「日本を捨てた、老人」無人島で20年以上、裸で暮らす男性の信念とは?

無人島で20年以上暮らし続けている老人
その理由とは?

無人島での生活。それは多くの人にとって、子どもの頃に想像したことがあるだろう。けれども、それを実行する人はほとんどいない。しかし実際に、20年以上も無人島で暮らしている日本人がいるのだ・・・。

その人の名前は、長崎真砂弓(ながさきまさみ)さん。通称「裸のおじさん」と呼ばれている人だ。そんな彼を取材しているのが以下の動画。約27分と少し長い動画だが、一見の価値はあるだろう。考えさせられる内容となっている。

全裸の長崎さんと取材班の服を着た女性が、一緒に歩いている姿はちょっとシュールでもある。

「ここが僕を呼んだ、という感じだね」

東京から約2000km。飛行機を乗り継いで、まずは沖縄本島の南に位置する石垣島へ。さらにそこから、フェリーで彼の住む外離島の玄関口にある西表島へ。そこから船をチャーターして向かう先、それが長崎さんの住む外離島だ。

この外離島という電気どころか水道すらもない無人島に何故彼は住んでいるのだろうか?

「ここが僕を呼んだ、という感じだね」と彼は言う。

長崎さんは元々、福岡で写真家をしていたらしい。父親も有名な写真家で、長男だった彼はその影響を受けた。しかし、戦争や戦後の環境汚染などを目の当たりにして、自分の考えが段々と変わってきたのだという。

「人間には合わせないけど、自然には従う」

彼はこの島で完全な自給自足の生活を営んでいるわけではないらしい。姉から1ヶ月に一度仕送りがあり、そのお金で町へと食糧を調達に出かける。

「人間には合わせないけど、自然には従う」が彼の信念。そして、彼がここに住んでいること自体がひとつの社会風刺の現れのようなものであるとも言っている。そして彼は、自分のことを「日本を捨てた人間」と呼んだ。

彼の生活は現代の私たちからすれば、とてもエキセントリックでイレギュラーなもののように映るかもしれない。けれどもそこには、私たちが忘れがちな人間の原点の姿があるのではないだろうか?

 Reference:VICE

突然ですが、あなたには「信念」がありますか?いきなりこんなことを聞かれても、すぐに答えは出ないかもしれません。信念は「心の軸」とも言い換えることができるで...
青森県と秋田県にまたがる「白神山地」。21年前に日本初の世界自然遺産に登録された、言わずとしれた日本が世界に誇るブナ原生林がそこにある。8千年前の縄文時代...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
「人生80年」とはよく耳にする言葉ですが、となると40歳はちょうど中間地点です。まさに今!というあなた(特に男性)はぜひこの記事を読んでみてください。男性...
都心に暮らしている人の中には、田舎に憧れを抱いている人も多いはず。喧騒を離れ、ゆったりとした時の流れに身を任せたい。そんな気持ち、すごくよくわかります。そ...
クエンティン・タランティーノ監督作品『イングロリアス・バスターズ』で、世界的な脚光を浴びた女優メラニー・ロランは、近年監督業でも注目されている。彼女が、俳...
どうやら巷では、自宅では裸で過ごす“裸族”が増えているそう。タレントのなかにも、実践者が多いらしく、美容や健康に良いとか。精神的にも開放感を満喫できるのも...
主に女性における「美」の変遷を10年ごとに刻んで再現した動画『100 Years of Beauty』。これまでにアメリカ編やロシア編など15ヵ国を対象と...
世界的にも評価の高い、日本を代表する映像作家たちの手でつくられた“とあるアニメーション”が、いま大きな話題を呼んでいます。作品に対しては、伊勢谷友介や松田...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディア1年の6ヶ月をハワイ、3ヶ月を東京、2ヶ月をヨーロッパ、残りをアジアなどへ...
人間の限界を超えた、超情報化社会と超大量生産経済が到来し、世の中は要らないもので溢れている。真の自由を得るためには、不要なものを見定め、思い切って捨てる覚...
あらゆる情報が簡単に手に入ってしまう今だからこそ、本当に必要な情報を見極めなければならない。あれもこれも受け取っていると、いつの間にか情報の洪水に飲み込ま...
あなたが幸せになりたくてもなれない原因、何かわかりますか?それは「あなた自身」にあるのかもしれません。あなたの中にある欲やプライド、さまざまなことが幸せを...
今ロンドンで話題となっているレストラン、テーマは「解放」。なんと裸で食事ができるんです。いまだ完成を見ないため設計のコンセプトから想像するほかありませんが...
夢の中でなぜか裸になっている。しかも、そこに違和感はなく、自然に振る舞っている…なんてことはないでしょうか。現実ではあり得ないですが、夢の中でも裸になって...
「日本」と聞いて、まず初めに思い浮かぶのはなんでしょうか。京都みたいな伝統の残る場所?それとも東京都心の様子?着物や日本食?それとも田舎の風景?人によって...
自由と自然が共存する「バラの都市」。毎週500人が移住する住みたい街全米No.1。DIYでクリエイティブ。サードウェーブコーヒー。etc...さまざまなキ...
自給自足ですべてをまかないながら、都市生活にはない“自然との共生”をコンセプトにしたライフスタイル。ニューヨーク、サンフランシスコ、バンクーバー、メルボル...
今の時代、私たちの生活環境は、めまぐるしく変化しています。昨日の常識が、もしかしたら今日には非常識になることもある。そして、その変化に順応していける者しか...
2016年7月20日。日本の政治経済、文化の中心である東京に「星のや」がついに開業。発信するのは、世界に認められる究極の「和のおもてなし」です。江戸時代に...