人間はすでに「ゾンビ化」している気がした風刺イラスト

映画やマンガに登場する、生ける屍たち。一度は死んでいるのにも関わらず、何かに執着するように彷徨う彼らは、なんとも不気味です。

Gunduz Aghayevが描くのは、現代人を“ゾンビ化”させたイラスト。私たちのすぐ近くに存在する「闇」について考えさせるようものばかりなので紹介します。

よく考えたら「危機」かも?

Cf4ff09367c21933090f1c1f2362cb7240c090a6

SNSにどっぷりと。

3305c4673b875a319ea131731df3c6a5b07603a6

信じすぎてはいけない世界。

9ebc8cd1bcbf24a5d8203cac5e9365354c37fea0

自分たちで汚すだけ汚して、最後はどうするつもり?

5f10b6bcf103b4ee4b09f8374cbd6f79a6f88a55

タトゥーをしているだけで悪者?あなたのほうが怖い…。

A5bd4fbcf219f0b5f60cafd9f5a7beaa52120d4c

ちゃんと考えて、「いいね!」してるよね。

36923f9de51b322f17e1fe77be19b09d620c4762

もしも、禁忌を犯したアダムとイブが現代にいたら、ふたりを裁くのは誰だろう…。

960321531fcfcb6adefee5da66509c1e70b1d695

こういうことにだけ、あっちもこっちもすご〜く干渉してくるんだから。

Licensed material used with permission by Gunduz Aghayev
Igor Morski(イゴール・モルスキー)は、現代社会を風刺した多数のイラストを発表しているポーランドのアーティスト。温暖化や監視社会、まるで何かに操...
幸せって、みんなと同じ道を目指すこと? 人の価値は見た目で判断されてしまうの?イギリスのイラストレーター・John Holcroftさんは、そんな現代人へ...
世の中はもの凄いスピードで変化していく。たとえば携帯。最初は持ち運べる電話というだけで驚きだったはずなのに、着メロが作れるようになり、カメラが付いた。する...
現代社会をシニカルに描くフランス人イラストレーターJean Jullienさんが、画集「MODERN LIFE」をリリース。さっそく話題になっています。1...
僕たちの生活を飛躍的に便利に、そして快適にしてくれたスマホやSNS。もはや「手放せない、手放すべき」といった賛否の議論は過ぎ去り、あまりにも日常のなかに溶...
現代社会は闇だとか、生きづらいとか。そんな批判をすることもできますが、だからこそ面白いこともきっとあるはず。Francesco Bongiorniさんが今...
フランスのイラストレーター「Jean Jullien」が描いたのは、テクノロジーに依存した社会を風刺したもの。確かに…と思えるものやドキッとする作品は必見...
鳥かごの中で仕事をする小鳥、自殺する時計…。ポップなイラストの中に現代社会の闇を描いているのは、Elia Colomboさん。彼が発している強烈なメッセー...
2014年、ロンドンのクリエーターSteve Cuttsによる社会風刺アニメが、世界的な話題となった。消費や欲望、自然破壊といった“見えづらい日常”の行く...
あるある!と思えるものや、解釈の余地があるものも。イラストレーターのマルコ・メルグラティがInstagramで定期的に更新している画像を紹介します。まばら...
アゼルバイジャン在住の風刺画家、Gunduz Agayev氏。彼が国ごとに違う“正義”の捉え方を少し過激なイラストで表しています。「この作品を作るのに15...
イラストレーターMarco Melgratiが描くのは、「社会の闇」を感じる作品。彼のイラストは、世の中へのちょっとした嫌味を感じてしまうものばかり。会社...
現在、ロンドンの老舗ギャラリーThe Fine Art Societyで公開されている、中国人現代アーティストJacky Tsaiの個展が評判をよんでいる...
眺めていると楽しくもあるんだけど、ちょっとチクっとくるレトロな絵にう〜んと、考えさせられてしまった。この作品の生みの親は、イギリスで活躍するイラストレータ...
毎回、過激な手法で賛否両論の物議を醸すPETA(動物の倫理的扱いを求める人々の会)。今回は、シドニーのケンタッキーフライドチキン前の路上で、動物愛護への問...
社会風刺アニメが国際的にも認知され、いまや国際的な映画祭で数多くの賞を受賞する作品が次々に登場しています。ここに紹介するアニメも考えさせられます。とくに仕...
フォロワー70万人を超えるインスタアカウント「Petites Luxures」。フレンチエロスをポップなイラストで表現している。性の解放、快楽を大いに楽し...
今の時代だいぶ働きやすくなったのかもしれないけれど、まだまだ「社会の闇」が存在するのも事実。会社に全てを捧げることに疲れた……。もし、こんな悩みをもつ人が...
SNSが一般的になってから、英語に新しく登場した「Phubbing(ファビング)」という単語があります。これは、親しい相手が目の前にいるのにスマホが気にな...
サンフランシスコ在住のアーティスト、Michael Kerbowが描くイラストの多くは、「自動車」が主役。それも、たっぷりな皮肉交じりの。今回は、車社会へ...