あなたは寄付をした相手の「笑顔」を見たことがありますか?

wv_needs_8

wv_needs_10

wv_needs_1

wv_needs_3

wv_needs_7

写真の子どもたちは、皆支援を必要としている。貧困や災害の犠牲者である彼らには、成長に必要な栄養も足りないし、貧困から抜け出そうにも、日々の水汲みに時間を取られて学校で学ぶことすらままならない・・・。

我々が彼らにできることは、少なくない。NPO団体などを通じて、寄付をすれば彼らの生活は一変する。しかし、今ここで「寄付はコチラ」としたところで、多くの人は寄付をしないだろう。

なにも冷酷なわけじゃない。何か困っている人がいて、支援ができるのであれば、大抵の人は「何かサポートをしたい」と思うはずだ。でも、その一歩を踏み出せない背景には、「今ここで寄付をしても、誰がどんなふうに救われるんだろう?」という疑問があるからだ。

「寄付をするなら、支援した相手の笑顔を見たい!」

これが多くの人の偽らざる気持ちだと思う。そして、それは可能だ。

「国際NGOワールド・ビジョン」が行っている「チャイルド・スポンサーシップ」は、まさに顔が見える支援だ。チャイルド・スポンサーになると特定地域のチャイルドを1人紹介され、あなたの寄付はそのチャイルドの人生の一助となる。
一方、チャイルド・スポンサーであるあなたには、チャイルドの写真つきプロフィールと彼らの暮らす国や地域の情報、そしてチャイルドへの手紙キットが届く。
そう、「チャイルド・スポンサーシップ」では、あなたとチャイルドの間にコミュニケーションがある。文通や成長報告によって、支援を実感しながら、続けることができる。

●文通:あなたは任意でチャイルドと文通を行うことができる●成長報告:年に一度、チャイルドの成長報告と地域での活動状況が分かる報告書が届く●Facebookグループ:スポンサー同士が集うFacebookで支援の喜びを分かち合うことができる●マイ ワールド・ビジョン:チャイルドと距離が近くなるあなた専用サイトで、支援の最新状況を確認できる

チャイルド・スポンサーが寄付するのは、1日あたり150円、月々4500円。手紙や成長記録をその対価やメリットと言うのは抵抗がある。しかし、支援するチャイルドとのコミュニケーションは、あなたの人生にとっても有意義なはずだ。

現在「国際NGOワールド・ビジョン」では、クリスマスまでに3,000人の子どもたちを救おうとチャイルド・スポンサーを募集している。

この記事で伝えたいことはここまでだ。

もしも、何か思うところがあれば、下の写真をクリックして「チャイルド・スポンサーシップ」についての詳細を見てもらいたい。

Sponsored by ワールド・ビジョン・ジャパン

Facebook内でよく動画を見ますか?今では1日になんと80億回も動画が再生されており、急成長しているとFacebook社は伝えています。しかし、この発...
2016年8月24日未明にM6.2の地震がイタリア中部を襲いました。壊滅的な被害を受けた街アマトリーチェ(Amatrice)を支援するため、民間レベルでの...
Twitter、Facebook、Instagram、どのSNSにも溢れている食べ物の写真。プロアマの垣根を越えて、およそ100万もの「グルメフォト」が毎...
インド東部、最貧困州といわれるビハール州の小さな村にある学校で、2010年国際的な芸術祭「Wall Art Festival(WAF)」が始まった。目的は...
FacebookなどのSNSが私たちにもたらす影響については、賛否両論があると思います。「mindbodygreen」のこの記事を書いたKelli Win...
教育は、未来をつくります。貧困のなかに生まれた子どもが教育を受けられないと、貧しさが代々受け継がれる「貧困の悪循環」に入ってしまいます。適切な教育を受ける...
つい先日、2ヶ月間もの育児休暇をCEO自ら取得したことで話題になったマーク・ザッカーバーグ氏ですが、またまた驚きの展開が…!2015年12月2日の朝、同氏...
「問題を共有し、世界を変えろ」を合言葉に、様々なジャンルの情報を発信している米メディア「faithit」。今回は、「多くの人が貧困問題を見誤っている」と世...
2016年4月14日21時26分ごろ、熊本県で最大震度7に及ぶ地震が発生しました(気象庁)。「防衛省」は、述べ約2,100名の自衛隊員を救援活動のために派...
「笑顔」は、相手に安心感を与えるだけでなく、見ている周りの人までもハッピーな気分にさせてくれます。ここでは、そんな「笑顔のチカラ」を感じられる5つの記事を...
ちょっと乱暴に言えば、ひと昔前は全員が一律に同じことを学ぶのが学校というシステムでした。しかし考え方も生き方も働き方も、すべてが多様化してきた今、学校で教...
米ボストンで仕掛けられた、超がつくほど単純なドッキリ企画を紹介します。ターゲットは女性たち。ポイントは彼ら誰一人、嫌な気持ちにならなかったという点。芝生の...
足の裏が“第二の心臓”と言われるのは、心臓から送り出された血液がカラダを巡り、また心臓へと戻るための循環ポンプの役割を担っているから。カラダの各機関に直結...
学校では多くの物事を学ぶことができる。そこであなたが培った知識や経験は、その後の人生の糧となっていくはずだ。だが人生には、実際に生きてみないと、どうしても...
この動画は2011年に投稿されたもの。ですが、いまもYouTubeにコメントを残していく人が絶えません。海外の学校でも定期的に再生されているようです。非営...
噴火や土砂崩れ、洪水が起きたら、どのエリアが危険なのか?どこが安全なのか?「状況をきちんと把握できる正確なマップ」がなければ、救援活動を行うことができませ...
みんなの笑顔をみたいから・・・。僕は髪を切り続ける。Mark Bustosさん(@markbustos)が投稿した写真 - 8月 8, 2014 at ...
おなじ笑いでも、英語で言うところの「Smile」と「Laugh」ではまったく意味が違う。声を出すか出さないか以前に、“Smile”にはどこか作為的というか...
たった1週間、Facebookの利用を中止しただけで、日々の生活が満ち足りて幸せになれる。ある研究結果が示した事実によれば、ソーシャルメディア全般に共通す...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...