職場で見たら「脳内トリップ」してしまうかもしれない、旅の写真。

私たちは、毎朝起きると同じルートを通って会社まで行き、同じオフィスのドアをくぐり抜け、いつもと変わらない仲間といつもと変わらない空間で1日を過ごす。

「いつもと同じ」というのは、私たちに安心感を与えてくれるに違いない。だけど、すべての人が心からそれを望んでいるわけではないはずだ。

心の中で、「本当はもっとわくわくしたい。冒険したい」という気持ちがうずいている人もいるのでは!?もしそうだとしたら、Mihai Barbuさん家族の旅の写真を見た瞬間、日本じゃない別の国へ“脳内トリップ”してしまうかも。

「いつもの毎日」では、
見つけられない景色。

76822819d05bcddf6cac3dfc201cc7caaf33e11aEad72f482d7fc156fd2256af516611f90dd49c6856a5151fc0b34687cbc1a6b66114424ccc8a6a79Bf8e4ba298a202cd5e98e49967095d186d309c4fA3e6bdb84962ba71e74f7f4537a66558a421a923Feab10ec1ef73d0530f4cc34f944a51d9c107c335048ba76679a483b20d71d2502cfe85429e8ce76A81c184fb1cb55f9157567aef5d829b30b634d396e2a6c646d21f89c2fba9eec617cf32f25b26ab2D66db894e43aaba0f01c01921f7a785b4e49ae52C8f0de72cb9306f6654c02dcde4fd00e58ec67bc180858ee187af75c87d787447bce2f7b688a7a22

紹介した写真は、彼らが2016年の夏にコーカサス諸国を旅した時のもの。撮影されたのは少し前だけれど、Barbuさん自らが書いた記事と一緒に1カ月ほど前にインターネットに公開された。

彼らのように同じ景色をたどることが1度もない日々を送ることができたら、どんなにエキサイティングだろう。

実はこの家族、以前も2015年に行った時の旅を公開して話題となった。かなり長期で行ったものだと思っていたけれど、毎回子どもの夏休みにあわせて予定を組んでいるとのことだ。今、仕事をひたすら頑張っているみなさんも、年末年始の休みまであと一踏ん張りですよ!

66ee639c51aeb97a5aa9971bbb2190b575bacf7e
Licensed material used with permission by Mihai Barbu
二児のママであるドミニクさんは、2015年に仕事をやめてから、子どもたちと過ごす時間が増えたため、SNSやブログの更新をはじめました。ある日、彼女が次女の...
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
イラストレーターのMinelli Pintoさんは旅行が大好き。旅先で写真を撮るのも趣味なんですが、自分が写るのは何だか恥ずかしい。だからいつも旅の写真は...
仕事を辞め、家財もすべて売り払って世界旅行にでた、とある夫婦の話が「boredpanda」や「News.com.au」などで話題になっています。大学を卒業...
にっこりと笑う小さな男の子。大好きなパパとママと一緒に写る幸せいっぱいの一枚は、見ているこちらも微笑ましい気持ちになります。だけど、実は彼の両親は離婚して...
写真はときに、言葉以上のストーリーを私たちに伝えてくれます。ある写真家は、亡くなった夫を写真の中に呼び戻し、実現しなかった家族写真をつくりました。ステファ...
アメリカの「Elite Daily」は、恋愛に関することがリスト形式の記事が有名ですが、時々そのフォーマットからまったく逸脱したユニークな記事も。例えば、...
旅行先で、ネットが繋がらずGoogle Mapが見れなくなった時。目的地への行き方が分からなくなり、迷った人もいるのでは?でも、この記事を読んでいるアナタ...
学生時代、初めての海外一人旅でインドに行ってから、その魅力にすっかりハマってしまった。以降、訪れた国は約30ヵ国ほど。たとえ、一般的にはその国が安全だと思...
ヴィンテージカメラを見るとワクワクする。所有していた人はレンズを通して何を見ていたんだろうとか、どんな写真を撮ってきたんだろうとか。想像しても決して答えは...
被写体、衣装、背景、小道具のすべてがシンクロ。風変りでありながら、どこかモダンさを感じさせる家族写真である。ポーランド出身のNatalia Wiernik...
夢の中でする旅行は、少し不思議な気分になるものですよね。一度も行ったことがない場所や絶対に行けないような場所であれば、なおさら。でも、そんな旅行の夢には、...
「Collective Evolution」において、ライターのSarah Gibson氏が、少ない予算で旅を楽しむ10の方法を紹介しています。特に初めて...
海外で暮らしたら、さぞかし楽しいだろう。漠然とそう思ったことがある人も多いでしょう。でも現実は、そんな単純なものじゃなさそう。独・ベルリン在住の女性ジャー...
スマホのおかげで、それまであまりカメラに興味がなかった人でも、気軽に手元に写真を残せるようになりました。「みんな、もっと写真を撮ればいいのに」と思...
少しずつ暖かくなってきた3月は、卒業旅行シーズン。5月にはお待ちかねのゴールデンウィークもあって、春は海外旅行を計画する人も多い季節。かくいう私もその一人...
時に写真は残酷だ。そこに莫大な予算を注ぎ込み、いかに時間をかけようとも、撮るべき一瞬が通り過ぎてしまうこともある。写真家は、職業ではなく生き方だ。その写真...
中学生の頃だったか、地理の授業中に地図帳を眺めながら、「日本地図は本当に正しいのだろうか? 道は、本当にこのとおりに繋がっているのだろうか?」と疑問に思っ...
使い方はカンタン。あなたが今まで訪れたことのある国や都市をピンするだけ。実際にやってみて思ったのは、世界地図を見ながらやると旅の記憶が鮮明に蘇ってくるとい...
真っ裸のもの、宙吊りになったもの、思いっきりブレてるもの、足だけのもの、仮面をかぶったもの。じつは、これらはすべて婚約写真というから目が点になった。確かに...