残業手当と引き換えに、「若さ」を手放してはいけない。

最近街の煌びやかさに、ショックをうけたことがある。

11月も下旬。世間がクリスマス一直線だなんてことは重々に理解している、と、思っていた。でもいざ買い物へ行ったら、そこには想像を越えたキラキラ世界。

大きなツリー、寒空の下で光るイルミネーション、ファー付きのコートに身を包む女性、笑い合うカップル。こんなにも心踊っている世間から、完璧に取り残されていた自分に気がつく。

若い人には恋する時間が必要。子どもが生まれれば、子どもと過ごす時間が必要。働いてできることは、請求書の金額を払うことだけ。

職場と家の往復をするだけに時間を使っていると、いつの間にか老人になってしまうよ。

記憶の引き出しから、ホセ・ムヒカ元大統領の言葉が飛び出してきた。ウキウキ気分はどこへやら。突如押し寄せてきた焦りの波に、きれいに飲み込まれていった。ザッパーン。

最も怠ってはいけないもの
それは「タイムマネジメント」

笑いながら歩いてくる、女の子のアイシャドーのラメ感が目に沁みたとき、頭に浮かんだ言葉はひとつ。

タイムマネジメントを怠ると、残業手当と引き換えに『若さ』を手放すことになる。

職場と家の往復だけに時間を費やさないように、私はもう一度タイムマネジメントの専門家である、Laura VanderkamさんのTEDを見直すことにした。公開された直後から、定期的に見て自分に喝を入れていたのだけれど、最近は気が緩んでいたことに気付く。

もっと効率よく時間を使って、充実した毎日に変えたいと少しでも思うひとは、ぜひ彼女のアドバイスを聞いてみてほしい。

フリータイムは
1週間に“72時間”ある

1週間は168時間(24×7)。フルタイムで働いているなら、週40時間は仕事に使っている。8時間睡眠をとるとして、週に56時間。それならフリータイムが72時間も残っているはず。

週に50時間働いているとしても、62時間。60時間働いてるとしても、52時間は残っている。

買い物をする時間、子どもと遊ぶ時間、趣味に費やす時間は、フリータイムのうち何割かで本当は満足できること。

「時間がない」というセリフは、往々にして「優先順位じゃない」ということを表している。だって、ブラインドの掃除をしたら1,000万円もらえるなら、何よりも先に掃除するでしょう(笑)?

ではどんな意識を心がけをしていれば、忙しい中でも充実した時間過ごすことができるのか。

そのハウツーを、彼女がとてもわかりやすく動画でレクチャーしてくれている。

これまで女性は「仕事か家庭か」「出世か出産か」の二者択一を迫られることが多かったと思います。けれど、今はプライベートを大切にしながら仕事も継続できる時代。...
日々の業務に追われて、手をつけることができない…と、スキルアップのための勉強や資格の取得を諦めていないでしょうか。『10年後に生き残る最強の勉強術』の著者...
Allison Isaacson氏が米メディア「Elite Daily」のこの記事で、キャリアウーマンの本音に迫っています。「大人の女性」として自立した彼...
価値観が多様化する現代、昔と比べて私たちの働き方も随分と変わってきました。「ワークライフバランス」という言葉が世に出て久しいですが、自由に生き生きと暮らす...
もっとも成功した起業家9人を「Inc.com」にリストアップした、ジャーナリストのEkaterina Walter氏は、彼らの時間の使い方(タイムマネジメ...
かつては、同じ場所、同じ時間、同じ顔ぶれで働くことがスタンダードだったかもしれません。でも、多くのテクノロジーの進化や、働き方の多様化によって、そういった...
大人になるということは、美容も健康も精神状態も、自分のことは自分で責任をとるということ。心身ともに健康でいるためにも実践してみたいのが「上品な女性が実践し...
このコラムでは、ここ数回に渡り、どんなこともビジネスにできるビジネス脳を持ってITを使った業務の効率化で働く時間を半分にできれば「自由に働き方を選べる...
価値観が多様化している現代において、自由であたらしい働き方を求める人は増えています。自分の求めるワークスタイルに合った会社選びをしようと思ったら、果たして...
自分は完璧な女性と結婚することができた、と振り返るSteven Aitchison氏。そんな彼がブログで、男性が手放すべきでない女性の特徴を紹介しています...
いつまでも若くいたい!というアナタに。カウンセラーのT-Ann Pierceが、これまで出会ってきた若々しい人々の中から見出した共通点を紹介していますよ。...
本田直之さんと四角大輔さんの共著『モバイルボヘミアン 旅するように働き、生きるには』では、仕事とプライベートを分ける「ライフワーク・バランス」ではなく。「...
仕事漬けの毎日を過ごしていると、ふと何のために働いているのかわからなくなってしまうときがありますよね。毎日が忙しすぎて、大切なことを見失っているということ...
私たちは、しばしば物事を前に進んでいないのにも関わらず、全力で車輪を回すことだけに労力を割いている時があります。ライターJustin Gammillの表現...
今の時代、これまでは考えられなかったほどのスピードであらゆることが目まぐるしく変化することで、価値観が多様化して働き方や生き方について考える機会が増えてき...
「人生80年」とはよく耳にする言葉ですが、となると40歳はちょうど中間地点です。まさに今!というあなた(特に男性)はぜひこの記事を読んでみてください。男性...
日本でも、仕事先まで自転車で行く人が増えてきているように感じます。そんな中、自転車大国とも言われるオランダでは、自転車通勤にも手当が出るなどますます優遇さ...
ジョン・キム作家。韓国生まれ。日米英で教鞭をとった後、2004年から2013年まで、慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学な...
同じことをしていても、忙しく感じさせる人と、余裕があるように感じさせることができる人がいるもの。「忙しい人」と「余裕のある人」の間には、いったいどんな違い...
リーダーシップというと、強烈な個性で人を引っ張る人物を思い浮かべるかもしれません。しかし実際は、人の痛みを思いやることができ、人間的に尊敬される優しい人物...