【いくつ試した?】旅先で友達を増やす「11の裏ワザ」

一人旅の醍醐味は、新しい友だちを作ること!

一人旅。その醍醐味のひとつは、いつもなら出会えないような人々と友だちになれること。旅の最中は友だちができやすいシチュエーションに溢れている。ここでは旅先で新しい友だちを作る「11の方法」を紹介していこう!

1.宿泊先の共有スペースを利用する

旅先で宿泊するホテルやゲストハウス。そこの共有スペースは同じ宿に泊まる人々との出会いの場所だ!特に、ゲストハウスと呼ばれる比較的安い宿では、リビングだけでなくキッチンも共有だったりする。事前に宿の情報をゲットして、そこにどのような共有スペースがあるのか確かめてみよう。出会いの確率は上がるはずだ。

2.現地ツアーに参加しよう!

多くの観光地では、現地の見所をピンポイントで周ることのできるツアーが用意されている。そのツアーは宿や旅行会社が手配しているのだが、これに参加することでグループの仲間と友達になれる。ツアー終了後に、ランチやディナーにいくことだってできる!

3.「カウチサーフィン」で渡り歩く

「カウチサーフィン」 (The CouchSurfing Project) は、旅行先の現地に住んでいる人の家に、無料で宿泊させてもらうサービスだ。信頼によって成り立っている。コミュニティを軸としていて、プロフィールやメンバー同士の評価等を参考にしながら、相互に相談しながら宿泊先を決めるのだ。互いの信頼関係を築いていくことが必須の条件だから、結果的に友だちになっていくだろう。

4.「Airbnb」を利用する

この「Airbnb」というウェブサービスも旅先でのスペースを貸したい人と借りたい人をつなぐサービスだ。有償のサービスなので「カウチサーフィン」よりもビジネスライクに利用できるので、気が楽。けれども、これも貸し主との直接対面するサービスなので、友人ができやすいということが言える。

5.ドミトリーに泊まってみる

1人旅は、シングルルームが一般的かもしれない。しかし敢えてドミトリーに泊まることをオススメしてみたい。ドミトリーとは、ゲストハウスやユースホステルなどにある相部屋のことだ。知らない人と同じ部屋で寝泊まりするのは、拒否感がある人もいるかもしれない。しかし、同じ部屋になった人たちは、友だちになりやすいことも事実なのだ。

6.公共の交通機関(特にバス&電車)に乗る

これは日本人にとって少しだけ難易度が高い友だちのつくり方かもしれない。バスや電車の長旅などで、正面や隣などの席の人と友だちになるという方法だ。「どこに行くの?」とか「何処からいらしたのですか?」とかとか、話しているうちに、意外と自分との共通点が見つかり友だちになるというパターンも多い!共通の知人や友だちがいた、なんてことも実はある。

7.SNSなどのウェブサービスを使ってみる

自分が今から行く予定の場所の情報をウェブサイトやSNSで探していると、現地にいる面白そうな人を見かけることがあるだろう。そんな人たちにメッセージを送ってみて、実際に会ってみるといいかもしれない。もともと関心領域が近い人であれば、友だちになれる可能性も高いだろう。Facebookは必見だ。

8.英語を学んでおく

旅で向かう先にもよるが、多くの国では英語が主要なコミュニケーションツールになっている。せっかく出会えても言葉ができないばかりに、お互いがどんな人間なのかを知ることができないのはもったいない。また、英語のスキルが高いのには越したことはないが、もっと大切なのは伝えようする「熱意」だ。ちゃんと思いと伝えようとすれば、友だちになることはそんなに難しくない。そして、最終手段は、ボディーランゲージだ!

9.じつは、旅行先は僻地(穴場)なほど良い

たくさんの観光客がいると、なかなか知らない人に話しかけることは難しい。それに有名な観光地はインフラが整っているので、人に話しかける必要がなかったりする。だから、少しレアな観光地に行くことを、友だち作りの為にはオススメしたい。また、レアな場所だと、仲間意識も高まるのだ。

10.チェキ(インスタント写真)を持って歩こう!

カメラを持って歩くと、写真をとるというところからコミュニケーションが生まれることもある。チェキ(インスタント写真)は、その場で写真を撮って、しかも渡すことができるので間違いなく仲良くなる。

11.セルフィースティックを持っていく!

今、東南アジアや中国で流行している自撮りをするための道具「セルフィースティック」。これは伸縮するスティックにスマホを取り付け、ワイヤレスでカメラのシャッターを押すことができる画期的なデバイス。 これを持っていくことによって、同じ場所にいる人たちと気軽に記念撮影をすることができるようになる。撮れた画像を送るために連絡先交換なども、スムーズに行うことができるだろう。

 

いかがだっただろうか?

このような方法によって、一人旅で多くの友だちを作ることができる。今まで出会わなかったタイプの人たちと友だちになることで、あなたの視野は大きく開けてくる。 だが、ひとつ注意点!それは人をみる目を養うことが重要だということだ。旅先ではいつもの日常よりも多くのトラブルに巻き込まれる可能性がある。しっかりと安全を意識しながらも、旅先で多くの素敵な友だちを作っていこう!

Reference:Where To Meet People While Traveling Solo on about travel

ワンランク上のスマホ撮影を可能にする、簡単テクニックをウェブマガジン「COOPH」よりご紹介。身の回りの道具を撮影に取り入れるだけで、ガラリと印象が変わる...
え!と思うものもありますが、使えるアイデアもチラホラ。今スグ試してみたくなる裏ワザを「10 Life Hacks You Need To Know For...
次に行きたい旅先は、個人のライフサイクルやステージによって変わるもの。だからこそ、よくある旅のススメだって、それぞれの目的に合わせて細分化される必要があり...
海外への一人旅はあなたを大きく成長させてくれるもの。とはいえ女性の場合、男性にはない危険を伴うのも事実ですよね。そこで旅好きの女性ライターIzabella...
Facebook内でよく動画を見ますか?今では1日になんと80億回も動画が再生されており、急成長しているとFacebook社は伝えています。しかし、この発...
一度起きたら、寝かしつけるのが大変…。赤ちゃんが眠りにつかず、苦戦している人も多いのでは?そんな悩めるママパパに必見の動画がコレ。グズって眠らない赤ちゃん...
「Collective Evolution」において、ライターのSarah Gibson氏が、少ない予算で旅を楽しむ10の方法を紹介しています。特に初めて...
海外旅行に行った先で「日本人?韓国人?中国人?」とたずねられたこと、一度はあるのではないでしょうか。「だから何?」という気持ちでモヤッとするし、中には不愉...
安藤 美冬/Mifuyu Ando1980年生まれ、東京育ち。慶應義塾大学卒業後、集英社を経て現職。ソーシャルメディアでの発信を駆使し、肩書や専門領域にと...
FacebookなどのSNSが私たちにもたらす影響については、賛否両論があると思います。「mindbodygreen」のこの記事を書いたKelli Win...
学生時代、初めての海外一人旅でインドに行ってから、その魅力にすっかりハマってしまった。以降、訪れた国は約30ヵ国ほど。たとえ、一般的にはその国が安全だと思...
夏の連休に遠出の計画をしている人も多いはず。ここでは、その際に「Apple WATCH」をフル活用して、いつもの旅行を何倍も快適にしてくれるアプリや豆知識...
オーストラリア、メルボルンの大学生Matt Kuleszaさん28歳。彼にはFacebookで知り合った、1,000人を超える友達がいます。2014年9月...
柔らかくてクリーミーなアボカドを今スグ食べたい!そんなときに使える裏ワザを「Purewow」から紹介。・ベーキングシート。・アルミホイル。・固いアボカド。...
小さなお子さんが遊んでいて、または自分の手がすべって…。事情はどうであれ、ボールペンのインクが白シャツに付いて悲しい思いをした経験、一度くらいはありません...
これからTABI LABOは、週がわりで「テーマ」という特集記事をお届けしていきます。「テーマ」でフォーカスされるのは、世界の驚くようなできごと、最先端の...
人生を見つける旅へ生きる目的を探してみないかネット普及による情報収集が容易になり、今やボクらは世界のどこへでも好きなように、自在に旅ができるようになった。...
通勤中の電車の中で、はたまた休日のカフェで。「音楽を聴くこと」は、当たり前のように日常に溶け込んだ行為です。が、その前にごちゃごちゃに絡まったイヤホンを解...
日々の暮らしをちょっと良くするハウツー動画サービス「ビエボ」に掲載された、レタスの芯を一瞬できれいに取る裏ワザをご紹介。これさえ知っておけば、1枚1枚葉っ...
思えば、ボールペンを使って文字を書く機会はめっきり減ってしまいました。“手帳派”の人もいるとはいえ、スケジュール管理はPCやスマホでカンタンに可能。以前は...