見逃さないで!恋してるかもって思える「9つのサイン」

そのキモチ、嘘じゃない。

恋するキモチに嘘はつけない。人を好きになった瞬間から、その想いは無意識的に自分を支配していくもの。このとき、あなたから恋の電波を発信したりレシーブするような、目に見えなかったり言葉にできない感覚が、細胞ひとつひとつにまで駆け巡っているんじゃないだろうか?そう、直感こそがあなたの背中をおしてくれる恋愛の神様だ。

ミレニアム世代に向けて発信しているElite Dailyのライターが「これって、もしや恋?」と思える瞬間をピックアップしている。この感覚、あなたはいくつ共感できる?


1.「味見する?」に超ドキドキ

違うものをオーダーしたときに「ちょっと味見させて?」とか「ひと口飲んでみる?」の言葉に超ドキドキ。いつものシェアが間接キス?と意識するたび、恋心は加速度を増していく。

2.洋服を選ぶとき
その人が思い浮かぶ

ファッションは自分を映す鏡です。どんな自分を見て欲しいかを考えるのは、相手を意識している証拠です。

3.無意識に目で追っている

近くを通っただけなのに、つい目線が後を追いかけてしまい、たまに目が合うと、すごくドギマギしてしまうことってありませんか?

4.頭のなかにずっといる

ただ、ぼーっとしている時間でも、頭のなかにはいつも意中の人が支配していて、あれこれ考えてしまうことって結構あるもの。でも、まったくムダな時間だとは思えない。心地いい時間。

5.聞きたいことが
たくさん出てくる

ひとつひとつの行動が気になり出したら止まらない。なんでそう思うの?こんなときどうするの?その人の考えを知りたくなるのはキモチが傾いているからでは。

6.笑いのツボがおんなじ

みんなとの会話でふっと、同じタイミングで笑ってしまう。笑いの感覚が合うのって、ふたりの相性を測るうえで大切なポイント。

7.メールの返信を
いつも待ってる

他愛もない用事のメールであっても、返信が待ち遠しい。何をしてても気になって手に付かないようなら、恋はもう、始まっている。

8.たった2分でも
会えるだけで嬉しい

通勤や通学の電車の中、たったひと駅のわずかな時間なのに、一緒に乗り合わせていることが嬉しくてつい、後ろ姿を追ってしまう。

9.素直になれない

ほんとは気軽に話したい、でもちゃんと言えるか考えてるうちに上手く口に出せずに素っ気ななっちゃう。キモチばかりが焦ってしまい、あまのじゃくな自分になってしまったり。。。


周りにこんなキモチにさせてくれる人がいませんか? その想いが確信めいたなら、いざ、勝負のときですよ。

Licensed material used with permission by ELITE DAILY

恋に落ちると世界が変わって見える、とはよく言われたもの。でも実際どうしてそうなるのでしょうか?ライターのEevee G氏が「I Heart Intelli...
付き合い始めた頃はあれほど「好きだよ」と言ってくれていたのに、時間が経つにつれてまったく言ってくれなくなる。そんなものですよね、男性って。女性からするとそ...
小さい恋のサイン見逃してない?アメリカのカルチャー誌「Elite Daily」で、愛と人生の成功と破綻の要因について研究しているポール・ハドソン氏は、自分...
恋愛のかたちは人それぞれ。でも、国や文化の違いを超えて万人に共通する「真実の愛」は存在します。ただ、自分の気持ちに自信が持てない人が多いのも事実です。ここ...
誰かを好きになっていることに、自分では気づかない場合もありますよね。でも、この記事には、「あなたはもう恋に落ちている!」という11のサインがまとめられてい...
これら15枚のイラストは、Viola Wangさんが描いた遠距離恋愛中のカップルの日常。一連の流れが、「切ないながらもキュンキュンする」と話題になっていま...
大きな喜びをもたらすことがあれば、その逆も然り。それが恋愛というもの。作家兼英語教育研究家である晴山陽一さんの著書『こころ涌き立つ 英語の名言』から、著名...
「刺激的な関係だけが、恋愛ではない。恋人がいるお陰で、生活が楽しくなり毎日感謝できるようになる。それこそが本当の恋だ」。そう独自の恋愛論を展開するのは、「...
運命の人との出会いは、美しくとても神秘的なものです。その人のすべてがあなたを夢中にさせ、「今までの恋愛は間違いだったかも!」と気付かせてくれるでしょう。で...
人生どんな場面でも、結局最後は自分が可愛い。それが傷つかなくて済む理由だし、そのためなら保身だって。Paul Hudson氏に言わせれば、こうしたタイプの...
現代では、女性の方が恋愛にも積極的で、愛情表現もストレートです。かたや男性はというと、どこか自分の気持ちを真っすぐに伝えることが奥手の人も多いよう。下手を...
「Collective Evolution」でライターのMark DeNicola氏が、今の恋人とこれからも付き合っていくべき8つのサインを紹介しています...
恋人ができてもすぐに別れてしまう…。と悩みがちな人。もしかしたら、相手が恋愛に求めることを理解していないのかも。そんな人のためにここで紹介したいのが、米ラ...
米・人気ライターPaul Hudsonさんのコラムを紹介します。タイトルは「愛しているの言葉よりも、彼の気持ちが伝わる9つの瞬間」。多くの女性から共感を集...
「Power of Positivity」に掲載されていた、恋人と別れるべきサインをまとめた記事から、一部を抜粋して紹介しましょう。恋人との関係に疑問を感...
恋愛アドバイザーのKyle Cが、迷える子羊たちに喝!本当の愛ってなんなの?なんで見つからないの?一体どこにあるのよー!と恋の深みでもがいている人はもちろ...
複数の人と同時に恋愛関係を築く。浮気とは一線を画す「ポリアモリー」という愛の概念に、アメリカで注目が集まりつつあります。「Elite Daily」が制作し...
キスから始まる恋愛なんて、現実的じゃありません。いつだって、最初のドキドキは手をつなぐところからでは?そこは ライターAngel Chang氏も同意見。さ...
世の中にある恋愛のルール。そのほとんどは、自分を傷つけず守るためにあります。でも、傷つくことを恐れていては恋愛なんてできないのも事実。ここで挙げたルールは...
恋の終わりはネガティブなイメージで捉えられがちですが、逆を言えば新しい恋のチャンス。「そのうちいい仲になれるかもしれないから」と関係をダラダラ続けてしまう...