面倒なコトを先送りしないための10のセルフコントロール術

日本中のなまけものさんへ。

始められない、続けられない、だらだらしてしまう。世間ではネガティブなイメージがある「なまけもの」。でも、なまけものだって成功できる!
今日から始められるほんの小さな工夫を紹介しているのが、書籍『なまけもののあなたがうまくいく57の法則』だ。

Vol.1では「毎日の生活を変えてみる」というテーマから10の法則をピックアップ。ズバリ、なまけものはひとつの才能です!!


 

01.
部屋の汚れを
バロメーターにする

家が散らかっているということは、それだけストレスがたまっている証拠で、怠け癖が顕在化している証拠だと考えられる。汚れは小さいうちに処理してしまわないと、どんどん「どうでもいいや」という気分になってなまけもの度が上昇していく。

02.
常習性のある浪費に
手を出さない

lazy

たとえば、海外ドラマやテレビゲームをやり始めたら時間を忘れて没頭してしまうので、予定もスケジュールもめちゃくちゃになってしまう。もちろん趣味を持つことは大切だし、好きなことや楽しいことは多かれ少なかれ常習制が含まれるものだが、「時間の浪費につながる常習性」の趣味には手を出さないようにしよう。

03.
3週間先まで
予定を入れる

lazy

やるべきことがないと、人はだらだら時間を潰してしまう。その状態を避けるために、多少強引でもいいから具体的に、先々まで予定をびっしり埋めよう。おススメは、仕事や勉強、そして運動や食事に至るまで、あらゆる予定に「人」を絡めるようにすること。人との予定は「約束」になり、計画倒れを防ぐ、外部からの強制力になる。

04.
曜日で作業を決めておく

これはなまけものにとってかなり有効な強制力。曜日によってしなければならない作業を予め決めておくと、自分をうまくコントロールできるようになる。

05.
同じ服をたくさんそろえる

lazy

流行の服をどんなにたくさん買い込んだところで、結局は自分に似合う、お気に入りの服ばかり着てしまう、という人は多いのではないだろうか。だったら、最初からお気に入りの服を何着も揃えた方がいい。もったいないような気がするかもしれないが、袖を通す回数で考えれば、気に入るかどうかもわからない服を買う方がずっと割に合わない。

06.
「いつか使うもの」を処分する

「いつか使うかもしれない」などという考えは捨てるべき。そんな「いつか」の日は、まず一生来ない。捨てることに抵抗を感じる気持ちはわかるが、残しておくデメリットを考え、前向きに捨てていこう。

07.
家で勉強しない

自分の家やオフィスだと誘惑が多くて怠けてしまう。それに負けないだけの強靭な石を鍛えることも大切だが、なまけものにとっては誘惑そのものを遠ざけるほうが懸命だ。

08.
音楽で気分を盛り上げる

lazy

集中して何かをするときに欠かせないのが音楽の存在。仕事のときは音楽を聴く、ということを習慣化すると、音楽を聴くと仕事がはかどる!というふうに脳のスイッチが仕事モードや集中モードに切り替わるようになる。

09.
朝食を抜く
デメリットを考える

最近は子どもから大人達まで朝食をまともに食べないという人たちが増えているという。脳は午前中が活発に働くのに、朝食を抜いてしまうとパワーが十分に出なくなってしまう。手の込んだものを作る必要はないが、ちゃんと朝食をとるようにしよう。

10.
他人を家に呼ぶ

lazy

定期的に他人を家に呼んだり、定期的にホームパーティを開いたりする。こうするだけで自動的に部屋の片付けをするようになる。さらに、第三者の目を意識すると、ただゴミを捨てるだけではなく、インテリアなどの見た目にも気を配るようになる。片付けや掃除が苦手な人ほど、家に友達を招待しよう。

なまけもののあなたがうまくいく57の法則
コンテンツ提供元:本田直之

言葉の力は偉大。人の心を喜ばせることができるし、悲しませることもできる。何かアクションを起こすきっかけ(Trigger)にもなったりする。今回紹介する『ト...
定期テストや受験勉強に追われた学生時代を卒業してもなお、人生は日々勉強。仕事で必要な資格や、自己啓発のためのトレーニングなど、社会人になっても勉強しなけれ...
日々の業務に追われて、手をつけることができない…と、スキルアップのための勉強や資格の取得を諦めていないでしょうか。『10年後に生き残る最強の勉強術』の著者...
海外のデキるビジネスマンに共通すること。それは、朝早く起きることだ。スタバのCEO、ハワード・シュルツ氏は4時30分に起きて6時前に出社して誰よりも早くオ...
キャリアアップのため、仕事をしながらTOEICや漢検を受験している人も多いはず。学生の頃あれだけ記憶できたのに、大人になって物覚えが悪くなった……と落ち込...
タイトルを見て頭に「?」が浮かんだ人も多いかもしれません。記憶したいのに捨てる…とは、一体どういうことなのでしょうか。高校生の頃、偏差値が29だったという...
今まで500個以上の資格を取得したという『10年後に生き残る最強の勉強術』の著者、鈴木秀明さん。彼は、ビジネスの世界で生き残るためには「資格の試験勉強を活...
「資格を取りたいけど、具体的にどんな勉強をしたらいいのか分からず困っている」という人は多いでしょう。人材系ベンチャー企業の執行役員やコンサルティング会社の...
子どものころはワクワクしていた誕生日も、大人になるとちょっぴり複雑な気持ちになるもの。それならば、またひとつ大人になることをポジティブに受け止められるよう...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
厳しい上司、考えの読めない後輩…。現代社会はストレスで溢れており、避けることはできません。とすれば、どのように付き合っていくのかが大事です。じつは、私がト...
「このまま、この仕事を続けていていいのだろうか」「将来のために今準備すべきことはなんだろう?」。そう悩んでいる人も多いのではないでしょうか。鈴木秀明さんの...
ビジネスを成功させるには、自分をプロデュースする能力だって必要。人との接し方、振る舞い方、ブログやSNSの見せ方など、毎日の生活でできるセルフプロデュース...
毎日を健康的に過ごすためには、体と同じように脳にも運動が必要です。ほんの数分だけでも頭の体操をしてみませんか?思考力と記憶力を意識的につかうことで、心を落...
「仕事をサクサク終わらせるのは難しい」。そう思うかもしれませんが、じつは悪い習慣を断ち、良い習慣を身につけることで、意外と簡単に身につけられるケースも多い...
ストレスを抱えることがあたり前のようになってしまった現代社会。仕事は毎日忙しく、自然とイライラは溜まり、気が付けばたくさん食べてしまう。そんな方も多いので...
普段何気なくやっている行動が、あなたの幸せを遠ざけている。そう指摘するのは米メディア「Power of Positivity」。がむしゃらに働いたり綺麗好...
頭に血がのぼって不要なひと言を口にして、後になって後悔する…感情のコントロールって本当に難しいものです。女性ライターAmelia Harveyは、ある意味...
朝は、ゆっくり頭を起こして静かに過ごしたい。できればもうちょっと布団の中にいたい…と思いがちですが、朝の過ごし方でその日の生産性が大きく変わってくるかもし...
言葉の力は偉大。人の心を喜ばせることができるし、悲しませることもできる。何かアクションを起こすきっかけ(Trigger)にもなったりする。今回紹介する『ト...