1本見送ってでも乗りたい、イスタンブールの旧型トラム。

旧市街、新市街、そしてアジア側と、広域にわたり点在するイスタンブールの観光スポットを効率よく回るのに、便利な交通手段がトラム(Tramvay)だ。現地に暮らす人々に溶け込むようにして、ゆっくり路面電車に揺られる。

Bba4c1cf13e398b2c37c085ebb41b95f42b9730b921e195223c4c74c796230f07734c6bd9b197531555996bd8a0640316422ab8883dc6420c2f2746c

小雪の舞い散る師走の街に旧型のトラム(通称ノスタルジック・トラム)が、ゴトガタ騒々しく過ぎていった。

アジアとヨーロッパ、ふたつの大陸にまたがる都市・イスタンブール。かつて、ローマ帝国、ビザンチン帝国、オスマン帝国と三代続いた大帝国の首都として、数多くの遺...
アムステルダムといえば、ヨーロッパ有数のトラム網が整備された街。最近、そんな市民の足にある変化が起きているのだそう。実は車内に、「ワニのステッカー」が登場...
親に「目が悪くなるよ」と言われながらも、布団のなかで夢中になって本を読んだ子どもの頃。あとちょっと、と思いながらも止まらなくなって、結局朝を迎えてしまった...
どの国にとっても、クリスマスは特別な季節。街中に魔法がかかったような冬のひと時に、ポーランドのIwona Podlasińskaさんは、自分の2人の息子と...
夢の中の電車は、あなたの社会的な運勢、環境、人間関係を表します。電車は公共機関なので、示すものは仕事や会社、学校などあなたの社会的な関係や立場に関すること...
大人になってから、森林公園に行く機会ってほとんどない。もし、行ったとしても癒しを求めて散歩をしたり、健康を維持するためにランニングしたり、子どもの頃みたい...
電車内のマナーを見直すように呼びかけるために「ラップ」を披露した、サンフランシスコとロサンゼルスの交通機関の公式Twitterアカウント。これがアメリカの...
Googleマップの「ストリートビュー」が歪んでいるようなこれらの写真。じつは、すべて意図的に撮影されたもの。見ればみるほど平衡感覚が失われていく、違和感...
1年前、交通事故で左手小指に傷を負った。第1関節より前の骨が砕けてなくなったのだ。10年間、乗り続けたVespaは廃車になり、俺はバイクに乗ることを止めた...
サーフィンは、数あるスポーツの中でもかなり上達が難しい類だと思う。だって、訪れるポイントの地形によって割れる波の形はまったく違うし、同じポイントでもウネリ...
いわゆる電動アシスト自転車といえば、小さな子どものいる家庭で愛用される“ごっついチャイルドシートのついたアレ”。いくらか形状に違いはあれど、結局はママチャ...
イタリアの市街地は、どこも趣のある古い建築物がたくさんある。有名な観光名所だけでなく、何気ない通りでも、思わずカメラを向けてしまうほど旅情感たっぷりだ。ビ...
サンフランシスコに住む人たちにとって、身近な移動手段であるベイエリア高速鉄道(通称:BART)。毎日多くの乗客が利用するこのBARTの車内に、ある日突然ブ...
いけないことだと分かりつつ「クルマが来ないから」と信号無視をして横断歩道を渡ってしてうこと、あるのではないでしょうか。でもそれって、あなたが思っている以上...
撮影されたのはカナダ・ブリティッシュコロンビア州、バンクーバー北部の山中です。2015年11月19日のこと。例年よりも雪が積もるのが早く、近くにある北米最...
夢の中に雪が出てきたことはないでしょうか。雪は自分の感情や情緒を示すといわれていますが、一概に雪といっても、様々なシチュエーションがありますよね。雪の夢に...
人によって夏バテは意外に長く続くもの。連日の暑さで疲れた体に、スタミナ満点の食事もいいけれど、胃袋だってお疲れ気味。ならばと紹介したいのが、ヨーグルトを使...
ニュージーランド・マナワツの高校「バーマストン・ノース・ボーイズ・ハイスクール」で、行われた全校生徒による「ハカ(Haka)」。この圧倒的なパフォーマンス...
電車って、意外に「人間の素」が出てしまう場所だと思う。なぜか気が緩んでいる人が多くて、見ていると結構おもしろいんですよね。だから、地下鉄に潜むモンスターの...
人口約24万人(都市部全体だと約114万人)、フランス第5の地方都市ボルドー。この町を歩いていて感じるのは、若い人が多くて活気があるということ。それもその...