【厳選】思わずワクワク!旅に出たくなる10冊のTABI LABOオススメ本!

 

本は、新しい知恵を与えてくれる。新しい一歩を踏み出す勇気をくれる。そして、旅に出るきっかけになり得ることだってある。今回紹介するのは、読んだら思わず旅に出たくなってしまうような10作品だ。

①アルケミストー夢を旅した少年②12万円で世界を歩く③流学日記④旅する哲学⑤深夜特急⑥ブラを捨てて旅に出よう⑦ガンジス河でバタフライ⑧モノを捨てよ世界へ出よう⑨未来を変える80人ー僕らが出会った社会起業家⑩LIFE PACKING

アルケミストー夢を旅した少年

自分に素直に生きたい、という簡単な願いを叶えることすら難しい今の世の中。この作品の中にはそんな現代を生きていくための教訓となるような言葉が散りばめられている。

12万円で世界を歩く

貧乏旅行だからこそ、見える世界がある。出会える人々がいる。旅はお金を掛ければ良いというものではないのだ。移動での苦労話がメインの1冊だが、垣間見える現地でのこぼれ話には思わず吹き出してしまう。

流学日記

大学を休学し、世界一周に出た1人の男子学生。現地での出来事が赤裸々に綴られた、ダイレクトに著者の思いが伝わってくる1冊となっている。今まさに「若者世代」に当たる人は是非1度目を通していただきたい1冊となっている。

旅する哲学

作家・芸術家・哲学者の作品を通じて世界の素晴らしさを発見するという、新しい形のガイドブック。なぜ、人は旅に出るのか?という疑問を抱えている方におススメの1冊である。

深夜特急

本作品は「麻薬」と言われる事がしばしばある。それはこの作品に感化されて旅に出る読者が多いからだ。

ある日、26歳の若者は全てを投げ捨て、放浪の旅に出た。インド・デリーからイギリス・ロンドンまでの旅の様子が物語としてでは無く、経験談として描かれている。そんなリアリティ溢れる描写が多くの人を虜にするのだろう。

ブラを捨てて旅に出よう

空腹と不潔は当たり前、150万で超貧乏世界一周旅行を達成した女性の2年間を描いた物語。とにかく無謀で大胆な彼女の旅にはハラハラドキドキさせられるが、現地での出来事が赤裸々に描かれており、臨場感溢れる一作となっている。

ガンジス河でバタフライ

ひょんなことからインドを旅することになった主人公てるこ。大胆で人懐っこく、現地にすぐに馴染んでいくが、その性格故何度も危険に巻き込まれることも。そんなこんなありながら逞しく成長していく、てるこの様子がリズムよく綴られた、さくっと読める面白い1冊になっている。

モノを捨てよ世界へ出よう

海外に行ってまず買うべきモノは携帯電話。ロンドンでは夏でも厚手のコートが必要になる時がある。観光ビザによる就労行為は原則厳禁。最悪の場合再入国に制限が付く。など、知っていそうで知らない海外の情報が沢山記されている。世界に出る前に必ず一読しておきたい1冊だ。

未来を変える80人ー僕らが出会った社会起業家

フランスの2人の若者が世界を旅してインタビューした社会起業家80人を紹介した1冊。魅力的な起業家達から紡ぎだされる言葉に、世界の可能性を感じずにはいられないだろう。新たな一歩を踏み出す勇気を与えてくれる1冊となっている。

LIFE PACKING 

これからを生きるための知恵が詰まったLIFE PACKING。21世紀を断捨離することから始めた著者により厳選されたモノの数々は、旅に出る準備の参考にぴったりだ。

 

世界一周の旅を映像とともに配信する人気ブログ「旅する鈴木」。その主人公は、映像作家の鈴木陵生氏とヨガインストラクターの聡子氏だ。そして、この秋からは、TA...
読書の秋だ。本の素晴らしさって、どこにあるのだろうか? ウェブで情報がこんなにあふれている時代に、それでもまだ1冊の本を手に取る意味って何だろう? 私たち...
海外への一人旅はあなたを大きく成長させてくれるもの。とはいえ女性の場合、男性にはない危険を伴うのも事実ですよね。そこで旅好きの女性ライターIzabella...
 「旅に出て、もしも自分よりもすぐれたものか、または自分にひとしいものに出会わなかったら、むしろきっぱりと独りで行け。愚かなものを道連れにしてはならぬ・・...
「Collective Evolution」において、ライターのSarah Gibson氏が、少ない予算で旅を楽しむ10の方法を紹介しています。特に初めて...
僕らはこの世界にいる。そして自らの選択次第で自由な生き方は実現する。でもあなたがその選択に迷ったとき、一歩を踏み出すきっかけになってくれるプロジェクトがあ...
リアルタイムで世界とつながり、まるで旅をするように未だ見ぬ自分を探求する・・・。 世界とつながるとは、どういうことだろうか。今回のイベントでは、次世代にお...
「今から20年したら、やったことよりやらなかったことを後悔するだろう。もし迷っているなら、決断せよ。今いる安全な場所から離れて、探検し、発見しよう」ーマー...
次に行きたい旅先は、個人のライフサイクルやステージによって変わるもの。だからこそ、よくある旅のススメだって、それぞれの目的に合わせて細分化される必要があり...
学生時代、初めての海外一人旅でインドに行ってから、その魅力にすっかりハマってしまった。以降、訪れた国は約30ヵ国ほど。たとえ、一般的にはその国が安全だと思...
永川さんは電通を退社後、世界中の都市の様子をYouTubeで発信する 「WORLD – CRUISE」というプロジェクトをはじめられました。このプロジェク...
TABI LABO×メキシコ ホースキャラバンの旅が、始まる ぼくたちは世界のどこにでも行けて、会いたい人に会い、暮らしたい場所へと自由に移動する。暮らし...
 ローコスト・トラベル(LCT)の時代がいま、幕を開けた。旅行の費用はあり得ないぐらいに安くなっている。LCCで海外に飛び、Airbnbで泊まるところを見...
ここで紹介するのは、哲学者・アウグスティヌスの言葉から始まるJeff Goins氏の記事。正直、その言葉を聞くだけでハッとする人も多いのでは?きっと、旅慣...
「本当の旅の発見は新しい風景を見ることではなく、新しい目を持つことにある」ーマルセル・プルースト(作家)旅に出る前と帰ってきたあとを比べて、自分が「ちょっ...
青木優 Yu Aoki現在、明治大学5年生の青木優さん。2011年大学4年生の時に大学を休学し、Facebook、TwitterなどのSNS(ソーシャルネ...
小野美由紀さんはカナダの大学への留学後、沢木耕太郎さんの自伝小説「深夜特急」に憧れて沿って世界一周に出ました。小野さんの「深夜特急」との出会い、そして旅に...
早稲田大学政治経済学部4年の松井鈴果さんは、ワシントンDCにあるAmerican Universityへの留学後、そのまま「宗教」をテーマに世界一周をし、...
一生忘れない旅を君はしたことはあるだろうか?「ある」と答えた人はきっと、この先の人生は大丈夫なはず。「ない」と答えた人には、「絶対にそんなことはないはずだ...
「人生は旅だ」。なんて使い古された言い回しに聞こえるかもしれません。しかし、文学作家のドクター・スース氏はこう言います。「大人になっても子どものような心を...