【こんな仕事があったのか】時代と共に世界から消えた「9つの職業」

時代が進むに連れて、必要とされなくなっていく職業がある。世界の歴史を紐解くと「こんな仕事が昔はあったんだ!」と驚くものがたくさんあった。ここでは、世界から消えていった知られざる仕事の種類を振り返って紹介したい。

あなたの知ってる職業、一体いくつあるだろうか?

世界から消えていった職業たち

■1 ボーリングのピンのセット係

ボーリングが自動化する以前、倒れたピンの並べ替えや集計は全て人の手で行われていた。1900年代半ばに自動式のピンセッターマシンが導入するまではピンセッターと呼ばれる職業が存在していたようだ。

■2 目覚まし係(Knocker-uppers

目覚まし時計が登場する前に存在した職業。その内容は、「ドアや窓を叩いて、依頼主を起こす」という荒っぽいもの。

■3 ネズミハンター(Ratcatchers)

ヨーロッパでは、プロのネズミハンターが存在していた。その過剰な繁殖を防ぎ、感染症から国民を守るためのかなり危険な仕事だったようだ。

■4 街頭のランプライター(Lamp Lighter)

今でも存在はしているらしい、しかし相当にレアな職業と化してしまっているようだ。電力が普及する前には、実際に人の手でその明かりが灯されていたようだ。

■5 牛乳配達員(Milk man)

以前は新鮮で冷たい牛乳を各家庭に運んでくれる「牛乳屋さん」が多くの家庭に訪れていたようだ。

■6 ログドライバー(Log Driver)

写真だけでは伝わりづらいかも。「川に丸太を流し、それを目的地まで運搬する」職業だそう。以前は日本にもあったようで、トラックなどの運搬車両ができる前はこうやって川に流して運んでいたという。すごい!

■7 電話交換手(Switchboard operator)

電話はもともと直通ではなかった。電話を掛けると、まず電話交換手に繋がる。すると交換手が回線を手動で繋げていたのだ。直通で繋がる現在のような電話が登場した時、人々はその技術進歩に驚いたという。

■8 死体発掘人(Resurrectionist)

19世紀頃、大学の研究に使用する人体を手に入れる為、墓場から死体を発掘する職業が存在したようだ。

■9 人間レーダー(Acoustic Rader)

センサーによってレーダー探知できるようになる前の時代、戦争では「人間の聴力でミサイルの音を感知する」という超アナログな方法で攻撃を察知していた模様。果たして、間に合ったのだろうか…?


消えていった職業は決して少なくない。自動改札機が生まれる前には鉄道改札員という「切符切り」の仕事があった。携帯電話が普及する前、「ポケベル」が流行した時代には「ポケベル・ガール」なる音声ガイダンスの仕事があったのだ。

歴史を振り返ると、今となっては想像もできないような珍しい職業がもっとたくさんあったのかもしれない。

Reference:11 Jobs That No Longer Exist Today. on Reddit

どんな仕事にだって、ストレスはつきもの。クライアントの無茶ぶりや、長時間労働、感情的なトラウマなどなど、多くの人がストレス解消法を持ってなんとかやり過ごし...
子どもの頃なりたかった仕事や、見事な職人技を見て「やってみたい!」と思ったり、ある職業に就きたいと本気で思っているけれど、どうしたらいいかわからないーー。...
これまで女性は「仕事か家庭か」「出世か出産か」の二者択一を迫られることが多かったと思います。けれど、今はプライベートを大切にしながら仕事も継続できる時代。...
ヨーロッパ中を飛び回りながら仕事をする、ドイツ・ベルリン在住のフリーランスのカメラマン。海外で活躍する日本人サッカー選手をはじめ、様々なスポーツ写真を撮影...
「自分の天職ってなんだろう?」「今の仕事は本当に合っているのかな?」と一度くらい、本気で考えたことがあるはずです。自分の「特性」を探って、それにマッチする...
「海外で働きたい!」と思っている人は多いかもしれませんが、もちろんいろいろな国がありますよね。国が違えば当然文化も違います。それぞれに合ったコミュニケーシ...
「イメージしてください。船の上で、何にも邪魔されず自分のやりたいことを考えられるとしたら?叶えたいビジネスプランをより現実的なものにできるとしたら?世界中...
コンピューターやインターネットの発達にともない、近い将来、人間が仕事を奪われてしまう「テクノ失業」が問題化するかもしれません。しかし、仕事は減るばかりでは...
働くことは、会社のためでしょうか。それとも、自分のためでしょうか。答えはひとつではありません。価値観が多様化している現代においては、生き生きと自分らしく働...
海外で働いている人って、どこか優秀なイメージがありますよね。でもいくら日本国内で優秀な人でも、海外へ行ったとたんに仕事がうまくいかなくなってしまう人がいま...
ジョン・キム作家。韓国生まれ。日米英で教鞭をとった後、2004年から2013年まで、慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学な...
「ジェスチャー」は、なにかを伝えるために使われることが多いですが、一方で自分の気持ちを盛り上げたり、元気を出したり、ストレスを和らげたりする効果もあると言...
海外で働くためには、まず語学!そう思っている人も多いのではないでしょうか。しかし、大切なのは、日本と外国におけるコミュニケーションの考え方の違いを知ってお...
場所を選ばずに自由に働くことのできる、ノマドワーキングスタイル。日本でも数年前から話題となっていますが、実践している人はまだまだ少なそうです。ここで紹介す...
価値観が多様化する現代、昔と比べて私たちの働き方も随分と変わってきました。「ワークライフバランス」という言葉が世に出て久しいですが、自由に生き生きと暮らす...
毎日決まった仕事をこなしていると、慣れてしまうせいか、当初のワクワクを忘れてしまいがちです。やりがいを感じないまま仕事をしていると、「果たしてこのまま続け...
「猿も木から落ちる」「猫をかぶる」のように、日本で日常的に使われていることわざも、海を渡ればふしぎな言葉に聞こえることがあります。その国ならではの言葉や言...
「海外勤務」に憧れている人が、その夢を実現させるためには、一体どんな力が必要なのでしょうか。まず最初に思いつくのが「語学力」だと思いますが、それよりももっ...
西きょうじ/Nishi Kyouji東進ハイスクール英語講師。執筆参考書多数、なかでも『ポレポレ英文読解プロセス50』は20年以上”上位受験生のバイブル”...
海外で働きたいと言いながら、こんな言い訳をしているなら大きな間違い。あなたが世界で活躍する日は永遠に来ないと言ってもいいでしょう。本当にやりたいことがある...