「好きだから、消えて欲しい」。なぜそんなことを思うんだろう?

大好きな人、大事な人にはもちろん幸せでいて欲しい。それなのに、深い深い心の奥底、誰にも知られていないようなその場所で、恋人や親友、家族の死を想像してなぜか安らかな気分になってしまうことってない?

そして「こんなことを考える自分は、異常なんじゃないか、ひどい人間なんじゃないか」と思ったり。

2664bb9ffd739beef7e237ae727aac02f78cb3a6

「食べちゃいたいくらい可愛い」とか「好きすぎて怖い」「殺したいくらい好き」っていうのにちょっと似ているのかも。彼らが日常から忽然といなくなることを想像して、ほんの少しだけ安らぐような不思議な気分になることがあるのだ。それってもちろんとっても悲しいことのはずなんだけど、それなのになぜこんな気持ちになるんだろう。

…実は「The School of Life」の動画によると、 こういう気持ちは意外と理にかなったことなんだって。

"好きな人の破壊力"がコワい

E6282b66f461a8a8eca4066f564853b52864ee98

好きな人に「いなくなって欲しい」と思うこの心理。一見悪いことのようだけど、カウンセラーやセラピストといった、他の人の心の奥に一般よりもよく触れる仕事をしている人からすると、「優しくて、繊細で、話も面白いような人」ほどこういったことを言い出すものなんだって。

人と親密な関係になると、高確率でどんどん「アンビバレンス」と呼ばれる心理状況になってゆく。ネガティブな感情とポジティブな感情、つまりは矛盾する2つの感情が深く入り混じる心の状態

7538638b89f452ef41621d178bcdcff5c6262dc9

ある人の存在が自分の中でどんどん大きくなってゆくと、その人にいつもいつも自分の心を注ぎ込むことになっていく。

だから莫大な感情とエネルギーを使うし、その人に寄りかかりすぎちゃって、その人を好きなせいで、毎日、とても大変になってしまう。深く愛せば愛すほど、同時に暗い気持ちを抱きやすくなるのだ。

37f0b6857801e9d3dbd135247f0b1caf8176c6ea

そしてしまいには、怖くなる。好きなのに、好きだから。

彼らは他の人にはとてもできないような感情の揺さぶりを平気でこっちにかけてくるし、「惚れた弱み」って言葉の通り、こっちにとっちゃ、いってしまえば彼らが一番の「弱点」なのだ。彼らは僕らを喜ばせることができるけど、同じくらい些細なことで落ち込ませることもできるんだもの。

"強い感情"から逃れたい

8dc829e52e7ee8d2d26fba8f099d0bc2930cea0d

つまりはこんな「好きすぎて苦しい」状態からなんとか逃れたいがために、僕らは頭の中でこっそり彼らを消してみるわけだ。もちろん、消えて欲しいと思ったって実際に行動に移そうなんて人は滅多にいないけど。

それどころか準備すらしない。やっぱり彼らが大事なので、毒を買ったり、嵐の夕方に崖の周りを散歩させたりなんてことすらしない。

でも奇妙なことに、それでも確かに好きな人の死に、安らぎや安心感や、ある種の救いを見出す場合があるのだ。

De9108fc3b0dd79bf31360e974a4511b0b01aa1d

とはいえ、想像は具体的な計画とは全く違うもの。それくらいなら僕らの現実の価値観とか意図とは関係ないといって良い。これは背負いきれない感情から逃れるためのいっときの逃避なのだ。心の底から死んで欲しいと思っているわけではなくて、その根っこには、人と心から触れ合うことや、人を大事にすることはとても大変でリスクもあるから、それが怖くてこんなことを思ってしまうという背景がある。

本当に人を愛するというのは、恐ろしいことなんだ。

僕らは相手に対して、常に心を費さずにはいられない。だって愛するっていうのはきっと、その人の存在に、常に注意を払うことだから。

5d7f27116d1a295ab4e2035609ed65686a977af2
Licensed material used with permission by The School of Life
フロリダ州・マイアミに住むLauren Ellman先生(以下、ローレン先生)は、「THOUGHT CATALOG」で恋愛関係、デート、自己愛、ワークライ...
「口に出さなければ判らない」とかく恋愛では、こんな二人のすれ違いが事実よくあるもの。そんな心のモヤモヤを、男性から解消する方法を「I Heart Inte...
「Elite Daily」の女性ライターAmandaさんは、うまくいきそうな男性がいても、後戻りできないくらい好きになってしまうのが怖くて、逃げてしまうと...
「好き」と「愛」の違いを見分けるのは、難しいものです。人はいつ「好き」になって、いつ「愛」するようになるのでしょう。ここでは、何人かの恋愛アドバイザーの見...
誰かを愛するということは、必ずしもハッピーな気持ちだけでいられるワケではありません。時には辛さや痛みを伴うし、それは万国共通の感情のようです。「愛すること...
この恋、間違ってるかな?本当に今の関係を続けて大丈夫かな?恋をしていると、そんな不安に襲われることも多い。でも、恋人といてこの「10のこと」を感じるなら「...
ひとたび恋の歯車がズレはじめたら、相手のイヤなところが次から次へと頭に浮かんでくる。心ない言葉だって平気で口をつくようになるんだから、恋の終わりはいつだっ...
落ち着きがあり、周囲に気を配ることの出来る年上女性。そんな憧れを抱いている男性も多いのでは?しかし、大人の女性はあまり不満を態度や言葉に表したりしないので...
世の中にある恋愛のルール。そのほとんどは、自分を傷つけず守るためにあります。でも、傷つくことを恐れていては恋愛なんてできないのも事実。ここで挙げたルールは...
男性は、あまり自分のことを話したがらない生き物です。それが恋愛となれば、なおさら。女性からしたら、自分はちゃんと愛されているかな、と不安に思うことも多いの...
私は様々な恋愛をしてきた。ちょっと他ではないようなハードな体験も。そんな中で、「恋愛とは一体なにか?」を考えてきた。ここからは、私の特異な恋愛経験をもとに...
付き合い始めた頃はあれほど「好きだよ」と言ってくれていたのに、時間が経つにつれてまったく言ってくれなくなる。そんなものですよね、男性って。女性からするとそ...
愛は美しい、というイメージがありますが、本当にそうなのでしょうか?得るのは困難なのに、失うのは簡単。人を狂わせ、時には死へ追いやることすらあります。ここで...
隣りの花は赤く見える。他人のものは何でも良く見えてしまうことのたとえですが、日々の生活のなかでよくありますよね。たとえば誰かが着ている洋服が気になって仕方...
「結婚相手は、尊敬できる人を選びなさい」とはよく聞きますが、恋愛でもそのルールを考慮していると、なかなか「彼氏彼女」の関係に踏み出せません。では、何を重視...
ジョン・キム作家韓国生まれ。2004年から2013年まで慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学などで客員研究員を歴任。著書に...
彼氏/彼女を「パートナー」という呼び名に置き換えたなら、あなたの恋人にどんな変化が起きるか?たんなる表現の違いで、「もっと精神的に深く結びつき、お互いを尊...
女性からすると「えっ!?」と思うようなファッションを、実は多くの男性が好んでいる。そう主張する「Elite Daily」の男性ライターKevin Schl...
これって、本当にあるあるだと思う。恋人に気を使わなくなっていくほど、陥りやすいのが過度な要求。やりすぎていると自覚しにくいから怖いんですよね〜。「I He...
みなさんは恋人を選ぶとき、どんな理想を持っていますか?たとえば、自分の話をきちんと聞いてくれる。浮気をしない。自立していてクリエイティブ。など、いろんな要...