洋服を選ぶとき、その人の顔が浮かぶ・・・恋に落ちると現れる「12のサイン」

小さい恋のサイン
見逃してない?

アメリカのカルチャー誌「Elite Daily」で、愛と人生の成功と破綻の要因について研究しているポール・ハドソン氏は、自分が恋に落ちているかどうかに気付く為のサインについて語っている。

恋に落ちているかどうか、判断に迷っているあなたにとっては、参考になることが多いかも知れない。

 


 

恋に落ちたのかがわかる
「12のサイン」

恋愛は、思ってるよりもずっと気付きにくいものだ。ひと目見た瞬間恋に落ちた・・・なんてことはありえない。それは本物の恋愛とは言えないだろう。愛は育むもので、なにより時間が必要なもの。

人を好きになることそのものに、時間が必要で、特に失恋の痛みから回復している最中は、他の人を好きになっていても気付くことができなかったりする。

その代わり、恋の「気付き」は、思いも寄らぬとき、稲妻にでも打たれたようにやってくる。 しかし、恋は落ちる瞬間にはっきりとした合図や感覚を出してくれる訳じゃない。

これから、あなたが恋に落ちていると言えるサインを、いくつか紹介しようと思う。

01.5分だけでも・・・
ダメとわかってても、
一緒にいたくてたまらない

一緒にいるととても楽しくて、その人を見るといつでも幸せな気分になれるというのは、恋のサインの一つ。多少寂しくても、最低5日間は、その人に会うのを控えてみてください。その人を本当に好きだったら、もう一度話し始めた瞬間に、あなたの日常は一気に輝き始める。

02.洋服を選ぶとき
その人の顔が浮かぶ・・・

何か洋服を買うときは、その人にどう見られるか?いつも気にしてしまう。試着室に入るときだって、その人の目で自分のこと(鏡)を見る。

03.その人のことを考えると
ついニヤけちゃう

しかも、止めようと思えば止められるのに、止めようとしない。それは、恋の兆し。その人のことを考えるだけで、幸せになってしまう。 傍にいなくてもあなたを笑顔にしてくれる人は、近くに留めておいたほうがいいです。その人は、まさにあなたの人生をより喜びに満ちたものにしてくれます。もし、そういった、自分を真っ白に輝かせてくれる人が傍にいるなら、あなたは幸せものです。

04.会う準備に時間がかかる

この「恋の兆し」は、最も見落としやすいもの。その人と会うのに、どれだけ努力しているか、気付く間もないほど、準備に没頭している。 もし、その人と会う時は常に、見た目や匂いに気を配っているのだとしたら、きっとそれは恋だと思って良いでしょう。他の人と会うときの2倍の時間をかけて準備していたとしても、気にならない。あなたにとって、それだけの価値のある人だからです。

05.いつも少し緊張する

知り合って、しばらく経ってもいつまでもソワソワと落ち着かない・・・。緊張する必要は無いって分かってるのに、その人と会うとなると、興奮を抑えられない。しかも、その感情をちょっと気に入っている・・・これは明らかに恋の兆し。

06.なぜか分からないけど
その人の目を見るのが好き

もちろん、目以外の部分も気に入っていることが前提だけど、恋に落ちているかも知れない相手には、あなたは特にその瞳に惹きつけられてしまいます。それは、あなたが普段見慣れないものを、その中に見出してしまっているから。 意中の相手の瞳には、あなた自身の一部とその人の本心が隠れています。そして、あなたがその人にとって、大事な人かどうか定かじゃなくても、その人の瞳を見つめている間は、その人の一部でいれるって安心できるんです。 もし、あなたに瞳を見るのが好きな人がいるならば、あなたは、その人に恋をしているかも知れません。

07.一緒にいると、安心する

その人と一緒にいると、あなたは、「あなた自身」でいられます。言いたいことを言えて、笑いたいときに笑える・・・普段、日常生活を送るのに大抵付けている仮面を、その人といるときだけは、外せるのです。 誰もが、安心できる場所、また、安心できる人を求めています。いわば心のふるさとでしょう。実際に自分が住んでいる場所が、心から安らげる住居ではないということは、よくあります。街中はもちろん、田舎であっても、心から安心できる場所を持つ人は、少ないです。 「心のふるさと」を見つけるのは、困難なことです。もし、心から安心できる人がいるのなら、それはまさしく恋です。その人を手放さないようにしましょう。「心のふるさと」のことになると、人は随分鈍感で、大抵は、失ってから初めて、それがどれだけ得難いものだったかに気付くのです。

08.その人の意見を
優先して信用しちゃう

趣味が違うと言い争いになるとか、逆に正反対の者同士こそ惹きつけ合う、という説がありますが、実際のところ、恋をするのにどんな趣味を持っているかとか、どんな音楽を聴いているか、あるいはどんな映画が好きかなんて・・・そんなことは、関係ありません。 未來の人生のパートナーの意見は、知らないうちに価値を見いだしてしまっているものです。自分にとって最も価値のある存在というのは、適切な意見を求められる相手、自分の抱える問題に対して、信用に足る答えや適切な解決方法を知っている相手なのです。

09.Lineの返事が無いと
モヤモヤする!

相手が今、何をしているのか、自分のメールに返事をするより大事なこととは何か。もちろん、メールの返事が遅い理由なんて、ただ忙しいだけで、無数の可能性が考えられます。 自分でも、ただ神経質になっているだけなのは分かっていても、今度は返事の遅い事がどれだけ気になることか、相手に伝えたくてたまらなくなります。自分のことをバカだと思っても、どうしても気になるのです。

10.どうにもならないほど
心配になる

この「恋の兆し」は、他に比べると気付きやすいですが、それでもまだ、「これは恋に違いない」と認めるほどではありません。 しかし、大抵の場合、その人のことを自分は大事に思っているんだ、と自覚できるくらいには、確かな恋の兆しです。「心配」は、恋愛の一段階めだと言えます。特定の誰かに対する心配が増えれば、それは恋に落ちた証拠です。

11.その人が、
寝てるのを見るのが楽しい

嫌いな人の隣で起きるほど不快なことはないですが、好きな人の隣で起きることほど嬉しいことはありません。 その人に少し気味悪がられたとしても、その人が寝ているのを見るのが好きならあなたはその人のことを好きになっています。数分でもその人より早く起きて、寝顔を見たいと思ったら、それは確実に恋です。

人間関係をロマンチックにする出来事は、大抵ベッドの中で起こる。これは、そういう瞬間の一例です。

12.1日に10回。
そばにいないときも
その人のことを考えてる

まず1日に1回・・・2回と、ときどき気になる異性のことを考えてしまい、結局最後には、考えずにいられなくなる。 恋と妄想は、切っては切れない関係にあります。妄想って何かって言うと「ロマンチックな恋」って呼ばれているもの。そして、妄想は1日では出来ません。もし、ある人との妄想が、日ごと膨らんでいっているのなら、あなたはその人に恋をしているんでしょう。

 

Licensed material used with permission by ELITE DAILY

誰かを好きになっていることに、自分では気づかない場合もありますよね。でも、この記事には、「あなたはもう恋に落ちている!」という11のサインがまとめられてい...
恋に落ちると世界が変わって見える、とはよく言われたもの。でも実際どうしてそうなるのでしょうか?ライターのEevee G氏が「I Heart Intelli...
付き合い始めた頃はあれほど「好きだよ」と言ってくれていたのに、時間が経つにつれてまったく言ってくれなくなる。そんなものですよね、男性って。女性からするとそ...
「刺激的な関係だけが、恋愛ではない。恋人がいるお陰で、生活が楽しくなり毎日感謝できるようになる。それこそが本当の恋だ」。そう独自の恋愛論を展開するのは、「...
恋人ができてもすぐに別れてしまう…。と悩みがちな人。もしかしたら、相手が恋愛に求めることを理解していないのかも。そんな人のためにここで紹介したいのが、米ラ...
ジョン・キム作家韓国生まれ。2004年から2013年まで慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学などで客員研究員を歴任。著書に...
ジョン・キム作家韓国生まれ。2004年から2013年まで慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学などで客員研究員を歴任。著書に...
お互い好きで、告白して、付き合ってからセックスするのが正しい道筋。世間一般の意見で言えば、そうかもしれない。けれど、順番通りになんて行かないのもまた「恋愛...
恋をしたいと願う男女が36個の質問に答え合い、その後4分間互いを見つめる…すると二人は恋に落ちてしまう。子ども騙しの“おまじない”のように聞こえるかもしれ...
大きな喜びをもたらすことがあれば、その逆も然り。それが恋愛というもの。作家兼英語教育研究家である晴山陽一さんの著書『こころ涌き立つ 英語の名言』から、著名...
「本当に成功したカップルというのは、同じ人に、何度も恋に落ちるものだ」最初はラブラブだったはずなのに、だんだん「ときめき」がなくなり…という悲しいパターン...
世に恋愛の名言はごまんとありますが、不思議なものでどれだけ昔の偉人が語ったコトバであっても、そこに「古っぽさ」を感じることがないんですよね。今も昔も、愛は...
未来は、現在からの繋がりです。つまり、新しい恋が素敵なものになるかどうかも、今の心持ち次第。ちゃんと心の準備ができていないと、手に入れられたはずの幸せも逃...
恋愛は単なる気まぐれの感情ではありません。見知らぬ二人が出会い、一つの関係を共に築いていく。それは、簡単にできることではなく、愛に関する本質的な理解のある...
クエンティン・タランティーノ監督作品『イングロリアス・バスターズ』で、世界的な脚光を浴びた女優メラニー・ロランは、近年監督業でも注目されている。彼女が、俳...
あなたは、自分の息子に好きな相手ができたことを打ち明けられたとき、どう答え、何をアドバイスしますか?ここで紹介するのは、ショーン・アッシャーさん編集の『注...
例えば、当たり前のような存在の幼なじみとか、お互いが認め合う仕事上の良きライバルとか。性別を超えた関係のはずだった相手に、いまさら自分が恋をしていると認め...
あえて、先に種明かしをしてしまえば、この120秒少々の動画は、ただのガムのCM。だけど、それが分かっていても、胸の奥のざわめきを感じるはず。恋する気分を思...
限りなく続く水平線。果てしなく大きい、万物の生命の源・海。海は、夢占いの世界では豊かな生命力、母性の象徴であり、女性、母親、無意識の世界(潜在意識)を表し...
人は一生のうちにどれだけ「運命の人」との出会いがあるのでしょうか。「毎回そう思う!」なんていう人もいるかもしれませんが、本当のところ、寝ても覚めても確かな...