【快挙】本場スコットランドを押しのけ、「山崎ウイスキー」が世界一に選ばれる!

世界最高のウイスキーは、「山崎」

Ea9e4461dcaee9cc3a959385a7f0f4093fa42552

酒と共に生き、推理小説家として史上最高とも称されるかのレイモンド・チャンドラーは、かつてこんな名言を残したという。

 ーこの世に味の悪いウイスキーは存在しない。ただ、他より味が劣るウイスキーが在るだけだ。ー

2003年から毎年世界の優れたウイスキーを発表してきた「ウイスキーバイブル」。その2015年版の世界No.1に、日本の「山崎シェリーカスク2013」が選出されたのだ。


 

■日本ウイスキー史上初の最高賞

401dd78aab6baeb8d7faa791794e224a8f524469

現在世界最高のウイスキー評論家であるジム・マリー氏が、世界中の4500以上のウイスキーの中から、「山崎シェリーカスク2013」に史上最高タイにあたる97.5点(100点満点中)を付け、こう評したという。

"near incredible genius"ーほとんど比類なく天才的

繊細かつ大胆な香り、そして軽やかでスパイシーな風味と賞された日本の「YAMAZAKI」 は、世界的権威から認められた。

■本場スコットランドは落胆の声

ウイスキーの本場スコットランドでは、日本の殊勝を讃えつつも、首位に加えて2位から4位もアメリカ産ウイスキーに独占された結果を受け、落胆と叱責の声が入り交じっている。

同国の識者によれば、日本のウイスキーが最高評価を受けたことは「驚くべきことではない」という。今回の受賞は、改めてその名声を世界に轟かせるものとなったようだ。


1923年。天王山の麓に作られた山崎蒸留所は、あれから90年以上の時を経て、世界最高のウイスキー蒸留所の栄冠を勝ち取った・・・。

海外賞レースでの好成績やNHK朝の連続テレビ小説『マッサン』などのトピックから火がついた国産ウイスキー人気。それ自体は喜ばしいことですが、人気ゆえに国産モ...
BARに行ったとき、ウイスキーをニート(ストレート)で飲む女性を見ると、思わずなんてカッコいいんだろう、と思うんです。でも男性からすると、少し近寄りがたく...
コールドプレスした野菜やスーパーフードなど、従来とは一線を画するかき氷が続々と登場している昨今。そのほとんどは東京で生まれたものですが、実は京都には、こん...
クラウドファンディングサイト「Kickstarter」に登場するやいなや、世界中の酒好きから絶大な支持を獲得。わずか数日で目標金額を達成してしまった「Oa...
日本各地を走る豪華列車は、ここ数年で急激に増加。列車が単なる移動手段ではなく、旅の目的そのものになりつつあることが分かります。こうした豪華な列車旅、その本...
2015年5月、スコットランド政府が「学校の科学の授業で天地創造論を教えるべきではない」と公式に発表し話題になった。天地創造論とは、神が万物を創造したとい...
アメリカ最古の蒸留酒製造所を持ち、2016年には150周年を迎えたアメリカン・ウイスキーの代表格「ジャック ダニエル」。ボリューム感のある四角いボトルに満...
2日酔い防止のために、いろいろな方法を模索している人、きっと多いですよね?でも、どうやら全部無駄だったのかもしれませんよ。残念…。アメリカ科学振興協会(A...
少しでも大人に近づきたくて、精一杯背伸びしていた高校時代。そんな多感な時期をともに過ごした友だちと当時の話をすると、甘酸っぱい記憶が甦ってなんとも言えない...
ややこしい名前がすんなり頭に入らず、そもそも何のお酒が使われているかすら想像がつかない、もしくは甘いお酒が解せない、カクテルを敬遠する人たちの心理に少なか...
スコットランド生まれの、タータン。マフラー、シャツ、スカートなどにも採用される人気の柄ですが、そこには私たちが知らないストーリーがありました。色にまつわる...
寒い時期はさっぱりしたものよりも、ちょっぴり濃厚なドリンクが飲みたくなるもの。それはお酒にも言えることです、よね。そこで今回は、管理栄養士の観点からちょっ...
欧州連合を抜けようと抜けまいと、この王国は、今日も一連帯。これから先のことはまったくわからない状態ですが、ロンドンは相変わらず世界屈指の高級ホテルに溢れ、...
毎年8月に、スコットランドの首都エディンバラで行なわれるフェス「Royal Edinburgh Military Tattoo 2015」。1950年から...
インターネットが登場して、ジャーナリズムは劇的に変化しました。テレビの時代は情報を受け取るだけだったのが、オンラインのニュース記事にコメントをつけて双方向...
スコットランドのビールメーカー「BrewDog」。ある日社員たちに、オドロキのお知らせが届きました。2017年02月【犬のための産休制度ができました】Br...
花見や月見など、日本には自然の風情を楽しむ素晴らしい文化があります。そんな日本の情景によく合うのが日本酒。でも、瓶で持ち運ぶのは重たくて、割れるリスクだっ...
「日本に眠る愉しみをもっと。」をコンセプトに据え、「地方と食」にフィーチャーした様々なプロジェクトを展開する「DINING OUT(ダイニング・アウト)」...
渋谷・道玄坂沿いにある「森の図書室」は、深夜までお酒やコーヒーを味わいながら本を読める、くつろぎの場として人気。2016年3月18日には、その2号店がオー...
非常に真面目に醸された、“遊び心のある日本酒”が話題になっています。そのボトルには、お酒には似つかわしくない「メガネ専用」の文字。これって一体、どういうこ...