【意外な結果】若者が一番暮らしやすい都市はパリ!果たして東京は?

世界で若者が暮らしやすい都市のランキングが発表された。トロントにある市場調査会社によって制作されたものだが、そのランキングとは如何に!?

■世界で最も暮らしやすいのはパリ!?

05f60f067f76c8e3f1d881cf8d69bca135fa33cd

第1位は、フランス・パリ。その後に、カナダ・トロント、アメリカ・ロサンゼルス、アメリカ・シカゴ、ドイツ・ベルリンと続いていく。日本・東京は第9位だ。

ここで最も若者が暮らしやすい都市とされているパリ。けれども、この街は世界の中でも物価の高い地域。だから、もしかしたら、あなたはこの結果にちょっとピンとこないかもしれない。しかし、物価だけでなく、ある別の視点を加えて眺めてみると、このランキングの意味がわかってくるのだ・・・。

■「最低賃金」と暮らしやすさの関係

5be9ac46e418cfa0fb3310a8940ed47de015320e

ここでの評価の大きな指標、それは最低賃金だ。

若者が働きながら生活する時の、その対価と物価の関係が指標になっている。つまり、どれくらいの労働時間で生活費を賄うことができるか、ということなのだ。

フランス・パリの最低時給はなんと12.84USドル。ドイツ・ベルリンは、11.86USドル。この金額は、日本・東京の10.20USドル、アメリカ・ニューヨークの8USドルを大きく上回っている。

この調査によると、映画館の入場料が最も安いのはイタリア・ローマ。最低賃金で0.92時間働くと1本の映画を観ることができる。ドイツ・ベルリンは0.94、フランス・パリは1時間働けば映画館の入場料分のお金を手に入れることができる。

また、ベルリンでは、卵などの生鮮食品やファストフードなども最低賃金をベースにしてみると安価だという。多くの若者は、お金をあまり持っていない。だから、最低賃金と生活費の関係はとても重要なのだ。

ゴールドやシルバーのリングやネックレス。パッと見は何の変哲もないアクセサリーですが、実はこれらは世界の都市をモチーフにしたもの。たとえば、パリのリング。で...
人口約24万人(都市部全体だと約114万人)、フランス第5の地方都市ボルドー。この町を歩いていて感じるのは、若い人が多くて活気があるということ。それもその...
主演と監督のクレジットには、アベル&ゴードン。何を隠そう2人は夫婦なのだ。夫は、ドミニク・アベル。妻は、フィオナ・ゴードン。また、2人のバックグラウンドが...
フランス人グラフィックアーティスト(Vahram  Muratyan)は、パリとニューヨーク(NY)を股にかけて活躍する人。一年の半分ずつを2都市で住み分...
見慣れた日本の風景が、他国と比較するといかに異質なものであるか。そんな事実にハッとさせられる画像を紹介。ヨーロッパと南米の4つの街を「東京化」してみると、...
近年は、星空の下から空港まで、一風変わった場所で開催される映画祭が注目を集めています。が、今回紹介するのは、会場ではなく上映する「作品」に、あるテーマを持...
パリとロンドン。電車でわずか2時間半ほどの距離にある2都市の間には、言語以外にもさまざまな違いがある。そう主張するのは、パリを拠点にさまざまな情報を発信す...
フランスのイメージは、ロマンスの国。多くのプロジェクションマッピングを手がける、Julien Nonnonの新作もまた「やっぱりパリって、愛の街なんだ」と...
テロの情報を様々なメディアが伝えるなか、 SNSでは事件のことを知った世界中のユーザーから祈りのメッセージが送られています。なかにはハッシュタグ「#Pra...
誰もが足を運ぶ観光名所が数多ひしめくパリ。ガイドブックに載っているお馴染みの風景に出会えることは、間違いなくこの街を訪れる醍醐味だ。でも実は、どこを歩いた...
パリの一角に突如現れた、ポップなカラーに彩られた空間。よくよく見てみると…なんと、バスケットコートのようです。このアートを手がけたのは、フランスのファッシ...
たった一輪でも花のある空間に身を置くと、心が豊かになります。目に鮮やかで見て楽しいのはもちろんですが、花言葉やその歴史を知っていれば、また違った愉しみ方が...
1930年から70年頃にかけて閉鎖されていったパリの地下鉄のホームの数々。どれも歴史の深い建造物ばかりのようですが、閉鎖されたままにしておいたらもったいな...
新宿にできた、新しいAirbnb東京オフィスのワークスペースが発表されました。同社といえば、サンフランシスコ本社の倉庫を使った4階建吹き抜けオフィスが話題...
経済成長(お金)と幸福度は一致する?アメリカのシンクタンク「ピュー・リサーチセンター」が、世界43カ国の市民の幸福度をアンケートを行った。調査期間は、20...
わずか30年後の未来、東京と千葉を結ぶ海上に地上1,700mの超高層ビル建設計画!?にわかに信じがたい話ですが、英紙「Daily Mail」が「ドバイのブ...
2015年12月、浅草にオープンした「BUNKA HOSTEL TOKYO」は、築30年の商業ビルをリノベーションしたホステル。日本の暮らしの中でふと感じ...
押しも押されもせぬ、とんこつラーメン界の雄「博多一風堂」。その欧州2店舗目となる「パリ店」が、2015年12月末にオープン予定。食の都への進出を記念し、フ...
ユーゴ・デノワイエは、数多の三つ星レストランのシェフを顧客に持つ、パリ屈指の肉職人。現在は、14区と16区の二店舗で高級精肉店を営み、人気を博しています。...
7月20日。ついに、首都・東京にも「星のや」が開業。ポイントは、東京では姿を消してしまったかのように思える日本旅館をコンセプトにしている点。設計、しつらえ...