【速報】子宮の移植手術による「初めての赤ちゃん」が誕生!

2014年、10月4日「子宮移植手術」を受けた女性の出産が初めて成功した。

今回、取り上げられている36歳の女性はメイヤー・ロキタンスキー・クスター・ハウザー症候群 (MRKH)*の患者で、膣と子宮を持たずに産まれてきた。

※MRKHは、先天性膣欠損症とも呼ばれる。XX女性で他の性器は通常だが、膣・子宮が欠如している状態。発生頻度は女性の4,000~5,000人に1人の割合。性自認は全員が女性の自認を持つ。by wikipedia about disorders of sex developmentDSDs

友人女性(61歳)の子宮を彼女に移植し、新しい臓器がなじんだ後に、体外受精した受精卵を、その子宮に着床させて出産したそうだ。

「今回の成功は10年以上に渡る動物実験や、医師達の外科研修の成果が、MRKHに苦しむ世界中の女性を治療できる可能性を示した結果だ。」と担当したヨーテボリ大学教授、MattsBrännström氏は語った。

MRKHは、多くの女性たちを悩ませている問題で、今までに同じような挑戦を何度かしたがいずれも赤ちゃん出産までにはいたらなかったという。今回の成功例が、今後の大きな希望に繋がるに違いない。

 

Reference:First Baby Born From Womb Transplant

中国、ハルビン医科大学の外科医Xiaoping Ren氏は、2013年に世界で初めて実験用マウスの頭部移植に成功した人物だ。これまでに約1,000頭ものマ...
2014年10月24日、シドニーで世界初の「死んだ心臓」の移植が成功した。この心臓は蘇生される前に、約20分間にわたり機能を停止していた。これまで、移植に...
子どもが大切にしていたぬいぐるみの脚がもぎれたり、耳がちぎれたり、破れてしまったら……。あとはもう、捨ててしまうだけでしょうか?大切なおもちゃを「修理」で...
この動画は、心臓移植手術を受けたトレバー・サリバンくん(15歳)が、術後にその心境を語ったもの。目が覚めた後の感極まった様子を父親のフィリップさんが映像に...
「VJ NAKAICHI」は、日本を代表するVJとして知られている男性です。TOYOTAやNISSAN、VolksWargen、Audiなどの展示やショー...
2016年5月19日、アメリカでドナーを待っていた中市好昭(なかいちよしあき)さんの肝臓移植手術が成功した。日本を代表する映像クリエイターとして知られてい...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
この感動の動画は、妊娠わずか24週目の早産で生まれた息子の初めての誕生日を祝って、母Mary  Coleen Grierさんが息子に送った1年間分の記録映...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
初めてレモンを食べた時の衝撃を、覚えていますか?おそらく、ほとんどの人が記憶にないでしょう。では、さっそくご覧ください。ヒトは初めてレモンを口にした時、こ...
学校にピアスしてって怒られるのは、日本だけ?日本では子どもにピアスって、賛否両論あるものです。それが産まれたての赤ちゃんの話だったら尚更。ファッション・ア...
家を出るときに雨が降っていたら、なんだか憂鬱になってしまうもの。傘をさす手間が増える、お気に入りの服が濡れる、何より心までどんより…。そうやって、いつしか...
患者の負担を軽減するために、傷を最小限に抑えて施術する「低侵襲手術」。これには、頑丈であり、かつ小さな道具が必要になります。2016年3月10日にブリガム...
2014年9月。ジェレミーさんの妻・シェリーさんは、めでたく女の子リランちゃんを出産。しかし、その直後に容体が急変し、意識不明の昏睡状態に陥ってしまいまし...
2015年6月7日、オーストラリア、ブリスベンの道路でコアラの親子が交通事故にあいました。すぐにオーストラリア動物園にある、ワイルドライフ動物病院に搬送さ...
オーストラリア出身のハリソンさん。現在78歳の彼が、200万人以上の赤ちゃんの命を救ったというニュースが、話題になっている。彼が赤ちゃんを救うために行った...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
出産は人生の一大イベント!妊娠すると、自分の体がどんどん変化していくのを感じ、喜びを感じたり、ときには不安になったりしながら出産の日を迎えます。さらに、無...
わが家に二人目の子どもが生まれたとき、パートナーと同じくらいに僕が感謝したのは2歳年上の長男でした。なぜって、彼のときは日々の子育てがつねに手探りだったか...
人出が足りない小さな牧場が、産まれてくる「赤ちゃんヤギ」のお世話をしてくれるボランティアをネットで募集しました。4時間おきに赤ちゃんヤギを抱っこしながらミ...