10年単位で付き合いたい「スウェット」。

古着屋さんで時々見かける、何十年前のものなのに生地がしっかりしているスウェット。いいですよね〜。

〈THE(ザ)〉のスウェットは、その現代版。

1960年代に活躍した(つまり前述の古着と同じ!)、昔ながらの吊り編み機でゆっくり編まれたスウェットは、ガッシリしているのに柔らかく着心地がいいです。聞けば、糸も柔軟性を持たせた特殊なコットンを用いているとか。納得です。

新たな定番を生み出すことを目指している〈THE〉のウェアだけに、シルエットはあくまでベーシック。生地と同じく、何十年経っても飽きないであろう普遍的なカタチになっています。

ジャストで着てもいいし、今ならワンサイズ上でざっくり着るのも気分(下の写真はワンサイズ上で着ています)。

年齢も性別も関係なくオススメできる、これぞ“THE Sweat”ですね。

色はグレーとネイビー。それぞれ、ジップアップのフーディーとクルーネックがラインナップされています。

公式オンラインショップで購入可能です。

7b8810f0ed3cdbe47d40498f47f2a252ecb9f81bDcf0ba66522690d91be0d439f34180f51ff10e95F244e091b2a7fa6b0bb6de9733e7f40128aa44d13a8013d55426c683eb3ccea5ef5531502a58193f

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

「トレサレーヌ」「アラウトゥン」「ハナゲ」…測れそうもないことを推し量ろうとする事で、科学も文化も発達してきた。本書では、近代化とともに使われなくなった、...
メートルやフィート、グラムやポンド。世界にはさまざまな「単位」がありますが、なかには聞いただけではイメージできない、呪文のようなものもあるのです。ここでは...
「有害な人間は、あなたから多くの時間とエネルギーを奪う。さらに、不必要に物事を複雑化し、争いをも生み出すのです」そう警鐘を鳴らすのは、「TalentSma...
年下の彼氏との恋愛は色々と小さなことが気になるものです。「彼は本当に私の年を気にしてないの?」「彼と同年代の子に負けてない?」など、年上彼女としての悩みは...
交際して3年も経てば、パートナーと本音で会話ができる反面、衝突や飽きがくるリスクも。そのため、カップルにとっては関係が続くためのひとつの「壁」と言われてい...
米・マサチューセッツ工科大学(以下MIT)が、誰でも無料で単位が取得できるオンライン講座を開始しました。世界中どこにいてもMITの単位が取れる授業スタート...
フットワークが軽い人。思いついたらすぐに行動を起こせる人。そんな彼らには、いくつかの共通点があるようです。1.経験が多彩なので、対応が柔軟行動力が高い人は...
2005年ってどんな感じだったっけ?なんて聞かれても返答に困っちゃいますけど、「Paris zigzag」に掲載されたイラストは、この10年間で何が変わっ...
2016年はみなさんにとって、どんな1年だったでしたか?不完全燃焼でしたか?充実していましたか?結果はどうにせよ、それぞれ素敵な瞬間もあった1年だったはず...
定期テストや受験勉強に追われた学生時代を卒業してもなお、人生は日々勉強。仕事で必要な資格や、自己啓発のためのトレーニングなど、社会人になっても勉強しなけれ...
もし付き合った相手が、あまりにも心配性だったら?不安を抱えること自体悪いわけではありませんが、時にはあなたを疲れさせてしまうかも。「Higher Pers...
たとえ職場を変えても、新たな街に移り住んだとしても、ネガティブな人というのは必ずいて、あなたに付いてまわります。周りを変えることはできないからこそ、ポジテ...
日常生活の中で、「なんか強そう。苦手かも」と思う女性はいますか?なにを考えているか読めなくて、接し方もわからないから、自然と距離を置いてしまう…そんな相手...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
「付き合うべきはギタリストだ!」 そんな独特の視点で書かれた記事が、「Lifehack」に掲載されているのでご紹介。ライターCasey Imafidon氏...
付き合いたい女性の条件は、もちろん人それぞれ。ただその中でも、同じ趣味のパートナーを求める人は増えているようです。会話も合うし、同じ時間を共有できる。それ...
自分は完璧な女性と結婚することができた、と振り返るSteven Aitchison氏。そんな彼がブログで、男性が手放すべきでない女性の特徴を紹介しています...
米ライターのChrystina Noel氏が書いたこの記事には、人付き合いにおけるちょっとした気遣いがまとめられています。でも、これらは誰にでもやるべきマ...
海外のデキるビジネスマンに共通すること。それは、朝早く起きることだ。スタバのCEO、ハワード・シュルツ氏は4時30分に起きて6時前に出社して誰よりも早くオ...
「女心と秋の空」ということわざもあるほど、移り変わりの早い女性の心を理解することは、男性にとって難解なもの。 でも、男友達の多い女性なら、良い付き合いがで...