長続きする夫婦に学ぶ!幸せな結婚生活を送る「11のコツ」

「2分に1組」が離婚をしている?

厚生労働省の「人口動態調査」によると、平成23年度の離婚件数は約23万5千組。これを時間で表すと、およそ2分に1組が離婚を決断している。この数字、あなたはどう感じますか?

海外で反響が大きかった、ELITE DAILYのある記事をご紹介したい。結婚されている方はもちろん、結婚を考えているカップルにも、夫婦円満を続けるに大切な要素として、耳を傾けて欲しい。


1.侮辱してはいけない

些細なことから言い争いになったときでも、絶対にパートナーを侮辱してはいけない。相手をののしるコトバはどれだけ月日が流れても、言われた方の心の中を支配してしまうから。

2.恋人よりも
チームメイトであること

誰もあなたのパートナー以上に運命を共にする相手はいない。歓びを分かち合い、危機に立ち向かう強い絆で結ばれた、運命共同体として、互いに手を取り合えるチームであることを意識しよう。

3.いつでも愛を確かめ合うこと

いくら年を重ねたって、恥ずかしがらずに手をつなぎ、抱きしめてキスをしよう。そして、お互いの言葉で愛をきちんと伝え合おう。たとえ子どもが見ていたって遠慮はいらない。ふたりが仲睦まじく過ごしている姿に子どもは安心するはず。

4.小さな欠点には目をつむる

誰も完璧な人なんていない。だから、少しくらいパートナーのひねくれ癖や性癖などの「許せない」と思うことでも、ちょっとくらい目をつぶっていること。小さな欠点くらい受け入れてあげなきゃね。

5.精神的なつながりを大切にする

肉体関係よりも、精神的なつながりを大切にするといい。ふたりの記念日をしっかりとお祝いしたり、ときには驚きのプレゼントを用意したり。またある時は、花束を買って家に帰ったり。心のつながりはふたりを愛で満たしてくれる。

6.笑顔を絶やさない

あなたの人生に歓びを添えてくれた存在。人生の絶頂期も停滞期も、いつも笑顔を絶やさずに乗り越えてきた。パートナーが悲しみにくれていたら笑顔が戻るまで、とことんつき合あおう。たとえ、失敗したって、腹の底から笑って忘れよう。

7.話題を共有すること

手を取りあってふたり歩くときに携帯電話はダメ。一緒に映画を観たら、ふたりで感想を語り合おう。美味しいゴハンはふたりでシェア。共通の話題がひとつでも多いほど、ふたりを繋ぐ信頼が強くなる。

8.子どもの前でケンカしないこと

すべての夫婦に固く守って欲しい教訓。子どもの見ている前で、夫婦喧嘩をしてはいけない。彼らがふたりの喧嘩を見て、どう思う? 些細な口論から始まる喧嘩に、子どもは底の見えない不安感や恐怖心を覚え、悲しみにくれてしまうから。

9.お互いの健康に気をつける

結婚して子どもが生まれ成長し、いつしかあなたも年を重ねてくる。お酒は控えめにし適度な運動を心がけ、そして健康な身体を維持していくことを心がけよう。一日でも長く、ふたりで人生を歩もう。それが、晩年までふたり寄りそう希望となってゆく。

10.些細なことでも、助け合う

未来がどうなっていくかは、誰にも判らない。ふたりの関係がこじれることもあるはず。でも、人生の岐路に直面するたび、どちらかに助けが必要なときには、誰よりもまず、パートナーを頼るといい。あなたのよき理解者は、いちばん身近にいる人物なのだから。

11.最高の友だちになる

愛し愛され、いつの日も添い遂げるふたりだけれど、同時にいつまでも最高の友だちでいよう。ともに歩む人生はよくも悪くも、幾多の困難が待ち受けているけれど、ビックリするくらい素晴らしい日々も待っている。


アメリカ人女性ブロガーKelly Foxさんが、両親から学んだ愛の哲学。30年の月日を最愛の相手と、人生を重ね合わせて生きる歓びが海外で共感を呼びました。愛のカタチは人それぞえ。でも、愛する人と愛をそだて育む気持ちは万国共通ですね。

 

  Licensed material used with permission by  ELITE DAILY

しあわせな恋人同士が次に目指すのは、やはりしあわせな「結婚」でしょうか。でも残念ながら、結婚したカップルのすべてがHAPPYじゃないのも現実。もともとは他...
ライターとしてだけでなく、カウンセラーとしても活躍中のDebra Fileta氏。結婚生活を良好なものにするためのコツは、「些細なことを意図的に行うこと」...
Your TangoのライターJillian Kramer氏は、女性の幸せについて書かれた書籍『Choosing Me Before We』の著者、Chr...
一生に一度の結婚式は、一番きれいな姿を写真に残したい。結婚式で写真を撮ってもらうのも今では当たり前になりましたが、ひと昔前の様子は違うものでした。高校時代...
結婚は、人生でとても大事な節目。すでに結婚しているカップルならば、いくつか誓いごとをしたはずです。そんな「結婚式で本来誓うべきこと」をMichelle H...
結婚式から数年、穏やかなのはいいけれど、ふたりの関係はなんだかマンネリ気味。もう一度、結婚当初の新鮮味や情熱が戻ったらなぁ、なんて思っているカップルは、意...
「夫婦は、生活を共にするもの?」「Your Tango」に寄稿された遠距離婚の経験者、作家でブロガーのビクトリア・フェデンさんのコラムによれば、離れている...
あなたは運命を信じますか?この地球のどこかに、運命の相手がいると信じさせてくれるのは、9歳にして運命の相手を見つけてしまった究極のカップル、トーマスさんと...
お見合いによる結婚から7年の月日が過ぎたという、ライターSurabhi Surendra氏。「あまりポジティブなイメージはないかもしれないけれど、信じられ...
ワシントン大学の心理学名誉教授ジョン・ゴットマンは、夫婦が離婚するかどうかを8割以上の高い確率で予測できると主張している人物。彼が紹介した「悪い夫婦喧嘩の...
「YourTango」の女性ライター、Liz Pardue-Shultzさんが綴った自身の結婚についての経験談が、話題を集めています。以下に彼女のコラムを...
結婚したら恋愛は終わり?いつまでも関係が冷めずに恋人同士のような夫婦になる秘訣を「Power of Positivity」が紹介しています。大切なことはた...
結婚して16年になるライターKimanzi Constable氏が、いまだに新婚気分でいられるのは、それ相応の“努力”があるからこそ。ここでは、彼が「mi...
良好な夫婦関係を保つためにはどうしたらいいのか。いろんな意見があるでしょうが、ここで紹介する「Higher Perspective」で紹介されている、心理...
「World Life Style」より紹介する、ライターVicki Santillano氏この記事は、タイトルにもある通り、結婚を考えているふたりに是非...
中距離恋愛では、なんとか日帰りで会える距離にお互いがいるけれど、移動に数時間かかるため頻繁に会うことができず、様々な悩みはつきものです。遠距離恋愛ほどのド...
「私はもう、あなたが結婚した女ではないわ」。そんな言葉で始まる、一通の手紙を紹介しましょう。送り主は、ニュージャージー州に住む女性ライター、ローラさん。彼...
結婚はとてもおめでたくて、ハッピーなものだ。けれど、これから長い人生を共にするのだから、決断する前には色々なことを考えなくてはいけません。そこで今回は、N...
「Mail Online」によれば、結婚生活が7年続いたカップルは離婚しにくく、逆にもっとも離婚の可能性が高いのは、4~5年目のカップルだとか。世の中には...
恋愛に比べて結婚生活って難しい。そう考えてしまう理由を紹介するライターRebecca Endicott氏の指摘が、結構いいんです。彼女の結婚に対する見解は...