謝るのは一瞬、後悔は一生。恋人に「すぐに謝るべき」8つの瞬間

過ちを認める勇気、
自分から「謝る」勇気

人間は過ちをくりかえす生き物だ。過ちに気づき過ちを悔い改め、成長していく。それは恋愛においても同じこと。些細なことから恋人との関係がギクシャクしてきた時に、あなたはどんな対応策を取るだろうか?

恋人とのケンカで自分から過ちを認め謝るのは、なかなか気が進まないものだ。 もし、謝罪の理由があなたになかったとしても、時にはあなたから「ゴメンね」を言うことで万事、上手く関係を修復できることもあるだろう。どんなに理不尽な気がしても、ふたりのために躊躇うことなく謝罪の言葉を切り出す勇気があるだろうか?

 


 

恋人にすぐ謝るべき 8つの瞬間

1.
ケンカしはじめた瞬間

ほんのちょっとの火種が、大きな火傷につながることは世の常だ。些細な意見の食い違いにも、ちょっとした空間のズレにもケンカの原因は潜んでいる。「あっちが悪い」「仕掛けてきたのは向こう」、ケンカの理由を見つけようとすればする程、どんどん深みに嵌っていく。ムカッとする気持ちをぐっと飲み込め。ギクシャクを吹き飛ばすには、たったひと言「ゴメンね」があればいい。

2.
面倒くさがって、
説明がたりなかったとき

帰りが遅かった理由、友だちの誘いを断れなかったとき、「なんで」「どうして」の質問攻めについ、適当な返答をしてしまうことがあるのでは? 忙しくてそれどころではなかった連絡。ついつい後回しになり、結局しなかったメール。こちらに非があったのは事実。相手が怒っているのは「心配」の裏返しでは? 少しでも罪悪感を抱えているなら、素直になるべきだ。

3.
小さなコトに全力を
尽くさなかったとき

ふたりで過ごすかけがえのない時間を、いつまでも同じ歩幅で歩んでいきたいと思うのなら、恋人のために手を抜くことがあってはいけない。すでにあなたの人生の一部となっているパートナーに、本気でぶつかれないという事は、自分自身にも本気になれていない証拠だ。どこかに妥協したい気持ちが見え隠れするときは、きちんと彼女(彼)と正面から向き合う時間を持ってみよう。

4.
記念日に何も
してあげられなかったとき

いつ何時も、ふたり一緒にいられる訳ではない。親密さが深まれば深まる程に愛情と比例するように信頼の濃度も増す。だが、誕生日や結婚記念日は毎年やって来るとは言っても、やはり記念日は愛するふたりだけに許された「時が止まる日」。どうしても避けられない都合で、大切な記念日を共に過ごせなかったのなら、誠意ある言葉で謝罪を伝えよう。 

 

5.
ほったらかしにしてた時

どんなに愛し合うふたりでも、それぞれに人生がある。他人同士が一直線に延びるレールの上を、手を取りあい人生を重ね合わせて生きる。それが、恋であり愛であり結婚ではないだろうか。同じ方向を向いて同じ歩幅で歩むパートナーを、その場に置き去りにしていては、未来を育んでいく事は不可能だ。握った手をかたときも離してはいけない。

6.
感情的になって、
言い過ぎたとき

口論は関係を深めるためにも必要である。問題は、感情が自分を制御しきれなくなった時だ。相手を罵るような言葉はときに、鋭利な刃となって相手のココロの芯をめがけて、一直線で突き刺さる。自分の言葉に決して無責任になってはいけない。口論がヒートアップしそうな時は、冷静になる着地点を自分から見い出していこう。 

 

7.
必要な時に、
そばにいれなかったとき

誰かに頼りたい時がある。誰かにすがりたい夜がある。ひとり悲しさや悔しさに立ち向かうには人間の心はあまりにも弱過ぎる。だから、彼を頼りたい。だから、彼女に側にいて欲しい。人間は誰だって我が侭に生き、自分にして欲しい事を望むものだ。そんなパートナーのSOSに応えられなかった時は、自分の無力さを痛感するだけではいけない。謝罪の言葉が意味を成さなくなる前に、恋人の哀情にそっと寄り添う気遣いを。

8.
謝りそびれたとき

ふたりのつき合いが長くなればその分、馴れ合いの気持ちも出てくるものだ。お互いに許し合える部分がだんだんと増えて来るのは、ふたりの愛が次のフェーズへと向かっている証拠だ。だが、この時期こそ大切に考えて欲しい。なあなあの関係と許し合える関係とは意味合いが違う。ちょっとした事でも心ない言葉でも、悪いなと思う瞬間に直面したら、ためらうな。いつもあなたからの「ゴメンね」ただ、それだけでいい。


男性視点でELITE DAILYに掲載された、この意見にうなずける方も多いのではないだろうか? ほんの少しのボタンの掛け違いで、大切なふたりの時間が台無しになってはいけない。ギクシャクした想いを断ち切るのは、いつだってキミの勇気ひとつだ。

 Licensed material used with permission by Elite Daily

40歳になった「YourTango」のライターLaura Lifshitz氏。これまで“それなり”の恋愛経験を積んできたと自負する彼女。こう聞くと「なにを...
恋の終わりはネガティブなイメージで捉えられがちですが、逆を言えば新しい恋のチャンス。「そのうちいい仲になれるかもしれないから」と関係をダラダラ続けてしまう...
女性ライター・キャンディスは、「Elite Daily」にこんなことを書いていました。居心地が良いからと惰性でする恋愛じゃなく、上辺だけの軽いものでもない...
世の中にある恋愛のルール。そのほとんどは、自分を傷つけず守るためにあります。でも、傷つくことを恐れていては恋愛なんてできないのも事実。ここで挙げたルールは...
恋に落ちると世界が変わって見える、とはよく言われたもの。でも実際どうしてそうなるのでしょうか?ライターのEevee G氏が「I Heart Intelli...
多忙な日常に追われ、つい忘れがち。でも、絶対に覚えておくべき。そんな教訓の数々をまとめた記事が「Marc and Angel Hack Life」に掲載さ...
たとえ恋人がいたとしても、いつ魅力的な異性に出会い、気を惹かれてしまうかは誰にも予測ができません。ちょっとくらい…でも、その気持ちが後悔のはじまり。1.相...
私たち日本人は「すいません」という謝罪の言葉をいろんな場面で使っています。仕事、プライベート、どれだけ小さいことでも、とりあえず習慣のように謝罪していない...
複数の人と同時に恋愛関係を築く。浮気とは一線を画す「ポリアモリー」という愛の概念に、アメリカで注目が集まりつつあります。「Elite Daily」が制作し...
親しき仲にも礼儀あり。恋人同士だってそれは変わらないのかと思いきや、「お互いどこまで素を出せるか」が良好な関係を築く秘訣だと意見するのは「Elite Da...
キスから始まる恋愛なんて、現実的じゃありません。いつだって、最初のドキドキは手をつなぐところからでは?そこは ライターAngel Chang氏も同意見。さ...
この瞬間は、言葉を発しよう!言葉で自分の思いを伝えること。それは日本人にはちょっと難しいことだったりする。周りの輪をみださないように、言えないことがあった...
人生において、最も大きなイベントのひとつ「結婚」。「Elite Daily」のライターJen Glantz氏は、より幸せな家庭を築くため、婚姻届を出す前に...
「孝行したい時に親はなし」といった言葉もあるように、いつかは訪れてしまう日に備え、両親への愛や感謝を伝えておくことは大切です。ここでは、女性ライターのGi...
長く生きていると、昔の色んな失敗を思い出してはチクッとすることもいっぱいあります。今回紹介するのは、「Elite Daily」に掲載されていた30代女性ブ...
「Power of Positivity」に掲載されていた、恋人と別れるべきサインをまとめた記事から、一部を抜粋して紹介しましょう。恋人との関係に疑問を感...
人生において、どんなときでもサポートしてくれる存在がいることは、なんと幸せなことでしょうか。ここまで大切に育ててくれた両親には感謝しているけれど、かといっ...
失恋の傷は、時間と新しい恋でしか癒せません。それは米メディア「Elite Daily」屈指の恋愛マスター、Paul Hudson氏も認めるところ。でも失恋...
良好な関係にあるカップルは、お互いが相手の考えや立場を尊重するもの。でも、もう一歩踏み込んで考えると、「尊重」ってどういう行動を指すのでしょう? その具体...
ここで紹介する「Elite Daily」の記事は、パートナーがいる女性にぜひ読んでもらいたいもの。すでに気づいているものもあれば、「なるほど!」と思う項目...