【夢の乗り物】『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のアレがついに製品化!?

コレは大ニュース!宙を浮くスケボー、「ホバーボード」が遂に現実に!

Reference:Kickstarter

SF映画『バック・トゥ・ザ・フューチャーに未来のスケボーとして登場した浮いてるスケボー「ホバーボード」。

これまでも、ホバーボードのニュースはあったが、そのほとんどはパロディで、がっかりなニュースがほとんどだった。中には「本物に近い」、海上で遊べる「ウォーターホバーボード」も登場したが、今回は「磁力」を利用して、人が乗ることができる「本物のホバーボード」の開発ニュースだ!

動画は、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」に掲載されたもの、仕組みはかなりその・・・小難しい!(笑)

大まかに説明すればボードの下に組み込まれた4つのディスク型電磁力ホバーエンジンの推進力をコントロールして移動する。その制御はスマホからコントロール可能だ!

現在は金属板の上でしか、機能しないようだが、将来的にはあらゆる場所(水面も含む)での利用が可能になるようだ!

資金調達の目標金額はたった1日で半分の1,000万円以上を達成。開発は2015年10月21日に予定されている大規模公開イベントに向けて着々と進行中。さらに投資金額によっては、同じホバーエンジンの仕組みを持った「浮くボックス」がリターンとしてもらえるそう。この仕組みは今後リニアモーターカーなどに利用されていく超注目の技術なんだそうだ。

遂に浮いてるボードに乗れる時代がくる・・・。待ち遠しい!

Reference:Kickstarter

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』に登場したホバーボードが遂に登場!?しかも、発表したのはあの人気自動車ブランド「レクサス」だ。まずはこの...
『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』が描いた年である2015年ももう年末。ですが、ギリギリのところに来てまた新たな「ホバーボード」が発表されまし...
2015年は『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』の年!そのせいもあってか、作中に出てくる「ホバーボード」に関する話題が後をたちません。少し前にレ...
空気圧をクッションに使った「エアマックス」、柔らかさと反発性を兼ね備えた新素材「ルナロン」など、次々と新しい技術をスニーカーに投入してきたNike。そのN...
米・セントルイスに住むジェイク・オースティンは、長年ホームレスへのボランティア活動をしている男性。「ボランティア」とひと口に言っても、食事の補助から衣服提...
1989年公開の映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』で、主人公マーティが向かった30年後の未来。それが2015年だったって知ってました?タイ...
4月公開予定の映画、『ザ・トライブ』は、カンヌ国際映画祭批評家週間で3冠を受賞した作品で、セリフも字幕もなければ、ナレーションやBGMさえない異色の衝撃作...
2016年2月に公開され、わずか1ヶ月で100万回再生を突破した以下の映像。なんと、中学3年生(当時)が自主制作したものなんです。題材は、2045年の「技...
チョイスは「バックパック」一択。街中を歩いていても、男女問わず、そんな人が増えている印象を受けます。きっと、比較的治安が良いとされる日本の事情もあるでしょ...
お酒を嗜む人であれば、ビターズという言葉を耳にしたことはあるだろう。ビターズとは、数種類の果物やスパイスなどをお酒に漬け込んで作るリキュールのこと。その味...
イラストレーターAndrew DeGraffさんが描くのは、往年のハリウッド映画のロードマップ。じつはこれ、映画に登場するキャラクターたちが移動した軌跡を...
近頃、荷物を入れるだけではない新種のバックパックをよく見かけます。ストレートに言ってしまえば、背面にイスが内蔵されており、行列などで座りたいときに取り出し...
じゃがいもに無数の切れ目を入れてオーブンで焼く。たったこれだけの工程なのに、めちゃくちゃ美味しい!SNSで話題となるや、シンプルな調理法がウケて、じわじわ...
「確かにオーバースペックかもしれない──」。これほど男子をそそる言葉があるだろうか?元ノースフェイスのバッグデザイナーとバイクレーサーが共同で立ち上げたメ...
死ぬまでに一度は行っておきたい。そう思えるホテルが世界中にはいくつも存在します。ここで紹介するのもそんなホテルの中の一つ。タンザニアのペンバ島に存在する「...
「シネマコンサート」は、大スクリーンで映画を上映しながら、劇中に流れる音楽をフルオーケストラが演奏するイベントです。ヨーロッパやアメリカで人気を博した後、...
一般的に2wayバッグと言ったら、持ち方が二通りある機能を指す表現。ですが「これも立派な2way!」と、思わず納得してしまうバックパック「Paxis」が、...
今や世界の多くの街に開通している地下鉄は、旅行者にとってメインとなる足。タクシーよりも安価で、バスよりも簡単。比較的安全で、正確に目的地に到着できるメトロ...
スマホ依存が家族に及ぼす影響をシニカルに捉えた広告作品「Phone Wall」を紹介します。中国の心理学研究所が広告会社に制作を依頼したもの。急速に発展す...
海外旅行に行くとき、どんなバッグを持って行きますか?何かと荷物も多いから、移動用はバックパックの一択、という人も多いでしょう。でも日本ならまだしも、海外で...