歴史の中で活躍した偉人たちの考えを今に伝えてくれます。時を超えて、成功者たちの思想を学ぶことができるのです。そんな古今東西の名言に遠越段さん...
挑戦の数だけ、成功があります。偉人と呼ばれる人たちは、この「挑戦」を誰よりも多くしてきた人です。彼らは、どうして挑戦し続けることができたのでしょう?経営コ...
歴史上の人物たちの言葉が、今も多くの人達に届いているなんて驚きますよね。しかも、いつになっても学ぶことが尽きないもの。「I Heart Intellige...
多岐にわたる自然研究の業績から、「万学の祖」と形容される、古代ギリシアの哲学者アリストテレス。今から2,300年以上も前に生きていたとされる彼ですが、その...
ルックスのいい男性ほど、ビジネスにおいては損をしがちである。英大学の研究によるこの仮説は、デキるビジネスマンのイメージを払拭するもの。何かと得をしそうなハ...
歴史的に「偉人」と言われる人たちも、生きることに悩み苦しみ、虚しい日々を過ごした経験があるものです。ここでは、家入一真さんが発案し、絶望名言委員会なる組織...
努力を積み重ねた先に、成功があります。逆を言えば、努力なしに成功はつかめません。でも、わかってはいても途中で簡単なほうへ逃げたり、投げ出したりする人が多い...
この「I Heart Intelligence」の記事は、数千年前から近代に至るまでのさまざまな分野の偉人たちが発した名言をピックアップしています。それら...